Mercedes-SEC
"SEC(S-Klasse Einspritzmotor Coupe)"と言えば、かつて"W126"型や"W140"型の"Mercedes-Benz S-Class"の2ドアクーペバージョンに付けられていたサブネームであるが(W140型のリリースから2年目の1993年に"Mercedes-Benz CL-Class"に改称されている)、その名称を"Mercedes-Benz SEC-Class"として2020年に復活させることをメルセデス・ベンツが検討していると、ドイツの自動車専門誌AutoBildが伝えている(画像はAutoBildの予想CG)。


関連:噂:メルセデス・ベンツ、2018年から4車種の電気自動車をリリースへ!?


かつてのSECとは異なり、2ドアクーペでは無く、4ドアのクーペモデルとして"Mercedes-Benz CLS-Class"の上位に設定されるというこのSECクラスは、次世代の"Mercedes-Benz S-Class Sedan"に基づく形で開発されながら、その次世代Sクラスより先んじる形で登場するとのこと。また、プラグインハイブリッドバージョンやAMGバージョンも設定される可能性があるそうだ。


Source:AutoBild