船員28号の日々

 徳島県鳴門市の鳴門海峡に逆巻く、うず潮を間近に眺める観潮船に乗る、鳴門市在住のある船員の日々を紹介します。

MHF公式ビギナーサイトへ MHF公式メンバーサイトへ

2014年01月

入り母屋造りの大屋敷。

 1月30日(木) 雨後曇り

 今日は午前中から雲が広がり、雨の降る天気に。風は南よりの風が弱く吹いたが、寒さの厳しい一日になった。

 …と、今、うちの観潮船は毎年恒例の、陸揚げしての点検、整備、いわゆる船のドックに入っていまして、近々その様子等も紹介できたら、と思いますが、今日はお伝えしている美馬市美馬町の散策のことの続きを。

 今回紹介するスポットは、県道12号線より、南へ小道に入った所にあるスポットなのですが、実はこれまで何度も近くまで行って、発見できなかったスポットなのです。
 今回は、これまでのノウハウを生かして(笑)、住所の細かい地域まで調べて、それを、通常より拡大したナビの地図上で探してみるという作戦に出ました。
 青木家住宅。
 すると、四方を大きな壁に囲まれた、大屋敷が見えてきました。こちらは、青木家住宅です。

青木家住宅…大正4年に建てられた「青木家住宅」は、入り母屋造りの2階建て。広々とした敷地を囲む高さ2メートルの堀は、漆喰で固められている。華道教室、結婚披露宴等、営利目的でなければ無料で開放される。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 近くには、恐らく駐車場であろう、コンクリで固めれたスペースがあり、そこに車を止め、かなり近づきましたが、敷地内に入っていいのかな〜、ちょっと怖いな〜、と恐る恐る近づいて、中には入らず、その場を後にしました(うぉい

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

美馬市の産直市。

 1月28日(火) 晴れ時々曇り

 今日も高気圧に覆われ、大体晴れの天気に。風は、北西の風が時折やや強く、寒さの厳しい一日になった。

 さて、お伝えしている、先週のオフに行ってきた、美馬市は脇町の散策のことの続きを。
 前回お伝えした、あんみつ館蘭夢美術館を後に、位置的には少し南へ行った所にあるスポットへ。そこは、国道193号線沿いにあります。
 JA美馬ふれあいセンター。
 それが、こちら。JA美馬ふれあいセンターです。

JA美馬ふれあいセンター…キクイモ、ターサイといった珍しいものも含め約50種類の野菜や加工品などがそろう。地元で緑茶用に栽培された「やぶきた」という茶葉をアレンジしたオリジナル紅茶も人気。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 いわゆる、産直市ですね。地元の新鮮野菜や加工品が手に入るのはうれしいですね。
 今回は、家で使う、タマネギとジャガイモを買いました。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

蘭の美術館へ。

 1月26日(日) 曇り時々晴れ

 今日は時折晴れ間がのぞくこともあったが、雲が広がり易く、一時雨の降る、すっきりしない天気に。風は、最初北西の風が時折やや強く吹き、寒さの厳しい一日に。

 さて、先週のオフ(21日)も例によって県内の散策に行ってきたので、その時のことを少し。
 今回は西方面、ちょっと遠征、美馬市は脇町まで行ってきました。脇町は久し振りのような気がしますが、思ったよりえっと振りでなかったりもします(笑
 あんみつ館。
 脇町と言えば、蘭のショールームと直売所を兼ねた、あんみつ館も有名ですが、今回紹介するスポットは、あんみつ館の近くにあります。あんみつ館へのアクセスは、脇町ICからも案内標識が出ているので、かなり分かり易いです。
 …そう言えば、以前、ここに来たのはもう四年も前になるんですね…。

 今回もちょっと、あんみつ館へ。胡蝶蘭とシンビジウム位しか聞いたことないのですが、それでも中に入ると色鮮やかな蘭に魅せられてしまいます。ちょっと買い物もしてしまいましたしね。

 

 蘭夢美術館。
 …と、今回紹介するのはあんみつ館のを少し過ぎた所にある、蘭夢美術館です。この建物の一階だそうです。
 せっかく来たので、中に…、と入り口で、履物を脱いで、裸足でご観覧下さい、的な案内が。何でも、床に炭の効果でうんたらかんたら…。

 自動ドア開くと、右手側に受付があり、入場料300円を払いました。それから順路に沿って…、…って、順路らしきものはなく、中心や周りにショーケースがあり蘭をテーマにした絵画、版画、陶芸品が飾られ、河野メリクロンの歴史が綴られた年表があり…。
 奥はどうなっているのかな、と見てみるも、奥はなく…。二階は…、二階もなく。ちっさ…、もとい、かなり小ぢんまりとしていましたね。館内の雰囲気はよかったのですが…。面積は120屬蕕靴い任后

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

オシャレな米工房。

 1月23日(木) 晴れ時々曇り

 今日は、高気圧に覆われ、おおむね晴れの天気に。風は、北西の風が時折やや強く、寒さの厳しい一日になった。

 さて、お伝えしている、先週のオフに行ってきた、近場、小松島市の散策のことの続きを。
 「弘法大師 お杖の水」、天馬石と史跡を巡ってきましたが、今回紹介するのは、史跡ではありません。小松島市のショッピングセンターとして有名な、ルピアの前の道沿いにあるようなのですが…、
 「JA東とくしま こめっ娘工房」。
 …ありました。こちらは、「JA東とくしま こめっ娘工房」です。その名の通り、JAの横に隣接している感じですね。

JA東とくしま こめっ娘工房」…今話題の米粉を使った料理を楽しむことができる「こめっ娘工房」。週1回(月によって代わる)と第2日曜に料理教室開催中。米粉も販売しているので、料理教室で習ったことを自宅で実践してみよう。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 料理教室は1回500円とかなりリーズナブルです。第二日曜は確定で、週一回は月によって変わるみたいなので、曜日によってはボクでも行けるのか…。
 オシャレなカフェっぽい造りもいいですね。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

馬の形をしている石。

 1月21日(火) 晴れ時々曇り

 今日は、時折雲が出ることもあったが、大体晴れの天気に。風は、北西の風が時折強く、寒さの厳しい一日になった。

 さて、お伝えしている、先週のオフに行ってきた、近場、小松島市の散策のことの続きを。
 国道55号線から小道に入った所、畑の横にあった隠れスポット、「弘法大師 お杖の水」を後に、次は源義経ゆかりの地を…。
 小松島にある、義経ゆかりのスポットと言えば、以前紹介した、旗山の義経騎馬像が有名ですが、今回紹介するスポット、天馬石は、その旗山の麓(でいいのかな?)にあるようです。

 旗山は案内標識もあり、また山頂には大きな義経像やのぼりも立っているので、迷うことなく着きました。…けど、ここに天馬石なんてスポットあったかな…、と山の周りを回っていると…、
 天馬石(その1)。
 ありました! 天馬石の案内板です。

天馬石…「馬の形をしている」といわれる岩。宇治川の合戦のとき名馬・磨墨と戦った池月という馬が、遅れを取ったことを恥じて死に、石となった説と、天から馬が下って化石になった説がある。この石を踏むとお腹がいたくなるらしい。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)



 


 天馬石(その2)。
 そして、こちらがその天馬石です。…って、路駐(?)の車が二台ほど止まっていて、正面からは撮れませんでした…。もともと狭い道だし、観光スポットだし、ここに路駐は止めて欲しいですね…。

 ちなみに、天馬石の効力は…、“この石を踏むとお腹がいたくなるらしい”、…って、あかんやん(汗

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

畑の近くに、湧き水。

 1月19日(日) 曇り後晴れ

 今日は、午前中は少し雲が出ていたが、次第に晴れ間が広がった。風は北西の風が時折やや強く、寒さの厳しい一日になった。

 さて、週も変わり…ましたね、先週のオフ(15日)も例によって県内の散策に行ってきましたので、その時のことを少し。
 今回は近場、小松島市を散策しました。小松島市はこれまでに結構散策してきましたが、まだまだ散策しきれていない場所です。

 今回紹介するスポットは、「弘法大師 お杖の水」。名前を聞いただけだと、弘法大師様ゆかりの地であること以外は何のこっちゃ分からないと思いますが、その場所を見つけるのも結構骨が折れました。…と言うのも、国道55号線から少し、小道に入った所にあり、本(「遊ぶんじゃ!」)に載せられた写真も、畑の近くにぽつんとある感じだったので…。
 「弘法大師 お杖の水」。
 …最終的には、本に載っている住所、小松島市日開野町加々ませ、をナビで探して、何とか見つけれました。近くには、立て札も立ってましたが、いかんせん、分かりにくかったです(汗

弘法大師 お杖の水」…井戸水が塩からく飲めず困っていたところ、通りがかった弘法大師が杖で地面を突くと噴水のように清水が湧き出たと伝えられている。この井戸の銘水は、雨量の少ない時期でも枯れることなく、常に冷たい水で満たされている。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 お地蔵様に手を合わせて…、その前には銀色のふたがあり、そのふたの下には、お水があるのですが…。手を合わせただけで、その場を後にしました。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

100号目の会報。

 1月16日(木) 曇り時々晴れ

 今日は午前中は少し雲が出ていたが、次第に晴れ間が広がった。風は、北西の風がやや強く、寒さの厳しい一日に。

 最近、ボク宛てに、やや大きい封筒が届きました。差し出し人を見ると、「B'z PARTY」。
 ふむ…、こんな大きな封筒、何か注文したっけ…?…と思いつつも、開けてみると…、
 「be with!」vol.100。
 おぉ! 年に4回送られてくる、会報でした。その金色の文字が示す通り、vol.100、100号目の会報ですよ。B'zが去年で結成25周年なので、毎年4回なら100回…、なるほど。
 
 それにしても、大きい!そして厚い。まるで、卒業写真の冊子のような重厚感でした。
 そしてその内容は、いつも通りの会報のテイストながら、ヴォリュームがアップしていたり、これまでの会報やGreeting cardが全て掲載されていたり、とファン垂涎の内容でした。

 今年で結成26年目になるB'zは、今月末に、あの結成25周年のライブ、PleasureツアーのDVDが発売されます。まだまだ寒い日が続きますが、アツい夏がよみがえってきそうです。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

丸亀城に行ってきた。

 1月14日(火) 曇り時々晴れ

 今日は時折晴れ間ものぞいたが、雲が広がり易い天気に。風も、北西の風が時折やや強く、寒い一日になった。

 さて、少し間が開きましたが、お伝えしている、年明け一回目のオフに行ってきた、香川県琴平町から丸亀市の散策のことを。

 こんぴら参りの後は、丸亀市まで走り、丸亀城へ行ってみることに。ボクは、もちろん初見ですが、実はI氏も初めてとのこと。
 丸亀城(その1)。
 駐車場は…、なんと閉ざされていました。…どうやら、資料館の駐車場を使って下さいとのこと。ちなみに、駐車場は無料でした。
 堀の中は、公園のようになっていて、家族連れもちらほらでした。

 画像は、駐車場から少し近い所にあった、大手二の門です。最初はこちらが、メインの城門かと思ったのですが、違うみたいです。




 

 丸亀城(その2)。
 更に歩くこと少々、御殿表門が見えてきました。すでに中に入っているので、内側から見た形ですね。











 丸亀城(その3)。
 天守閣を目指して、更に歩くと、こちらの長い坂が見えてきました。見返り坂と言うらしいです。傾斜が急で、時々立ち止まって振り返りたくなることから、その名がついたようですが、かなりの傾斜です。サイクリング好きなI氏も、これは足付かんと一回ではいけんなぁ〜、とコメント。






 

 丸亀城(その4)。
 坂を上ると、ご覧の広場が。こちらは二の丸です。ご覧の通り、桜があり、春にはお花見も楽しめるようです。








 

 丸亀城(その5)。
 そしてこちらが、丸亀城の天守です。思ったより小ぶりですね。去年に行った松山城はかなりの大きさだったので、その違いに驚きました。
 200円の入場料を払えば、天守内も散策できます。中は資料館と、上が展望室になっていました。生駒家、山崎家、京極家と渡ったようですね。ちなみに、天守内の撮影は自由のようです。これは結構珍しいことですよね。






 丸亀城(その6)。
 資料館の様子は撮らなかったのですが、最上階から外の様子を。小ぶりとは言っても、上から見る景色は最高でした。

 …と、今回は、こんぴら参りの帰りにちょっと散策した形ですが、次のオフからは普段通りの県内の散策になりそうです。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

今年は、宵えびすへ。

 1月11月(土) 晴れ

 今日は高気圧に覆われ、よく晴れた。風は、北西の風が時折やや強く、寒い一日になった。

 さて、今日は香川県の散策のことは置いておきまして、一昨日の夜(9日)のことを。
 宵えびす(その1)。
 徳島県で、1月の9日、10日、11日と言えば、知る人ぞ知る、徳島市は通町にある事代主神社でえびす祭りが行われる期間です。商売繁盛の神様、えびっさんを参りに、商売をされている方を始め、県内外から多くの観光客や、多くの屋台で賑わうお祭りです。
 ちなみに、9日は宵えびす、10日は本祭や十日えびす、11日は残りえびすと言われています。

 今回は訳あって、姉と二人で行ってきました。9日の宵えびすは、夕方頃にはローカル番組にも登場していました。
 
 仕事を終え、所用も済ませると、時間は午後9時過ぎだったでしょうか。徳島市内には時折あられが降っていました。時間が遅かったのと、その天候のせいもあってか、参拝客は気持ち少なかったです。
 
 宵えびす(その2)。
 こちらが事代主神社です。古い福俵を納め、手水舎で手を洗い、参拝、そして新しい福俵を購入…。いつもはもう少し早い時間に来ているせいか、参拝客で賑わい…、ってか、押し合いへし合い、時間が掛かるのですが、この時はあっさりと済ませれました。

 今年も商売繁盛を祈願しましたが、いつも通り、変わらずに商売ができるのが幸せなんだなぁ、と思いました。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

こんぴら参り(その2)。

 1月9日(木) 曇り後晴れ

 今日は午前中は少し雲が出ていたが、次第に晴れ間が広がった。風は、北西の風が時折強く吹き、寒さの厳しい一日になった。

 さて、お伝えしている、先週のオフに、I氏と行ってきた、こんぴら参りのことの続きを。
 こんぴらさん(その4)。
 今回も、うちの観潮船の海上安全の祈願ということで、御本宮まで上ることにしました。
 こちらは、本宮の少し下の所にある、御厩です。御神馬が、確か二頭、茶色い毛並みと白い毛並みの神馬がいるはずですが、今回は白い毛並みの神馬がいませんでした。今年が午年と言うこともあるのでしょうか。





 

 こんぴらさん(その5)。
 こんぴらさんに来るのは、これで三度目になるので、散策も程々に、御本宮を目指しました。
 来てすぐの頃は、参拝客もまばらだったのですが、時間と共に人で賑わってきました。三が日は過ぎても、日曜日ですからね。

 御本宮横の、神札授与所で新しい海上安全のお札を買い、受付用紙に会社名や代表者の名前等、必要事項を記入しました。古いお札は、専用の箱に入れて回収してもらいました。
 その後、緑黛殿(りょくたいでん)と言う所で、新しいお札と共に祈祷が行われました。ボクとI氏以外にも、何組かいましたが、同時に祈祷が行われることになりました。
 今回は日曜日と言うことで、参拝客が多かったので、神主さんによって、会社の住所や船名等が読み上げられるのが聞き取れませんでした。それでも、皆さん、神妙な面持ちで祈祷を受けていました。ボクも、今年一年の海上安全を…。

 こんぴらさん(その6)。
 その後は、785段目からの眺めを堪能した後、階段を下りました。お昼を食べてから、丸亀城を散策したのですが、続きは次回で。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

こんぴら参り(その1)。

 1月7日(火) 晴れ後曇り

 今日は高気圧に覆われ、大体晴れの天気に。風は、最初北西の風が弱く、後、南東の風が弱く吹いた。

 さて、年明け一回目のオフ…、この日(5日)は、毎年恒例のこんぴらさん参りに行ってきました。海上安全の守り神として信仰されている、香川県琴平町の金刀比羅宮に、海上安全の祈願に行くのですね。

 今回は訳あって、日曜日に行くことになったので、友人I氏を連れ立って行ってきました。コースは、徳島ICから井川池田IC、そこから国道32号線に乗って北へ、山越えをして香川へ行くコースですね。
 こんぴらさん(その1)。
 朝7時過ぎには高速に乗っていたので、午前9時には、こんぴらさん近くの駐車場に着きました。コインパーキングもありましたが、今回も、お土産を幾らか買えば無料になる、土産物屋さんの駐車場へ。

 そこからは、寒さ対策をして、レッツ・ウォーキングです。晴れて風もない、穏やかな日とは言っても、吐く息は白く、肌寒さを実感できました。





 
 こんぴらさん(その2)。
 大門をくぐり、いよいよスタートです。…って、これまでにも365段も上ってきたみたいなんですけどね。

 この日は日曜日とは言っても、さすがに正月休みの最終日とあってか、人は大分少なかったように思います。…が、時間と共に結構賑わってきたんですけどね。








 こんぴらさん(その3)。
 今年も、奥社がある1368段も上らないで、本殿のある785段目までの予定ですが、その手前にある、御神木や御神馬のある所へ。
 そう言えば、今年は午年ですね。馬さんも大忙しなんでしょうか。

 …と、I氏を連れ立って行ってきた、こんぴら参りですが、続きはまた次回で。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

渦潮以外にも見所が。

 1月5日(日) 曇り時々晴れ

 今日は午前中は雲が出ていたが、次第に晴れ間が広がった。風は、北西の風が時折やや強く、寒い一日になった。

 さて、本来ならここで、今年一発目の散策のネタを披露したいところですが、今年はまだ休みが取れてないんですよね…。
 かたの鼻。
 そこで今日は、渦潮ネタを。…と言っても、渦潮自体は登場しないんですけどね…(汗

 渦潮が発生する鳴門海峡には、大潮の時には最大で2m近くの段差ができます。これは、太平洋と瀬戸内海で、潮の満ち引きに時間差があるためです。
 ちょっと分かりにくいですが、画像では、右側の高い方が瀬戸内海、左側の低い方が太平洋になります。時間的に引き潮で、太平洋側は潮が引いているのですが、瀬戸内海側は逆に潮が満ちているんですね。そして、潮の流れは高い方から低い方へ、この時間は、瀬戸内海側から太平洋側へと流れています。

 この段差は、干潮時、満潮時両方できるのですが、干潮時の時は特に顕著で、渦潮の他にもこの段差を間近に見るのも、渦潮観光の大きな見所となっています。

 まだまだ寒い日が続きますが、よく晴れた穏やかな日、渦潮観光はいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

明けましておめでとうございます。

 1月2日(木) 晴れ時々曇り

 明けましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いします。

 今日も高気圧に覆われ、大体晴れの天気に。風は北西の風が弱く、比較的和い一日になった。

 さて、毎年(?)元旦は早朝、初日の出を見に、近所の鳴門山を登っていたのですが、今回は…。

 …初日の出を見るには、午前6時半過ぎには家を出て、7時前には現場に着いていたい…。…が、その日は起きたら午前7時15分だったんだ…。…要するに寝坊ですね、すいません…(汗
 初詣2014。
 なので、今回は仕事終わりに、父、母、姉、ボクの四人で、初詣に行ってきた時のことを少し。
 毎年恒例のコースですが、こちらはすぐ近場、氏神様が祀られている瓶浦神社。時間が夕方と言うこともあって、ボクら以外には誰もいませんでした。
 手水舎の水が冷たい。身が引き締まりました。

 参拝を済ませると、今度は鳴門スカイラインにのり、途中にある成田山光輪寺へ。




 
 初詣2014。。
 時間的に、更に薄暗くなってきていたのですが、こちらはかなりの人手。駐車場はほぼ満車状態でした。日中はもっと多かったのかなぁ…。
 光輪寺では、参拝の他に、破魔矢を返したり、お守りを買ったり、おみくじを引いたり…。おみくじは小吉でした(笑

 その後は、外食をして帰りました。毎年同じ流れですね。その同じことが続くことって、しあわせなことなんだな、ってこの頃思うようになりました。

 2014年が皆様にとって、すばらしい一年になりますように。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アーカイブ
俳句
72c96652.jpg











だんす!

















































  • ライブドアブログ