船員28号の日々

 徳島県鳴門市の鳴門海峡に逆巻く、うず潮を間近に眺める観潮船に乗る、鳴門市在住のある船員の日々を紹介します。

MHF公式ビギナーサイトへ MHF公式メンバーサイトへ

2008年05月

見残していた庭園。

 5月30日(金) 曇り後晴れ

 今日は午前中は少し雲が出ていたものの、午後からは晴れの天気に。風は午後からは南よりの風がやや強く吹いた。

 さて、金曜日です。例によって散策です。今回はある目的があって、また石井町方面に、いや正式には吉野川市に入っていたのですが…、…まぁ、その本命の場所に行く途中、再び、童学寺に行ってきましたので、そのことを少し。
 童学寺、本堂脇の通り。
 実は前回、見残していた場所があったのです。それが童学寺同様、四国最古のものとして伝えられている、逍遥園です。本によると、本堂の裏にあるようなのですが…。
 …と、本堂の脇に通り抜けられる道を見つけました。その前に、本堂の横にはちゃんと案内板が出ていました。ちゃんと散策していれば見つかっていたのです(汗


 
 脳天不動尊。
 その小道を行くと、脳天不動尊がありました。何でも、“ボケ封じ”にご利益があるのだとか。




 
 童学寺、庭園(その1)。
 そこからすぐ左手の方に目をやると…、おぉっ、ご覧のような立派な庭園が目に飛び込んできました。こちらが、四国最古の庭園、逍遥園ですね。





 童学寺、庭園(その2)。
 池に目をやると、コイが泳いでいるのが見えました。







 童学寺、庭園(その3)。
 しかし、不思議な空間でした。日本古来のものでありながら、どこか異国のような雰囲気が出ていました。

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

今季最後のメバリング(?)。

 5月28日(水) 晴れ

 今日は日中はどうにか天気はもってくれたが、夕方からは雨が降り始めた。風も日中は南よりの風が強く吹いた。
 明日も午前中から天気は悪いらしい。

 さて、一昨日の日曜日、夜に例によって釣りに行ってきましたので、その時のことを少し。
 最近の釣りと言えば、もっぱらメバル釣りです。例によって、土佐泊の漁港です。今回は、H氏、M氏に途中からY氏も参戦して4人でのメバリングとなりました。先ずは、H氏がいつもの防波堤の先っちょで釣っているのに、ボクらが参加する形となったのですが、ボクが車で漁港に入ろうとすると、ちょうどH氏が港から出てきました。どうやら、いつもの場所は釣り客でいっぱいとのこと。ここ最近は結構ガラガラなのに…。知らない間にメバリングの聖地になっているのかも(笑

 …で、第二の釣り場として選ばれたのは、同じく泊の渡し場。無茶苦茶近場ですが、こちらは不思議と誰もいませんでした。
 …と言うことで、釣り開始ですが、開始後10分程、H氏が「もう、帰っていいですか?」と言い始めました。ボクも、「う、うん」と、言いかけました。…と言うのは、カです、カ。モスキートです。漢字なら分かり易いですね(笑)、蚊です。雨の後で湧いてきたのでしょう、蚊の大群が刺して刺してするのです。釣りをしている間は蚊を払えないので、刺され放題です(汗
 …と、テンション下がりまくりの時に、M氏登場です。もうちょっと到着が遅かったら、誰もいなかったかも知れませんね(笑
 …で、三人並んで、キャストですが、蚊に苦しむボクらを尻目に、M氏は涼しい顔をしております。何でも、シャワー、浴びてきたから、だとか…。ボクも、シャワー浴びてきたのに…(涙 それは、船員28号が黒い服に帽子やけんじゃ、と、M氏。なるほど、ボクは黒い帽子に黒いジャンパー。格好の的ですね…(汗
 
 …と、蚊に悩まされながらもキャストを続けるボクらにようやくアタリが。15cmの良型のメバルを上げたのは、真っ先に、帰っていいですか、と言っていたH氏です。さすがです。若干、テンション上がりました。
 …が、蚊です。黒い装備のボクは、かれこれ何十ヶ所刺されたでしょうか。釣っている時はノーガードなのがイタいです、いや、カユいです、いや、よく分かりません…。無音で手や顔を刺していくのも嫌ですが、耳元で、ブーンという羽音を立てるのも相当テンション下がります。
 16cm位のメバル(泊の渡し場にて)。
 …と、そんなボクにアタリが。手前です、手前で来ました。やりました、15cmクラスのメバル、ゲットです。
 この一匹で相当気が楽になったからでしょうか、立て続けに、リリースサイズのメバルが上がりました。
 …と、その時に、Y氏がやってきました。…が、すぐに蚊の洗礼を浴びていました(汗 
 ここで四人が揃い、釣り、となりました。何匹かメバルは上がるのですが、大きいサイズのは上がりませんでした。しかも、メバリングのM氏に至っては、未だ釣果なしの状態でした。メタルジグに、アンダーショットに、ジグヘッドと多彩に使うM氏でしたが、今回はノーヒット。こんな日もあるのです。
 18cm位のガシラ(泊の渡し場にて)。
 …一方で、ジグヘッドにワームを付けてひたすらキャストするボクはなぜか爆釣でした。今回は、ワームがヒットしたようです。
 最後の方には、20cmに満たない位でしたが、ガシラもヒットしました。ガシラの船員28号の面目躍如と言ったところでしょうか(爆
 
 …と、まぁ、20cmクラスのメバルも釣れなかったし、今回でメバル釣りもそろそろ終わりかなぁ、と言ったところですが、多分、次位まではありそうな勢いです。とりあえず、蚊対策に虫除けスプレー、買わねば(笑

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

藤棚を求めて…。

 5月26日(月) 晴れ

 今日は一日、よく晴れた。気温も上昇し、県内でも真夏日の所があったらしい。風も午後より南東の風が少し吹いた位で、和い一日となった。

 さて、今回もまた、石井町の童学寺を散策してきたことの続きを。
 本堂、大師堂の他、幾つかお堂を見てきましたが、ここに来たもう一つの目的、藤を見るべく、藤棚を探しました。
 休憩所。
 …と、こちらは本堂、大師堂の他、幾つか並んだお堂の前にあった休憩所です。ご覧のように、天井部に植物が生い茂り、東屋風になっています。見た感じ、非常に涼しそうだし、リラックスできそうですね。


 

 
 沢山のお地蔵様が安置されたお堂。
 その休憩所の後ろにはご覧のようなお堂がありました。その壁際には幾つもお地蔵様が安置されていました。そして中央には線香立てがありました。ほのかにお香の匂いがしました。ここも何堂というのでしょうか。




 
 石像不動明王(その1)。
 藤棚…、…と、お堂を出て更に外を見て回ると、ご覧のような石窟を見つけました。“石像不動明王”と表の石に刻まれていました。





 
 石像不動明王(その2)。
 中にもちゃんと入れるようになっていたので、中に入り、安置されていた石像不動明王に手を合わせて外に出ました。

 …しかし、藤、ないですね。植物の棚はあったんですけどね…。…って、さっき見た休憩所の東屋が、藤棚だったのかも。


 
 藤棚。
 …ってことで、戻りました。ここ、ですね、多分。…ってことは藤、終了でしょうか。“藤まつり”が5月上旬までと言うのも、藤自体が5月上旬でほとんど終わりだからでしょうか。今はもう5月下旬。時、すでに、遅しです。
 甘かったですね。花巡りをするにはまだまだひよっ子ってことですね…(汗 また、来年、リベンジです。

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

いよいよ、童学寺境内へ。

 5月24日(土) 曇り後雨

 今日は朝方、少しの間晴れていたものの、予報通り午前中から雨が降り始めた。風は南よりの風が、時折強く吹いた。
 明日も雨の予報。

 さて、昨日の続きで、石井町にある童学寺を散策したことの続きを。
童学寺、山門前の池。
 こちらは、山門の前、山側を見た風景です。貯水池、でしょうか?大きな池がありました。
 …と、山門をくぐり、中に入る前に、童学寺のことについて紹介したいと思います。

 童学寺…四国最古といわれる古刹。天武天皇の勅願により飛鳥時代に創建され、寺名は弘法大師が幼少のころこの寺で修行したことにちなんで命名されたという説もある。安土桃山時代に長宗我部氏の兵火によって伽藍の多くを焼かれたが江戸時代に再建。焼失を逃れた観音堂の柱には、長宗我部兵がつけた刀傷が残っている。
 本尊の薬師如来座像は国の指定重要文化財。また、本堂裏の逍遥園は、阿波の山並みを借景にした趣きのある庭園で、こちらも四国最古のものと伝えられている。(『四国観光検定公式テキストブック』)

 …なるほど、あの弘法大師が幼少の頃この寺で修行したことにちなんでその名前が付けられたことと、四国最古と言われているお寺なんですね…。…ん?四国最古??確か県内最古の古刹は徳島市にある丈六寺だったはず…。非常に古い建築物だということもあるのでしょうが、県内最古と四国最古が共に徳島に…。んー、謎が謎を呼びます。
 本堂前の階段。
 境内に入り、階段を登った所に本堂があるのですが、階段には“四国別格二十霊場”と書かれたのぼりが立っていました。四国別格二十霊場…、童学寺は第二番霊場のようです。いつか二十番全て回ってみたいですね。




 本堂。
 …で、階段を登ると、本堂です。やはり、四国最古というだけあって、歴史を感じさせられます。





 本堂横のお堂。
 そして、その本堂の横には…、何堂と言うのでしょうか、お堂がありました。





 
 書庫(?)。
 更に横には…、書庫、でしょうか?弘法大師がこのお寺で学んだ際に用いられた書物が納められているのでしょうか。




 
 大師堂。
 …と、こちらは、確か大師堂だったと思います。こちらは最近修築されたのでしょうか、格子戸等が新しくなったように見受けられます。

 …と、こんな感じで四国最古のお寺、童学寺の境内を散策したのですが、今回童学寺に来たのはある理由があります。それは、藤です。地福寺と同じく、童学寺も藤が美しく咲くそうなのです。…ですが、そのことについてはまた次回と言うことで…。

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

また、石井町へ。

 5月23日(金) 晴れ

 今日も日中はおおむね晴れの天気に。しかし、夜から天気は崩れてくるらしい。
 明日は雨の予報。

 さて、今日は金曜日、例によって散策です。今回は、…と言うか今回も石井町の方へ行ってきました。4月下旬から5月上旬にかけて開催されている“藤まつり”を見に地福寺を目指した前回でしたが、イベントもすでに終わっていた上に、地福寺も見つからず、とかなり中途半端な散策になってしまったことをお伝えしました。
 そして、今回、地図を片手に、地福寺を探したのですが…、結論から言うと見つけられませんでした…。石井駅と踏み切りの中間辺り、と言う情報も参考に、その周辺を小一時間回りまくったのですが、ダメでした…(汗

 …で、その代わりに同じく石井町にある童学寺に行ってみることにしました。国道192号線を西に、途中、神山へ向かう20号線に入って…。…と、すぐに童学寺の看板が見えてきました。こうした、案内板や看板、非常に重要ですね。今回の散策でホントにそう思いました。
 童学寺。
 看板より数百メートル。少し山を登った所に童学寺はありました。名前の由来は、あの弘法大師が幼い頃修行したためだとか。




 
 童学寺、山門(その1)。
 こちらは山門です。ちょっと珍しい感じがします。唐風と言うのでしょうか。






 童学寺、山門(その2)。
 …が、その柱は落書きだらけでした…。こうした文化的な建物はそのままの形で残していくべきだと思いますが、心無き人がいるものです。




 
 童学寺、山門から見える風景。
 こちらは、その童学寺の山門から見た風景です。石井町、いやもっと遠くまで見渡せました。イイですね、何か山登ったぞ、って感じです。…って、今回は車ですが…(汗

 …と、その後いよいよ童学寺の境内を散策したのですが、続きはまた次回ということで…。

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

田んぼの隣の神社。

 5月21日(水) 晴れ

 今日も晴れの天気に。風は最初、北西、後に南よりの風が吹いたものの弱く、和やかな一日となった。しかし、沖では台風の波が残っていた。

 さて、お伝えしている通り、今回の散策は、午後より所用があったこともあり、やや中途半端な散策となりました。次回に期待しつつ、鴨島町、石井町を後に、192号線を戻りました。
 その途中、吉野川の手前の交差点…、川を越えないで手前を左折したら早くバイパスに出られるかも…、と思い左に曲がりました。…が、その安易な考えがいけなかったのでしょう。…迷いました(汗 行き違いのできない細い路地に入ってしまったり、ほぼ行き止まりのような所に行ってしまったりと…、…泣きそうでした(笑

 …が、怪我の功名とでも言いましょうか、迷った先で、神社を発見しました。
 不動にある神社(その1)。
 すぐ近くに田んぼがあったのですが、この神社、何神社なのでしょうか?普通、鳥居には神社の名前が掲げられていると思うのですが、こちらの鳥居には名前がありません…。




 
 不動にある神社(その2)。
 …でも、折角来たので、境内に入って参拝して行くことにしました。
 こちらは拝殿です。色鮮やかな朱色の屋根が特徴的ですね。
 いつも通り、二礼二拍一礼をして、お賽銭を…、…と、こちらの拝殿にはお賽銭箱が置かれていませんでした。ならば、拝殿の小窓から入れるのかな、と思いましたが、閉まっていました。んー、どうなんでしょう。とりあえず、鈴を鳴らして一礼してその場を後にしました。

 不動にある神社(その3)。
 画像のように、境内には割りと高い木々が生い茂っていました。





 
 不動にある神社(その4)。
 そして、神社のすぐ横にはご覧のように田園風景が広がっていました。

 …と、今回は、目的地に着けなかったり、道に迷ったり、けど新たな発見もあったりで、ボク的には楽しい散策となりました。次回もこんか感じで…、いや、目的地にはちゃんと着けるようにしたいですね(笑

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

中途半端な散策…。

 5月19日(月) 曇り後雨

 今日は午前中から南よりの風が激しく吹いた。午後からは大分落ち着いてきたものの、夕方頃より雨も降り始めた。
 沖には台風4号の影響かかなりうねりが出ていた。台風は、大分南にそれるものの、明日再接近の予報。

 さて、今回の散策ネタ、今回は午後より所用で、しかも鳴門に戻らないといけなかったので、かなり中途半端な感じになってしまいました。それで前回紹介したケンチョピアはむしろ近くの釣り道具屋の方が本命だったので(笑)、散策ネタとしては今日紹介するのが本命なのです。…が、今回のが一番中途半端でして…(汗 
 …とりあえず、今回も散策ネタを。

 このブログでよく登場する本、「月刊タウン情報トクシマ」、通称“タウトク”は、毎月購読していて、その今月号のイベントコーナーに、“石井町の藤まつり”が載っていました。この時期のイベントやし、これは行っとかななぁ、ということで今回は石井町を目指しました。
 石井町と言えば、このブログでも一度紹介しましたが、あまり行ったことのないエリアです。会場は石井町地福寺周辺とだけ書かれていますが、よく分かりません。巻末の地図にも地福寺が記されていません。…でも、まぁ、案内標識もあるだろうし、イベント中なら、のぼりとか出てるでしょう、と安易な考えで車を走らせました。

 …が、ダメです。見つかりません。案内標識は、四国八十八箇所の井戸寺や焼山寺はあったのですが…。なら、のぼりは…、ナッシング、どこにもナッシングでした。ならば、最終奥義、ググれ(笑 …で、携帯で検索して全てを悟りました。何と、“藤まつり”4月下旬から5月6日までで終わってるじゃないですかっ。…やられました。…ってか、本を見た時に気付けよっ、って話ですよね。
 ならば、せめて、まつりの後(後のまつり?)、地福寺を…、と思ったのですが、残念ながら時間です。
 鴨島町の鯉のぼり。
 代わりに、散策中に偶然見つけた物を。
 石井町を少し通り過ぎた所、鴨島町を通っていた時に、車窓からこのような風景が飛び込んできました。田園の上を悠々と泳ぐ、鯉たち。これは、と思い、急いで引き返しました。


 

 鴨島町の鯉のぼり(その3)。
 スゴい。かなりたくさんの鯉のぼりですね。





 

 
 鴨島町の鯉のぼり(その2)。
 こちらの鯉のぼりは手作り感があります。見ると、子供たちが思い思いの絵を描いているようでした。
 田園の上を悠々と泳ぐ鯉のぼり。豊穣を祈念して上げられたのでしょうか。それとも、子供たちの健やかな成長を祈念して…。多分、両方なんでしょうね。
 鯉のぼりは風にたなびき、気持ち良さそうに泳いでいました。

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

あのヨットハーバーをウォーキング。

 5月17日(土) 晴れ

 今日も高気圧に覆われ、よく晴れた。風もほとんどなかったため、日中は気温も25℃以上に上昇し、夏日となった。

 さて、昨日のオフ、例によって県内の散策をしたのですが、昨日は午後より所用があったため、やや中途半端な散策になってしまったことを事前に報告しておきます(汗
…と、とりあえず、散策ネタです。
 ケンチョピア(その1)。
 今回行ってきたのはこちら、徳島県庁の前を流れる新町川一帯に広がる、ヨットハーバー、ケンチョピアです。この辺りは車では何度も通ったことがありますが、こうして画像をアップするのは初めてですね。
 ケンチョピアは画像の通り、ヨットハーバーが広がり、水際は遊歩道が整備されています。こちらは北岸ですが、県庁のある南岸にもヨットハーバーが広がり、遊歩道が整備されています。


 ケンチョピア(その2)。
 遊歩道には、石が敷き詰められた所もあれば、船のデッキのようなボードウォークになっている所もあります。また、北岸には“みなと公園”と呼ばれる公園もあります。水際の風景を楽しみながらウォーキングをするのもイイかもです。




 
 宇宙時計。
 こちらは、そのケンチョピアの北岸で発見したオブジェです。イカリでしょう、これは、…と思いましたが、作品名を見ると、“宇宙時計”でした。宇宙時計。なるほど、面白い形ですね。時間は…、…分かりませんでした(汗

 今回ケンチョピアを散策したのは日中ですが、クリスマスにはヨットがイルミネーションで飾れるようです。


 ポイントペグ。
 …で、こちらはケンチョピア近くにある釣り道具屋ポイントペグです。…って、ケンチョピア関係ないやないかーい、とつっこまれてしまいそうなところですが、実は今回は釣り仲間Y氏オススメのこのお店に来るのが本来の目的でして…(汗 けど、近くにケンチョピアもあるので、これは二度おいしい、ってことで…(汗 …って、釣り道具屋さんが本命やないかーい、とつっこまれそうなところであります。…ルネッサーンス(爆

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

滝のある公園。

 5月15日(木) 晴れ

 今日もおおむね晴れの天気に。風は午前中は北西の風が弱く吹き、少々肌寒かったが、午後より凪いで暖かくなった。

 さて、前回紹介したように、色とりどりの1000本余りのバラを楽しんだ後、更に藍住エリアを散策しました。
 本(タウトク)によると、藍住町には滝が流れる公園があるらしいのです。写真を見るに、かなりの迫力です。これは行ってみねばなりますまい。…が、地図で位置を確認すると、バラ園を北に、松茂吉野線に出て、そこから大分西へ、何橋と言うのか知りませんが橋の手前の脇道を入った所にあるようです。んー、自転車で行ってもよかったのですが、ここは車で行くことにしました。路側帯が狭かったり、距離が長かったり、と言った理由で…。我ながらチキンハートになったものです(汗
 東中富親水公園(その1)。
 …と、車で行くこと少々、橋の手前と言うのと、近くの建物もちゃんと見つかったこともあって、今回は容易に見つけられました。東中富親水公園ですよ。本で見た通りでした。滝、滝がありますよ。岩山からスゴい勢いで流れる滝と、その周りの木々からは何ともエキゾチックな香りがしてきます。



 東中富親水公園(その2)。
 ついついテンションが上がってしまって、岩山に近付いてみると…、ご覧のように横に穴が開いていました。どうやら通り抜けられるようですね。もちろん、通り抜けましたよ(笑




 東中富親水公園(その3)。
 うぉっ、と少し滑りました。足場が濡れている上に、この水気で足場は苔むしておりました。要注意ですね(汗




 
 東中富親水公園(その4)。
 通路の途中で足を止めると…、おぉっ、滝の裏側、滝の裏側ですよ!ス、スゴい!水しぶきが止まって見えますよ!…って、静止画です(笑 …けど、何かそんな感じなのです。時折水しぶきがかります。それが心地よかったです。




 東中富親水公園(その5)。
 …で、こちらはその滝から流れ出た水が溜まった池です。迫力のある滝の“動”の絵からは打って変わっての心やすらぐ“静”の絵となっていました。しかしながら、どちらの風景もなぜか心いやされてしまうのです。

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

バラ、バラ、バラ。

 5月13日(月) 曇り後雨

 今日は午前中より雲が広がり、午後からは雨が降り始め、時折激しく降ることもあった。風はそれ程なかったものの、台風の影響で沖にはうねりが出ていた。
 明日は天気は回復してくるらしい。

 さて、昨日は二週間ぶりのオフで再び藍住町を散策したことをお伝えしましたが、今日はその続きで、念願のバラ園を散策した時のことを。
 地図によると正法寺川の川沿いにあるようです。…って、最初から川沿いのプロムナードを歩いていれば見つかっていたと思います。けど、地図に付された点同士の位置関係を考慮すると、やはり迷ってしまうのです。…などと言い訳をしてみる(汗
 バラ園(その1)。
 …と、川沿いを道なりに行くと、おぉっ、ありました!これこそ、紛うことなくバラ園ですよ。バラの臭いがここまで漂ってきますよ。…って、ボクは鼻はそんなに匂わないのでもっと近付かなくてはなりませんよ。…ってな訳で近付いてみました(?)




 バラ園(その2)。
 入り口は…?と探していると、目の前にバラのアーチがっ!ここより先がバラ園ですね。迷うことなく入りましたよ。しかし、入り口にまでバラのアーチとはっ!なかなか粋な計らいですよね。




 
 バラ園(その4)。
 園内には数え切れない位のバラ、種類すらも何種類あるのかさえわからない位の色とりどりのバラが咲き誇っていました。バラは何百種類もあると聞きましたが、ホントにその通りですね。
 この時期はバラのベストシーズンらしいです。見るとバラ園の周りには“バラまつり”と書かれたのぼりが幾つも立っていました。



 バラ園(その3)。
 園内の中央にはご覧のようなバラの花のアーチがっ!
 …と、見る者を飽きさせない造りが嬉しいですね。





 

バラ園(その5)。
 …にしても、“あかしろきいろ〜♪”じゃありませんがバラの花って色とりどりですね。まぁ、種類が多いのでそうなるのも当然ですが、中にはなかなか面白い名前のバラもありました。画像の左側のバラは“天津乙女”、右側は“マダム・ヒデ”と言う名前です。何とも清楚で、気品のある名前ですね。
 …しかしながら、花の名前に疎いボクにはその違いがよく分かりません…(汗 利きバラなんてあったら速攻アウトでしょうね(笑

 …と、その後も藍住エリアを少し散策したのですが、そのことについては次回ということで…。

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

再び藍住エリアへ。

 5月11日(日) 曇り後晴れ

 今日は午前中は雲が広がり、小雨がパラつくこともあったが、午後より晴れ間がのぞいた。風は最初北西の風が強く、後に落ち着いてきたものの、肌寒い一日となった。
 母の日の贈り物。
 5月の第二日曜日の今日は母の日ですね。ボクは、姉と二人で母の日のプレゼントを買って、今日、母に渡しました。プレゼントのピンク色の花のカーネーションは“バンビーノ”という名前のようです。何ともイタリアンな名前ですね。それと、もう一つは靴下をラッピングしてもらったのですが、ご丁寧にカーネーションまで付けてくれました。
 そして、プレゼントを渡す時、何よりも言いたかった、「いつも、ありがとう。」の言葉も、照れながらですが言えました。ホント、いつまでも元気でいて欲しいです。

 さて、この連休中はボク、休みがなかったので、久し振りの休み、例によって県内の散策に出掛けてきました。
 今回も前回同様、藍住エリアに行ってきました。今回は前回行けなかったバラ園に行ってきました。バラ園はこれからがベストシーズンで、5月には“春のバラまつり”なるイベントも開催されるようです。ますます今行かねば、的な流れですよね。
 …で、今回も先々週きたみどりの広場の駐車場に車を止めました。この近くには散策のポイントが幾つかあるので、ここが散策の起点となりそうです。
 みどり橋。
 …で、地図を頼りに、正法寺川を対岸に渡ります。今回は前回渡ることのなかったみどり橋を渡りました。緑に囲まれた公園の木造の橋…、何か趣がありますね。
 対岸に着くと、そこにもまた休憩所や水のみ場といった公園施設がありました。…で、そこを抜けると…、地図にはすぐ近くにあるように書いていますが見当たりません。結構近くにあるはずなのに見当たらない、こんなこともよくあるのです(汗

 正法寺川公園。
 …と少々道に迷い気味のボクに、ご覧のような公園の風景が飛び込んできました。入り口には“正法寺川公園”と書かれています。実は公園も本(タウトク)に載った散策ポイントなのです。…と言うことは、この公園と川と地図のバラ園の位置を見てみると何となく謎は解けそうですよ。
 …って、よく見ると、バラ園、正法寺川の川沿いにあるようです。


 正法寺川沿いのプロムナード。
 …ってことは、最初からこのプロムナードを道なりに行けば着いていたのです。何たるボーンヘッド!! …けど、この迷った日々がきっと答えになるから…、とかクサいことを言いながら、続きはまた次回と言うことで…(汗

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

楽しいメバリング。

 5月9日(金) 晴れ時々曇り

 今日は雲の広がり易い一日に。風も北西の風が吹き、肌寒い一日となった。
 明日は天気が崩れる見込み。

 さて、昨日の夜、友人M氏と釣りに行ってきたので、その時のことを少し。
 今回もやってきたのは土佐泊漁港。土佐泊漁港でメバル釣りです。M氏はメバリングが大好きで、M氏と言えばメバリング、メバリングと言えばM氏、位の勢いでメバリングが大好きです。…よく分かりませんが、とにかく今回はメバリングです。しかしながら、潮回りが大潮に近いと言うことで、スズキが跳ね出したらスズキも狙えるように、とボクはシーバスロッドも持ってきていました。

 いつものように、防波堤の灯りの下で釣り開始です。…と、開始早々、友人K氏がやってきました。どうやらM氏が連絡していたようです。いつぞやの釣りトリオですね(笑
 …で、三人でほぼ同時に釣り開始です。今回は…、…ってか今回も使ったのはメタルジグです。メタルジグはその名の通り、小魚を模した金属片にフックが付いた物なのですが、ボクらの中でも当初は、「こんな石コロに針が付いたんで釣れるかよー。」と敬遠していたところがあったのですが、そこに果敢に挑戦して実績を上げたのがM氏なのです。それからは当たり前のようにメタルジグを使っています。だからやはりM氏と言えばメバリング、メバリングと言えば……(笑
 今回はそのメタルジグを基本に、時折ワームを付けたジグヘッドを投げる、と言った感じで釣りました。

 …で、ファーストヒットはK氏でした。あ〜小さい、とK氏が言うように、サイズは15cmなく、リリースサイズでした。
 その後、K氏とM氏が交互に、時折20cm位のをあげたりと言った感じでした。…が、一時期より大分食いが悪い、と言った感じです。もうメバルのシーズンも終わりでしょうか…?
 一方でボクは、メタルジグで反応がないのでワームに変えてみたり、時折はねるスズキに反応してシーバスロッドを投げたりしましたが、二兎追う者は…の諺通り、一兎も、もとい一匹も得ていない状態でした。…リリースサイズのメバルは2匹あげたのでノーフィッシュではありませんでしたが、それでも寂しい限りです。

 時間の流れは速く、もう23:30。…と、そこに仕事帰りのI氏がやってきました。I氏もメバリングにハマっていて、仕事の終わりにちょっと釣って帰るのです。しかし、仕事終わりに釣りって…、その熱意はスゴいですね。…って、ボクらも似たようなものですが…(汗
 I氏が来たし、潮も流れ出したし、と言うことでもう少し粘る流れになりました。ボクも若干強くなってきた風のため、K氏から少し重目のメタルジグを借りて釣りました。風が強い時は重目のジグに変えた方が釣り易いのです。
 …と、そんなボクにアタリが。結構、重いです。そして…、
 20cmアップのメバル(土佐泊漁港にて)。
 やりました。20cmオーバーのメバルです。今日一やなぁ〜、とM氏。オイシイとこ持っていくなぁ〜、とも。船員28号、ルネッサンスやなぁ〜、と、I氏。ホント、釣り仲間の間で髭男爵がアツいのです。
 その後、四人共テンションが上がって30時間程粘りましたが、釣果はなし…。…けど、最後に大きいのが上がったしで楽しい釣りになりました。時期的に次回辺りが最後のメバリングになりそうです。ともあれ、楽しい釣りになればいいな、と思います。

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

特装版DVDを求めて…。

 5月7日(水) 晴れ

 今日も高気圧に覆われ晴れの天気に。風は東よりの風が吹き、和やかな一日に。

 さて、GW期間中、K氏ととあるお店に寄ったことで始まった「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の特装版DVDを探す旅ですが、藍住町(応神町?)の電化製品店を何店舗か回った後、とりあえず食事を取ることにしました。
 グラッチェガーデンズ。
 行ってきたのは、「グラッチェガーデンズ 応神町店」。すかいらーく系のイタ飯店ですね。確か、隣にCD、DVDが置かれている本屋があるという安易な理由でこのお店になった気がします…(汗 もちろん、料理も楽しみなのですが…。

 GW中ということで店内は多くのお客さんで賑わい、レジ前でもう一組待っている状態でした。…が、もしかしたら何店舗か回らないといけない位思っていたので、十分許容範囲内ですね。
 
 特製ミートソーススパゲッティ。
 こちらは、ボクが注文した「特製ミートソーススパゲッティ」(490円)。見ての通り、挽肉たっぷりで麺も太くボリューム感がありました。なお、パスタはLサイズもありました。値段は約2倍の900円で、カロリーも約2倍になっていたので、ボリュームも2倍ってことなのでしょう。
 ちなみにK氏は“フレッシュ初夏メニュー”の「うにと蟹のクリームスパゲッティー」を頼んでいました。かなりおいしそうだったのですが、絵を撮るのを忘れました…(汗

 サラダ&スープセット.
 また、すかいらーく系ではお馴染み、料理にはセットを付けられます。ボクとK氏はサラダとスープとデザートの付いてくる「フェリーチェセット」(410円)を頼みました。スープはミネストローネ(と言うらしい…)ですが、具沢山で濃い味付けでおいしかったです。
 他にも、ピザ…、もとい、ピッツァを頼んで二人で分けて食べました。生地は弾力があっておいしかったです。

 パンナコッタ。
 デザートは何種類かから選べるのですが、ボクはパンナコッタを選びました。パンナコッタ…、見ての通りプリンっぽいのですが、プリンより柔らかく、とても甘かったです。

 …と、腹ごしらえも終わったところで、再び捜索開始です。今回は、当初県の西の方へ向かう予定で応神町まで来ていたのですが、そこからまた来た道を藍住町、北島町、松茂町と帰ることとなりました。そしてそのエリア毎のDVD取り扱い店に寄って回りました。
 …で、結局のことを言いますと、見つからず、でした。最後に、「附屋 松茂店」に寄ったところで終了。エヴァ風に言うなら“活動限界”です(笑
 半額、格安セールのCD(その1)。
 しかしながら、捜索の途中、「TUTAYA 北島店」で、K氏と共に、おっ、と足が止まるようなセールを見つけました。こちらはそこで買ったCDなのですが、何と、未開封なのに半額だったのです。他にも定価の何割引きかで置かれている商品も多く、中には100円で置かれている物までありました。中古じゃないのに…、こんなのは初めてです。


 半額、格安セールのCD(その2)。
 …と、こちらはK氏からのプレゼント、K氏イチオシのmoumoon(ムームーンと読むらしいです)の限定生産SINGLE「Flowers / pride」です。限定生産って…。100円って…。しかも、シールドって…。

 …と、こんな感じでひょんなことから始まった「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の特装版DVDを探す旅でしたが、残念ながら見つかりませんでした。でも、まぁ、掘り出し物も見つかったし、K氏も喜んでいたしで、よかったのですが…。ちなみに、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」は通常版が5月21日に出た後、7月20日にまた特装版が出るようです。もちろん今度は初回版ではありませんが…。でも、これは通常版を我慢して特装版を買う…、かもです。

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

特装版を特捜…。

 5月5日(月) 曇り時々雨

 今日は一日雲が広がり易く、午前中は雨が降ることもあった。風は、南よりの風がやや強く吹いていた。
 GW最終日の明日は晴れの予報。

 さて、ゴールデンウィーク後半戦、中日の昨日、県外から友人K氏が帰ってきていたので、一緒に出掛けることとなりました。外食をしつつ中古CDを見て回るお馴染みのコースでしょうか。…で、エリアとしてはK氏のリクエストで徳島の西部、脇町や阿波市方面へ行くことになりました。脇町うだつの町並み阿波の土柱ですか〜、萌えます(?)

 …が、山の天気と同じ位今回のボクらの目的は変わり易く、途中、藍住町のヤマダデンキにちょっと寄った時点で全てが変わりました。そこのDVDコーナーの仮設ブースを見たK氏が、「船員28号君、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の特装版ですよ〜、どうします?クリアファイルが付いてくるみたいですよ。」と言いました。エヴァンゲリオン…、おぉっ、と、ボク。実はボク、ちょっとしたエヴァ好きなのです。…と言っても、これまでDVDを全巻レンタルで観て、家にはなぜかエヴァンゲリオン初号機のフィギィアがある程度ですが…(充分って?)
 エヴァンゲリオン初号機。
 「新世紀エヴァンゲリオン」は、2000年に起きたセカンドインパクトと呼ばれる大災害後の地球を舞台に、そこに次々と襲来し人類に脅威をもたらす“使徒”と呼ばれる謎の生命体を殲滅すべく、主人公碇シンジを始めとする14歳の少年少女がエヴァンゲリオンと呼ばれる兵器に乗って戦う、というのが大体のストーリーです。…と、これだけだとメカ好きにはたまらない作品だな、と思われると思いますが、この作品は物語が進むにつれ主人公や登場人物の自己の内面に迫っていくという、哲学的、心理学的な内容になっていくのです。
 これには賛否両論あったようですが、それはさて置き、今から10年程前に完結したアニメが今年、劇場版として蘇り、そしてこの度、そのDVDが発売されたという訳ですよ。K氏は、ボクがエヴァ好きなのを知って勧めてくれたのです。これは買いでしょう。
 …が、ブースには特典のクリアファイルがあるのですが、肝心の現品がない。これはもしや…?と思いましたが、とりあえず店員に訊いてみました。すると、「すいません、売り切れです。でも、5月21日に通常版が出ますので…。」と、予想していた残念なレスポンス。う〜ん、やっぱり、そうなのか…。…ってか、好きなら予約しとけよ、って話ですよね(汗 なお、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」は特装版が4月25日に、通常版が5月21日に出るようです。発売日の違いに注意ですね。
 …と、もう5月…、これはあきらめるしか…と思っていたところに、「通常版買ったら、負けやで。」と、K氏。「いいよ、今日はとことん付き合うよ。」とも。すまない、K氏。そう、この時からボクたちの「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の特装版を探す旅が始まったのです…、…が、続きは次回ということで…(汗

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

ウルトラなベスト、リリース迫る。

 5月3日(土) 晴れ

 今日は一日よく晴れた。風は北西の風が弱く吹き、午前中はやや肌寒かったものの、午後より気温は上昇し、汗ばむ陽気となった。天気予報によれば、日中の最高気温は29℃だったらしい。

 さて、最近、livedoorニュースでこのような記事を見つけました。

 B'z デビュー20周年の“ウルトラ・ベスト”アルバム登場!!

 それによると、今年、デビュー20周年を迎えるB'zが、全30曲を収録したベストアルバム、「B'z The Best“ULTRA Pleasure”」を6月18日に、そして、リクエストにより収録曲が決まる、「B'z The Best“ULTRA Treasure”」を9月17日にリリースするらしいのです。
 「B'z The Best “Pleasure”」&「B'z The Best “Treasure”」。
 これはB'zファンならずとも非常に楽しみですね。B'zファンのボクは言わずもがなですが、1998年、高校時代に買った「B'z The Best “Pleasure”」&「B'z The Best “Treasure”」からもう10年ですか…。非常に感慨深いところであります。あれから10年…、10年間隔で出すのがB'zのレコード会社の方針なのか、それとも20周年だから出すのかよく分かりませんが、それでもこのベストアルバムリリースのニュースは嬉しいですね。
 
 それからもう一つ、今回のベストには新録の曲が2曲入ります。89年にミニアルバムで発表された「BAD COMMUNICATION」を“ULTRA Pleasure Style”で。そしてもう1曲は、91年にシングル「LADY NAVIGATION」のカップリング曲…、もとい、2nd Beatとして収録された「Pleasure'91〜人生の快楽〜」が2008年バージョンで収録されるようです。
 B'z「LADY NAVIGATION」。
 この「Pleasure'○〜人生の快楽〜」という曲はキャッチーなアップテンポな曲でボクも大好きな曲なのですが、それ以外にもファンにはニヤリな曲なのです。…と言うのもこの曲は、前述の1998年にリリースされたベスト、「B'z The Best “Treasure”」にも「Pleasure'98〜人生の快楽〜」として収録されているのです。しかも歌詞の中で“あいつ”として登場する人物の近況が変遷している、つまり歌詞が変わってきているのです。
“91”では、「あいつもとうとう親父になった土曜日の夜 電話越しに
おめでとう言いながら 時間の流れになぜか 口唇噛んだ」だったのが、“98”では、「あいつもとうとう一人になった月曜日の夜 よってたかって しょうがねえ奴だなんて からかいながら誰もが我が身 振り返る」という具合に。ちょっぴり切なさが込み上げてくる内容ですが、その後どうなったの?と非常に気になるところであります。「Pleasure'○〜人生の快楽〜」はライブでも唄われていて、その年毎に内容が変わっているので興味のある方はライブ音源等でチェックしてみて下さい。

 ベストアルバム、とりあえずは6月18日リリースの「B'z The Best“ULTRA Pleasure”」ですね。その収録曲と共に、「一晩中ギターと女の話(裸)で盛り上がってた」“あいつ”がどうなったのか、気になるところであります(笑

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

ロケ村、再オープン。

 5月1日(木) 晴れ後雨

 今日は午前中は晴れ間が広がっていたが、午後より雲が広がり始め、雨も降り始めた。風は南よりの風が吹いていたものの、昨日に比べ少し肌寒かった。
 バルトロケ村、再オープンのパンフレット。
 さて、先月半ばからうちの切符売り場でご覧のようなパンフレットが置かれているのを目にしました。ボクも一昨年に行ってきた、「BANDOロケ村〜歓喜の郷〜」です。…と、これだけなら、「バルトロケ村ってまだやってるんだ、ふ〜ん。」で終わりそうですが、実はこのロケ村、2006年3月に開設され、当初は二年間で公開を終える予定だったのですが、継続を望む住民団体が運営に名乗りを上げ、再開されることとなったそうです。
 
 映画「バルトの楽園」の公開に先駆け一般公開された「BANDOロケ村〜歓喜の郷〜」ですが、二年間で23万人が入場したそうです。そしてその後もなお継続を望む声があって…、それが一つの形となって…。すばらしいことですよね。
 
 パンフレットに書かれているように、先月13日に再開された「BANDOロケ村〜歓喜の郷〜」は、今のところ公開期間は未定だそうです。ロケ村の近くには、四国八十八ヶ所第一番札所・霊山寺に第二番札所・極楽寺鳴門市ドイツ館大谷焼の里といった名所が点在します。ロケ村も観光名所として残っていってくれればいいな、と思います。

 ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アーカイブ
俳句
72c96652.jpg











だんす!

















































  • ライブドアブログ