ヒーリング体験談(No.138)H・Sさまヒーリング体験談(No.140)H・Gさま

2010年02月07日

ヒーリング体験談(No.139)O・Uさま

 
本日は、カルマ解除と、神聖幾何学ヒーリングワーク
受けてくださった、O・Uさまの素晴らしい
体験談をご紹介しますね:*.: ..



(c) .foto project



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●7月1日

意味不明の、発熱やだるさなどがあり、
体調不良で勉強も進まず、これから
どうなるのかなと不安に思っていたところ
こちらを知るに至り、これは何かのチャンスかと思い、
申し込みさせていただきます。



●7月12日

美保さん、ワークをどうもありがとうございました。
以下、感想をまとめてみました。


初日、カルマ解除中はおなかがぐるぐると動き
両手首に圧迫感を感じ、手先がぴりぴりして
体中の細胞が踊っている感じがしました。

その後は眠ってしまったらしく、夢の中で、
ちょっと関係がぎくしゃくした知人について、
他の知人が、なぜ彼女が攻撃的なのかを説明して
いたのを、ニュートラルな感情で聞いてました。


翌日はなんともいえない開放感を感じました。
昔のいやなことを思い出しても、本当に
ニュートラルな感情しか出てこなくなりました。

そして、数日間眠くてしかたありませんでした




先週の週末には、勝浦のタラソテラピーに行きました。
夜10時半からは、ベッドに横になって静かにしてましたが、
やっぱりおなかがぐるぐるしてトイレにかけこみました。
おかげさまで発熱は治りました。


まずは、今は興味のあることを片っ端からやろうと
思いまして、秋のリコネクティブセミナーに申し込み、
また秋から始まる、大学の通信教育部の資料を取り寄せました



今フォーカスしているのが、今後の勉強計画についてのみで、
比較的ぶれないようになったのかなと思います


今日はふと思い立って、2時間のウォーキングをした後、
勉強に集中できるようなデスクスタンドを買いに行きました。

ワークが本格的に影響し始めるのが、
数カ月先というのもとても楽しみです。
もう始まってるような気もしますが。。。


今回は自分のために、本当に必要な
有意義な投資をしたという満足感があります


今まで、自分にごほうびとして物質的なものを
買い与えはしたものの、魂のためにプレゼントできたのは
これまで数えるほどしかなかったのを感じます。

これが本当に自分を大切にするということなんですよね


これからは志を高く、地に足をつけ、
身近な人々への愛情、知性、精神性、理想の追求と
バランス良く自分を磨いていきたいと思います。



(c) .foto project


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥




O・Uさま、素晴らしい経過を、
ワクワクしながら拝見させていただきました。

夢の中でも、問題が解決するためのヒント
得られたり、お気持ちもニュートラルになられたそうで、
本当に良かったです!何よりも、発熱がおさまった
ご報告
を、とてもうれしく拝見させていただきました。




> 今回は自分のために本当に必要な有意義な
> 投資をしたという満足感があります。

そんな風にいっていただいて、本当にありがたいです。
物質的なものから、目に見えないものへ
お金の使い道が変わっていかれるのは、
素晴らしいことですね:*.: ..

週末に、勝浦のタラソテラピーへ行かれたのも、
ご自身の魂への、素敵なプレゼントでいらっしゃいますね!


作家の中谷彰宏さんが、
お金を自分自身の“文化度”をあげるために
使っていくことが大事
。」とよくおっしゃっています。

魂が喜ぶ経験や、霊性が向上することのために、
お金や時間を費やすということとも、ほぼ同義だと思うのですが、
お金という道具を使って、経験を増やし、様々な感情・感覚を
味わうことが、頭や心の中に、より豊かな財産となって、
蓄積していかれることでしょうね。


これからも、O・Uさまの勉強が進まれて、
素晴らしい夢の数々を、豊かに叶えていかれますよう、
心よりお祈りしていますね☆..:*・:..




***・‥…―━━━━━━―…‥・*・‥…―━━━━━━―…‥・***
宝石緑美保まりの無料性格診断(体験談集はこちら
宝石紫無料メルマガ『強運の女神に愛される!開運ナビゲーション』ご登録はこちら
宝石赤ヒーリング公式サイト | 携帯公式サイト | 携帯メルマガ

***・‥…―━━━━━━―…‥・*・‥…―━━━━━━―…‥・*** 


mother_bear1 at 15:11│TrackBack(0)

トラックバックURL

ヒーリング体験談(No.138)H・Sさまヒーリング体験談(No.140)H・Gさま