honda_civic_10_eu_prod_patent_02_800_600
2017年モデルとして、2016年の末までのリリースが見込まれているホンダのCセグメントハッチバック"Honda Civic Hatchback"の量産仕様の姿が、欧州市場の商標を管理する機関OHIM(Office for Harmonization in the Internal Market:欧州共同体商標意匠庁)が公開したパテントイメージにより明らかとなった。


関連:2016 ジュネーブショー 動画:ホンダ、シビック ハッチバック プロトタイプを正式にワールドプレミア


3月初頭の2016 ジュネーブモーターショーで披露されたコンセプトモデル"Honda Civic Hatchback Prototype"によって、そのデザインがプレビューされていた新型シビック ハッチバック。フロントスポイラーやサイドスカート、リアエプロンなどの空力パーツの欠如や、より小径のタイヤとホイールの装着など、生産モデルはコンセプトモデルよりも当然トーンダウンするものの、かなりプレビューされていたものに近いデザインになるようだ。


欧州市場に加えて、久々に米国市場でも販売される見込みのこの新型シビック ハッチバックは、10月の2016 パリモーターショーでデビューするものと予想されている。


Source:autoforum.cz


honda_civic_10_eu_prod_patent_03_800_600

honda_civic_10_eu_prod_patent_04_800_600

honda_civic_10_eu_prod_patent_01_800_600

honda_civic_10_eu_prod_patent_05_800_600