船員28号の日々

 徳島県鳴門市の鳴門海峡に逆巻く、うず潮を間近に眺める観潮船に乗る、鳴門市在住のある船員の日々を紹介します。

MHF公式ビギナーサイトへ MHF公式メンバーサイトへ

2014年06月

積年の思いの募った用水を。

 6月28日(土) 曇り時々雨

 今日も、前線の影響で、午前中から雲が広がり、時折雨の降る天気に。風は南東の風が時折やや強く吹いた。

 さて、お伝えしている先週のオフ(20日)に行ってきた、三好市は三野エリアの散策のことの続きを。
 「道の駅 三野」と、太刀野の中央構造線を後に、県道12号線を戻る形で東へ。途中小道に入り道なりに。その道沿いに今回目指すスポットはあるのですが…。
 三村用水(その1)。
 ありました。こちらは、三村用水です。実は、三村用水はこれまで何度か近くまで来たけど発見できなかったスポットなんですよね。新本と、ナビを駆使して積年の思いを果たしました。








 

 三村用水(その2)。
 意外と道沿いにあり、看板…と言うか名前も出ていたので、なぜ今まで気付かなかったのか、と思いました。ボクの目は節穴かッ、とも(うぉい

三村用水…1827年、山本新太夫翁が、大きな犠牲と幾多の困難に打ち勝ち、長さ268.5メートルの用水路を完成させた。用水路のおかげで三村はうるおい、豊かな穀倉地帯となった。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)






 三村用水(その3)。
 こちらがその用水路の入り口でしょうか。ここから268.5m…、ものすごい労力ですよね。思ったより大きくなかったのですが、雰囲気がありますね。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

三野にもんたで…。

 6月25日(水) 晴れ時々曇り

 今日も時折雲が広がる、すっきりしない天気に。風は南東の風が時折やや強く吹いた。

 さて、先週のオフ(20日)も例によって県内の散策に行ってきたのでその時のことを少し。
 今回は、四季の花ネタではなく、普通に散策しました。やや遠征で、三好市は三野エリアまで。県道12号線、いわゆる鳴池線をひたすら西へ。
 「道の駅 三野」。
 道沿いにある、こちらは、「道の駅 三野」です。以前紹介したこともありますね。

「道の駅 三野」…鳴池線沿いに建つ、雰囲気にある茶色い建物。食堂ではかけうどん、ビーフカレー、いなり寿司など数十種類あるメニューに心が迷う。カキ氷やソフトクリームで休憩するのもいい。緑が茂る場所で、ベンチに座ってゆっくりと時間を過ごそう。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 今回は少しお買い物で、祖谷そばや「三野にもんたでまんじゅう」なる物を買ったり…。



 太刀野の中央構造線。
 それから、「道の駅 三野」と言えばこちら。太刀野の中央構造線ですね。

太刀野の中央構造線…中央構造線とは、西南日本の地質を大陸側と太平洋側にわける大断層で、九州から関東まで1000キロを超える。吉野川の北岸河畔、道の駅「三野」の駐車場脇下で見られる。県天然記念物。(同上)

 案内板がないと分からないですね(汗 文章で見るとスゴい、と思いますが、素人目には分からないですね。それを発見した人もスゴいですよね。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

ライブビューイングに参加…。

 6月22日(日) 雨後曇り

 今日も前線の影響で午前中から雨の降る天気に。風は、北西の風が時折やや強く吹いた。

 さて、先日(20日)の夜のことなのですが、姉と稲葉浩志さんのライブに行ってきました。会場は、フジグラン北島の中のシネマサンシャインです。…と書くと、少々語弊がありますね。今回、品川ステラボールでのみ行われる、「Koshi Inaba LIVE 2014 〜en-ball〜」の最終公演が、全国47都道府県の映画館で生で公開される…、いわゆるライブビューイングに参加してきたのです。(今回の記事は、「Koshi Inaba LIVE 2014 〜en-ball〜」についてのネタバレを含みます。ご注意下さい。)
 稲葉浩志、ライブビューイング。
 ライブビューイングは午後7時開始でしたが、午後6時半にはフジグランに着いていました。車も結構止まっていて、あちこちに稲葉ナンバー(178)が見受けられましたね。他にも、1783ナンバー(稲葉さん)も多かったです。

 少し買い物をして、開始10分前には会場入りしました。会場は、シネコンの一番大きなホール、5番館。キャパは300人程でしたが、ほぼ満席…、もとい、満席になっていました。

 そして、午後7時。会場が暗転。湧き上がる歓声。スクリーンには、品川ステラボールの様子が。あちらにも、開演を待つお客さん。当たり前ですが。そして、7時を少し過ぎた辺りで稲葉さんが一人で登場。アコギの弾き語りで、一曲目の、「ジミーの朝」が演奏されました。「ジミーの朝」は、新アルバム「Singing Bird」でも一曲目に収録されています。シンプルでありながら、結構インパクトのある始まりとなりましたね。

 それから、新アルバム「Singing Bird」の曲が続くのかと思いきや、これまでのアルバム曲やシングル曲が5,6曲続きました。個人的には、「THE RACE」と、シングル曲「Wonderland」を聴けたのが嬉しかったです。
 その後は、新アルバム「Singing Bird」の曲がメインで続きましたが、ライブの定番曲、アッパーナンバーの「正面衝突」が途中で入っていたりと、緩急を織り交ぜてきていました。

 新アルバムの曲も、先行配信の曲は印象的でした。しっとりとしたバラード「泣きながら」では、女性ドラマーSATOKOさんがピアノを演奏したり、アッパーナンバー「Stay Free」の興奮、MVの世界観を会場でも再現したかのような演出の「念書」。そして本編ラストの、CM曲としてもお馴染みの「oh my love」での会場…、恐らく全国的な一体感はスゴかったです。

 その後は、ライブでの定番のアンコールもありでました。ライブビューイングも、会場の雰囲気を十分に味わえましたが、やはり生でライブを見たいなぁ、と思いました。次回のソロでは、ぜひ、徳島に来て欲しいものですね。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

ナイスなネーミングなおはぎを売るお店。

 6月20日(金) 晴れ後曇り

 今日は午前中は晴れ間が出ていたが、次第に雲が広がってきた。風は、最初北西の風が弱く、後南東の風が時折やや強く吹いた。

 さて、お伝えしている、先週のオフ(13日)に行ってきた、那賀町は相生エリアの散策のことの続きを。
 川口ダム周辺に咲く紫色のアジサイを後に、川沿いの道の駅、もみじ川温泉で一ッ風呂浴びることなく(笑)、もう一カ所、見てきました。

 その場所は、農産物直売所「あいおい」と言うのですが、何でもこのお店には、「はんごろし」なる何ともバイオレンシィな(バイオレンシィ?)名前のおはぎがあるようなのです。
 地図を見ると、場所はもみじ川温泉の近くのようなのですが…。
 農産物直売所「あいおい」。
 …と、道路を挟んだ向かいに、こじんまりとしたバラッケ風の建物がッ。こちらがもしや…、と、看板が出てましたね。

農産物直売所「あいおい」…地元の新鮮野菜はもちろん、漬物や豆腐など定番品のほか、徳島が誇る阿波番茶も売られている。注目したいのは「はんごろし」。実はこれ、もち米を半分潰して作るおはぎなのだ。よくぞ名付けた。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 …早速中に入って…、と、すだれが出ていて…、開いていないっぽいので止めました。まだ営業時間が…。またリベンジですね。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

温泉のある道の駅を再び…。

 6月18日(水) 雨後曇り

 今日は前線の影響で、午前中から雲が広がり、雨の降る天気に。風は、北西の風が弱く吹き、少し肌寒い一日になった。

 さて、お伝えしている、先週のオフ(13日)に行ってきた、那賀町は相生エリアの散策のことの続きを。

 川口ダム周辺の山の斜面に咲く、紫のアジサイを見た後は国道195号線に戻り、少し道なりに。
 もみじ川温泉。
 国道沿いにあるこちらは、もみじ川温泉です。これまで幾度となく前を通り、中には行ってお土産を買ったこともあります。一ッ風呂浴びたことも…、あったかなぁ…?

もみじ川温泉…お湯につかりながら那賀川の美しい景色を眺められる大浴場、サウナや露天風呂も完備した温泉のある道の駅。じんわり体を温めていると、ドライブ疲れもあっという間に癒やれる。川遊びを楽しんだ帰りに立ち寄って、お食事&入浴なんてのも素敵。 (「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 今回は一ッ風呂浴びることはなく、中で買い物を…。パック入りのゆずのゼリーや、ラングドシャなど少々…。ゆずは木頭の名産ですね。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

斜面を彩るアジサイ。

 6月16日(月) 晴れ後曇り

 今日は午前中は晴れていたが、次第に雲が出てきた。風は、南東の風が時折やや強く吹いた。

 さて、週も変わりましたが、先週のオフ(13日)も例によって県内の散策に行ってきたのでその時のことを。
 今回も季節のお花見と散策を合わせて行ってみることに…。ここのところアジサイは不発気味ですが、時期的にそろそろ…。
 川口ダム(その1)。
 …で、やって来たのは那賀町は相生にある川口ダムです。阿南市から国道195号線を道なりに西に走っていると見えてきます。








 

 川口ダム(その2)。
 なんでもこの川口ダムの周辺にアジサイが群生しているようなのですが…。国道沿いからは分からなかったので、国道沿いの空きスペースに車を止め、ダムを挟んだ向こう側へ歩いて行ってみることに。因みに、車でも行けるみたいです。










 川口ダム(その3)。
 アジサイは…? …と、山の斜面に目を見やると…、ありました。アジサイが斜面いっぱいに。









 

 川口ダム(その4)。
川口ダム
那賀町吉野
…川口ダムのあじさい湖には、初夏には淡い紫のあじさいが美しい咲き誇る。周辺には、もみじ川温泉や相生森林美術館などがあり、日帰りトリップにも最適な景勝地だ。 (「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 斜面を色とりどりのアジサイ…、圧巻でした。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

斜面に広がる(?)アジサイ。

 6月13日(金) 曇り後晴れ

 今日は午前中は雲が出ていたが、次第に晴れ間が広がった。風は、北西の風が時折やや強く吹いた。

 さて、お伝えしている、先週のオフ(6日)に行ってきたつるぎ町は一宇エリアの散策のことの続きを。
 「あじさいの咲く里 久蔭地区」(その4)。
 赤羽根大師の大エノキの近くに咲いていたアジサイを見て、これはいけるかも、と期待を胸に、つるぎ町一宇エリアのアジサイスポット、久蔭地区を目指しました。国道438号線を南に、小道に入り久蔭地区へ。








 

 「あじさいの咲く里 久蔭地区」(その2)。
 “あじさいまつり”(だったかな…)と言った看板も出ていました。自ずと期待も高まります。
 画像は会場前の東屋です。

「あじさいの咲く里 久蔭地区」
つるぎ町一宇久蔭地区
青や緑の大輪の花をつけ、数千本が斜面いっぱいに咲き乱れる。6月中旬には阿波おどりや三味線の演奏などがある祭りが行われる。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)



 「あじさいの咲く里 久蔭地区」(その3)。
 期待は高まります。これはきっと、斜面にはアジサイの花畑が広がって…、











 「あじさいの咲く里 久蔭地区」(その1)。
 いなかった…。

 えええぇ…。花期は6月中旬ですが、ちょっと早かったのかなぁ…。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

日本一の大エノキを…。

 6月10日(火) 曇り

 今日も気圧の谷の影響で、午前中から雲が広がる天気に。風は南東の風が時折やや強く吹いた。

 さて、お伝えしている、先週のオフ(6日)に行ってきたつるぎ町は一宇エリアの散策のことの続きを。

 「つるぎの宿 岩戸」を後に、国道438号線を道なりに少し南へ、川を渡り、急な坂道をしばらく道なりへ。この道、結構急なので驚きました。ヘアピンカーブもあり、一度切り返した位です(汗
 赤羽根の大エノキ(その1)。
 苦戦しながら上った先には、ご覧の案内板が。こちらは、赤羽根大師の大エノキがある所です。ここには駐車スペース、トイレ、休憩所もありました。










 赤羽根の大エノキ(その3)。
 案内板から歩くこと少々、こちらが、赤羽根大師の大エノキです。ホント、大きい!

赤羽根大師の大エノキ…エノキの巨樹は全国数あれど国指定の日本一はこの「赤羽根大師の大エノキ」。幹周り8.7メートル。樹高18メートル。樹齢800年といわれる主幹から伸びている数本の枝さえ巨大である。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 一枚じゃ収まりきらないこの大きさ、ですね。また、その樹齢を語るように、苔むした様子が神秘的です。



 赤羽根の大エノキ(その2)。
 …と、こちらは駐車場横で見つけたのですが、アジサイです。山間部でもちらほらなので、アジサイのスポットもそろそろ…。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

剣山に近い温泉。

 6月8日(日) 曇り

 今日も午前中から雲が広がる、すっきりしない天気に。風は、南東の風が時折やや強く吹いた。

 さて、6月に入り初のオフ(3日)も、例によって県内の散策に行ってきました。今回は、季節の花と、もし花が咲いていなかった時の為に、散策もしようと言う二段構えの試みです(笑

 …で、今回はつるぎ町は一宇へ。国道192号線を西へ、つるぎ町に入り国道438号に乗り道なりに南へ山の方へ上るルートですが、国道438号線は所々結構狭い場所がありました。
 「つるぎの宿 岩戸」(その1)。
 そして、つるぎ町役場のすぐ横に見えてきたのは、こちらの「つるぎの宿 岩戸」。

「つるぎの宿 岩戸」…剣山の程近く、環境はとても穏やか。野鳥のさえずりや川のせせらぎに耳を傾けながらのんびり湯浴みができる温泉。少し硫黄のにおいがするが、それは名湯の証拠。無色透明でつるつるなお湯は、血行を良くし、美容にもいいのだとか。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 …せっかく来たので、一ッ風呂といきたいところでしたが、何とこの日(火曜)は休みでした(汗






 「つるぎの宿 岩戸」(その2)。
 その「つるぎの宿 岩戸」のすぐ近くにはご覧の川のせせらぎが。水が冷たい。結構流れもありますね。


ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

シャクナゲはもう…。

 6月5日(木) 雨後晴れ

 今日も前線の影響で、午前中は雨の天気となったが、午後からは次第に晴れ間が広がった。風は南東の風がやや強く吹いた。

 さて、お伝えしている、さて、お伝えしている、先週のオフ(5月30日)に行ってきた、佐那河内村の散策のことの続きを。
 大川原高原を後に、山道を少し戻った所にある、徳円寺を目指しました。以前も訪れたことがありますが、初夏にはシャクナゲが咲くのです。
 徳円寺(その1)。
 入り口にはご覧のカエルの石像があります。駐車場に車を止めて、シャクナゲが咲く、徳円寺の庭園まで歩くこと少々…。道は舗装されていますが、結構傾斜がキツかったです(汗









 

 

 徳円寺(その2)。
 途中、ハナショウブが咲いていました。ハナショウブも、初夏の花ですね。でも、徳円寺と言えば、やはりシャクナゲ。シャクナゲは…?












 

 徳円寺(その3)。
徳円寺
佐那河内村下
…1824年に、徳円上人により開基された徳円寺庭園の自然の岩山を利用して、500本のシャクナゲが群植されている。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 …で、花期は…、「4月下旬〜5月上旬」―。
         「4月下旬〜5月上旬」――。
         「 4月下旬〜5月上旬」―――。
 
 …また来年ですね(うぉい

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

風車群のある高原を…。

 6月3日(火) 曇り

 今日は午前中から雲が広がる、すっきりしない天気に。風は、南東の風が時折強く吹いた。

 さて、お伝えしている、先週のオフ(5月30日)に行ってきた、佐那河内村の散策のことの続きを。
 大川原高原(その1)。
 …アジサイは残念でしたが、その後は大川原高原を少し散策しました。標高900メートルの所に広がる大川原高原は、徳島市内からも小一時間で行けるのです。









 

 

 

 大川原高原(その2)。
 そしてこの風車です。大きいですね。

風車…高原のシンボルともいえる巨大な風車。常時風が吹く地形を活かして建てられた真っ白い羽根が青空に映える。悠々回転する姿は壮観。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 ホント、真近くまで行くことができます。







 

 大川原高原(その3)。
 遠くから見ると、また風情がありますね。














 

 

 大川原高原(その4)。
 もちろん、高原からの景色もよかったです。遠くは淡路島まで見えるようですね。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

アジサイの花期。

 6月1日(日) 晴れ時々曇り

 今日も高気圧に覆われ、大体晴れの天気に。風は最初、北西の風が弱く、後南東の風が弱く吹いた。

 さて、週も変わりましたが、先週のオフ(30日)も例によって県内の散策に行ってきたので、その時のことを少し。
 
 夏日の日が続くこの頃、そろそろ初夏の花も咲く頃だろうと、佐那河内村へ行ってきました。…そう、大川原高原のアジサイですね。
 国道55号線を南へ、途中から国道438号線に入り、道なりに佐那河内村へ。そこから山道に入るのですが、案内板があるので迷うこともありませんでした。
 大川原高原のアジサイ。
 やや平野部の道ばたには、咲き始めのアジサイが散見されましたが、山頂はどうなのでしょう…?

 …で、大きな風車群がある山頂に来てみると…、あれッ!? アジサイは…。








 

 大川原高原のアジサイ。。
大川原高原
佐那河内村上
…7月上旬から下旬にかけて、約3万本のあじさいが咲く。頂上付近ではアワノミツバチバツツジ・アセビなどが群生している。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 7月上旬から下旬にかけて―。

 7月上旬から下旬にかけて――。

 7月上旬から下旬にかけて―――。

 …出直してきます(汗

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アーカイブ
俳句
72c96652.jpg











だんす!

















































  • ライブドアブログ