今朝も引き続きケンカ中だったのだけど、保育園へ送ったときに「今日の夜、ちゃんと話し合おうね。」と言って別れた。
そして夜、家に帰り着くなり、和室で向き合って正座してこうなった経緯とその時々に私が感じたことをストレートに伝え、Beが同じことをお友達にされたらどう思うかを考えさせた。
何も思わないなら、このままご飯もお風呂も別々でいいよ・・・なんて言ったのだけど、昨日と同じように黙ってうなづくBeに、言わないとわからないんだから言いたいことを言いなさい、これからどうするのかと尋ねると・・・
「ちゃんとお着替えをしなさいって言われたらすぐに着替えるし、なんでもすぐにやります。」とBe。
「それじゃなくて、人の嫌がることをしたらすぐに謝るのが当たり前やし、それなのに謝りもせず見えないところに行って壁をガンガン叩くっていうのは言いたいことがあるけんやろ?」
私が怒った意味をあ〜んまり理解していないご様子で、“相手の気持ちになって考える”ということを教えるのにはまだ小さすぎるのかな〜と思ったり。
最後にはちゃんと和解して、ギューっと抱きしめてやると泣きじゃくっていた。

すっかり仲良くなったところで一緒にご飯を食べていると、またも突然泣き出した。
どうしたのかと思ったら、グラグラで抜けそうな状態のまま1ヶ月以上放置していた歯で噛んだので、もの凄い痛みが走ったらしい。
新しい歯も生えてきて大きくなりつつあったので、食事の後、私が抜いてやることにした。
怖くて震え上がるBeは「どれくらい痛い?これくらい?」と私の口を開けさせて歯茎を爪でギュッと押す。
「う〜ん、たぶんそれくらいやけど、ほんと一瞬だけよ。大丈夫って〜。」
なんとかBeを説得し、歯に糸を巻きつけたのだけど、Beは口から糸を垂らしたままウロウロして不安を隠しきれない様子。
それでも抜くと決めたからにはやらなくちゃ。
糸をしっかりと結び直し、エイッと引っ張ると歯が抜けた。
Beはあまりに早い出来事にビックリ顔。
思ったより全然痛くなかったらしい。
よかった〜。
実は私もすっごいドキドキだったんだよね〜。

仲直り

ranking