船員28号の日々

 徳島県鳴門市の鳴門海峡に逆巻く、うず潮を間近に眺める観潮船に乗る、鳴門市在住のある船員の日々を紹介します。

MHF公式ビギナーサイトへ MHF公式メンバーサイトへ

2014年10月

二度目の滝。

 10月31日(金) 曇り時々晴れ

 今日は気圧の谷の影響で、雲の広がり易い天気に。風は、北西の風が時折やや強く、肌寒い一日になった。

 さて、お伝えしている、先週のオフ(20日)に行ってきた、神山町の散策のことの続きを。道の駅と、粟カフェを後に、国道438号線に戻り道なりに西へ。途中、山道に入り道なりへ。山道と言うことで、何となく察した方もいるかもしれませんが、今回は滝、久し振りに雨乞いの滝を目指しました。

 道は所々細くなっていましたが、案内も続いていたので、迷うことなく登り口まで着けました。登り口は休憩所や案内板がありました。立て札によると、ここから雨乞いの滝まで山道を800m程登るようです。そういや、以前も結構疲れたような気がします。
 雨乞いの滝(その1)。
 山道の800mは思ったよりハードでした。それでも道沿いから見える幾つかの滝には癒やされました。








 

 雨乞いの滝(その2)。
 こちらは不動の滝です。この辺りでも十分迫力がありますが、更にスゴいんでしょうね、雨乞いの滝は。










 雨乞いの滝(その3)。
 こちらの立て札には、地獄淵と書かれていますが、その淵がどこを指すのかよく分かりませんでした。
 足場は舗装されてるとは言っても、なかなか堪えます。10月でも汗がにじんできました。その後、歩くこと少々、やや大きい岩が道の両脇に位置された間を抜けて行くと…、







 
 雨乞いの滝(その4)。
 滝です。結構な落差がありますね。こちらが雨乞いの滝…、ではなくて、すぐ隣に目をやると…、











 雨乞いの滝(その5)。
 おぉ!大迫力です。

雨乞いの滝…日本の滝100選に選ばれた徳島で最も有名な滝のひとつ。直線的な雄滝と高さのある雌滝が寄り添う。高さ45メートルの複雑な流れの妙が詩的であり人の心を打つ。その美しさにはグラフィックデザイナー・画家の横尾忠則さんも絶賛したとか。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 何かこう、奥行きがあるというか…。水量も落差もスゴかったです。以前見た時よりスゴい、って何か変ですが、二度見ても感動できるってスゴいですよね。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

神山の魅力が詰まったカフェ。

 10月28日(火) 晴れ時々曇り

 今日は高気圧に覆われ、大体晴れの天気に。風は、北西の風が時折やや強く、肌寒い一日となった。

 さて、週も変わりまして、先週のオフ(20日)のことになりますが、例によって県内の散策に行ってきたので、その時のことを少し。

 今回はやや近場で神山町を散策してきました。近場とは行っても鳴門からだと一時間以上は掛かります。徳島市内から国道438号線に乗り、道なりに佐那河内村そして神山町へ。
 「道の駅 温泉の里神山」。
 こちらは各市町村、散策の際によく寄る道の駅です。こちら、「道の駅 温泉の里神山」は店先に地元の野菜が多く置かれているのが特徴的です。

 そして、今回紹介するスポットは、その道の駅から少し手前に戻った所にあるようです。今回は少しオーバーランしてしまいました(汗







 栗カフェ(その1)。
 戻ること少々…、ってか、道の駅からだと徒歩でもすぐの距離にあります。こちらは、粟カフェです。こちらの、古代米キーマカレーが本(「あそぶんじゃ!」)にも載せられているのですが…。時間的にまだやってませんでした…。










 栗カフェ(その2)。
 神山の特産品や観光情報もあったりで、単にカフェに留まらない所がスゴいですよね。しかも、外観もオシャレですし。
 また神山に来た際は寄ってみたいところです。ちなみに営業時間は、11時頃〜夕方まで、らしいです。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

ついに東の古墳を…。

 10月26日(日) 晴れ後曇り

 今日は午前中は晴れ間が広がっていたが、午後からは雲が広がり易い天気に。風は、南東の風が時折やや強く吹いた。

 さて、お伝えしている先週のオフ(17日)に行ってきた阿波市は阿波町の散策のことの続きを。野上の大センダン、岩津の吊り橋を見た後は、そこから少し西に行った所にある某所へ。
 北岡の古墳(その1)。
 吊り橋の近くの空き地に車を止めて徒歩で行ったのですが、以前一度来たこともあって、割りと安易に見つけることができました。こちらは、北岡の古墳です。

北岡の古墳…古墳のある一帯は各所に新旧石器が多数分布し原始時代の人々の生活の舞台となった所。7世紀以前の古墳で、三味線式玄室をもち、天井石は持送り、奥壁には大きな鏡石を使い、内部には十一面観音が祀られている。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)




 
 
 北岡の古墳(その2)。
 石室の中にも入ることができます。今回ももちろん中に入りました。ひんやりとして、神秘的な雰囲気でした。
 それからもう一つ、先程の古墳前の案内板にもありましたが、こちらは西の北岡の古墳でして、もう一カ所、東にも古墳があるのです。実は、以前来た時は見つけられませんでした。今回は…、徒歩だし、もうちょっと粘ってみることに。小高い丘のような場所を探して、東に東に…。






 北岡の古墳(その3)。
 とある小高い丘の上に、古い公民館?のような建物があったので行ってみると、そのすぐ隣にありました。偶然でしたが、ちょっと嬉しかったです。…が、茂みが…。石室はよく分かりませんでした。
 とりあえず、いつかのリベンジですね(笑






 

 藤本とうふ店。
 それともう一カ所、再び岩津の吊り橋の所へ歩いて帰る時に見つけたのですが、こちらは、藤本とうふ店です。こちらの豆腐が絶品だと本に紹介されていたのですが、生物、しかも豆腐だと持って帰るには…、でスルーしました。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

力強い吊り橋。

 10月23日(木) 曇り後晴れ

 今日も午前中は少し雲が出ていたが、次第に晴れ間が広がった。風は、北西の風が時折やや強く、少し肌寒い一日に。

 さて、お伝えしている、先週のオフ(17日)に行ってきた阿波市は阿波町の散策のことの続きを。
 力持ちの…、もとい、力持ちっぽい大センダンを見た後は、再び県道12号線を道なりに西へ。しばらく走ると、遠くからでもはっきりと見える大きな吊り橋が見えてきます。
 岩津の吊り橋(その1)。
 それがこちら、岩津の吊り橋です。県道12号線、そしてその南を走る国道192号線からも見ることができますが、こうして間近に見るのは久し振りです。

岩津の吊り橋…阿波市岩津と吉野川市船戸を結ぶ吊り橋は、橋長175メートルの美しい片つり斜張橋。高さ55mの巨大な主塔が目立っている。夜間にはライトアップも。岩津の吊り橋の東には、岩雲花香翁の歌碑がある。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 大きくて力強い吊り橋って感じです。ライトアップもされているんですね。夜はここまで来ないので知りませんでした。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

力持ちの大センダン。

 10月20日(月) 曇り時々雨

 今日は午前中から雲が広がり、時折雨の降る天気に。風は、南東の風が時折やや強く吹いた。

 さて、週も変わりましたが、先週のオフ(17日)も例によって県内の散策に行ってきたのでその時のことを少し。
 
 今回は阿波市は阿波町まで行ってきました。…実はその阿波町に行く前に、阿波市市場町で前回不発だったコスモスを見に行ったのですが…、今回も不発でした(汗 やはり、今年は11月頃になるのでしょうか…。

 …で、今回の阿波市阿波町の散策ですが、先ず行ってきたのは、とある小学校の近くにあるスポット。
 野上の大センダン(その1)。
 案内板は出ていない感じでしたが、ナビでその小学校を入れたら近くまで行けますし、県道から少し中に入ると、遠くからも見て分かりました。

野上の大センダン…日本で第2に古い株センダンで、樹齢は400年余りと推定される。樹高約9メートル、樹冠は、東西14.6メートル、南北15.2メートル、幹周り約9メートル。老樹の風格があり、まれにみる名木。国の天然記念物。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)



 

 野上の大センダン(その2)。
 見るからに樹齢が高そうな感じですよね。そして何か、力持ち、って感じがします。何かよく分かりませんが、そんな感じです(うぉい

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

近場鳴門のコスモス。

 10月18日(土) 晴れ時々曇り

 今日も高気圧に覆われ、大体晴れの天気に。風は、北西の風が時折やや強く、少し肌寒い一日に。

 さて、お伝えしている先週のオフ(9日)に行ってきた、散策のことの続きを。阿波市市場町のコスモス街道は残念でしたが、もう一カ所、コスモス繋がりで、とあるスポットへ行ってきました。そのスポットは意外にも地元鳴門市鳴門町にあります。
 鳴門ウチノ海総合公園(その1)。
 それがこちら、鳴門ウチノ海総合公園です。地元民の間では“ウチ公”の愛称で親しまれていますよね?(いや訊かれても…

鳴門ウチノ海総合公園…公園内にずらり可愛い花が並んでいる。きれいに整備されているのでおしとやかな花々を眺めながらお散歩を。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 花期は10月〜11月と言うことで、これはきっと紫の濃淡のある花々が咲いて…、




 鳴門ウチノ海総合公園(その2)。
いませんでした(汗

 時期が早かったのでしょうか。文章から察するに、一カ所だけじゃなくてあちこち点在している感じなので、まだ咲いていないのが実状でしょうか…。
 …にしても広い。これだけ広大な芝生広場があるとは…。他にも遊具やスポーツ施設もあったりの総合公園になってます。
 近いし、また花期に来ようかなとも思います。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

境目にある激安餃子。

 10月15日(水) 晴れ時々曇り

 今日は高気圧に覆われ、よく晴れた。風は北西の風が時折やや強く、少し肌寒い一日になった。

 さて、お伝えしている先週のオフ(9日)に行ってきた、阿波市市場町の散策のことの続きを。
 県道2号線沿いに見えるであろう、コスモス畑を期待して行ったのですが、時期が早かったのか今回は不発でした。その後、県道2号線を少し引き返すと、とあるのぼりが見えてきました。
 松尾餃子店(その1)。
 “餃子”と書かれていますね。この辺りは、香川県との県境、山越えコースとなっていて、住宅もちらほらと言ったところなんですが、その中でこののぼりは目立ちますね。







 


 松尾餃子店(その2)。
 そののぼりが示すお店がこちら。松尾餃子店です。

松尾餃子店…驚くほどあっさりしているギョーザは14個で300円の破格プライス!具にはニラやキャベツ、白菜・玉ねぎなどたっぷりで食感を楽しんでもらうためにあえて大きめにカット。豚と鶏を調合したミンチは味に厚みがあると評判だ。春夏にはにらギョーザ300円がメニューに出ることも。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

本(「あそぶんじゃ!」)によると、1000円もあれば42個も食べられる激安餃子で、とても美味しそうな写真が載せられていたのですが…、勇気がなくてスルーしました(うぉい

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

秋桜を求めて…。

 10月13日(月) 暴風雨

 今日は台風19号接近の影響で、午前中から雨風共に強く、大荒れの天気に。風は南東の風が激しく吹いた。

 さて、週も変わりまして、先週のオフ(9日)も例によって県内の散策に行ってきました。今回は季節の花を見に…、この時期はコスモスですね。本(「あそぶんじゃ!」)によると、阿波市は市場町の県道2号線沿いに2キロに渡ってコスモス畑が続いているようです。これはテンション上がりますね。

 阿波市市場町までは、県道12号線を西へ、途中県道2号線に入り、ひたすら道なりに。道沿いに目をやるとコスモス畑が…、広がっていなかった!(えッ!?
 境のイチョウ(その2)。
 何もないまま気がつくと、香川県との県境にまで来ていました。途中、イベント(?)を告知するようなのぼりもなかったし、これは…?
 本によると、開催時期(花期?)は10月下旬〜11月下旬のようなので、ちょっと早かったのでしょうか。まだまだ台風も来る今年は例年より暖かいのかも知れません。







 

 境のイチョウ(その1)。
 それはそうと、県道2号線、阿波市市場町と香川県東かがわ市との県境と言えば、境目のイチョウがありますよね。以前紹介したのはもう三年前になるのですね…。ちなみに、境目のイチョウは、新本(「あそぶんじゃ!」)には収録されていないようです。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

鳴きの太鼓橋がある神社へ。

 10月10日(金) 晴れ時々曇り

 今日も高気圧に覆われ、大体晴れの天気に。風は、北西の風が時折やや強く、少し肌寒い一日になった。

 さて、お伝えしている、先週のオフ(9月30日)に行ってきた吉野川市は鴨島町の散策のことの続きを。「農産物直売所 菜っちゃん」でイチゴジャム(美味しい)を買い、向麻山公園を見た後は、もう一カ所、懐かしいスポットを。
 西麻植八幡神社(その1)。
 国道192号線を西へ、西麻植小とガソリンスタンドの辺りの道に入り少し。
 こちらは、西麻植八幡神社です。石段を登る形で参道が続いています。今回の散策はちょっとした運動になりますね(笑





 

 

 西麻植八幡神社(その2)。
西麻植八幡神社…参道の入口に石造の太鼓橋があり、参道わきには、備前焼の狛犬が鎮座している。太鼓橋の上でゲタを鳴らすと、「キャンキャン」と狛犬が鳴いているように聞こえ、「鳴き狛犬」として有名である。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)








 西麻植八幡神社(その3)。
 こちらがその「鳴き狛犬」の太鼓橋ですね。脇には下駄がおかれています。ここは…、下駄を借りずにそのまま太鼓橋を渡ってみました。多分、下駄じゃないと音はしないだろうな…、と思いましたが、ちょっと遠くで響く形で、キャンキャンって。ちょっと感動でした。








 西麻植八幡神社(その4)。
 更に石段を登ると、拝殿が見えてきました。今回も参拝をして、西麻植八幡神社を後にしました。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

久し振りに小山の上の公園へ。

 10月7日(火) 晴れ時々曇り

 今日は高気圧に覆われ、台風一過の晴天となった。風は北西の風が時折強く、少し肌寒い一日になった。

 さて、週も変わり、先週のオフ(9月30日)も例によって県内の散策に行ってきたので、その時のことを少し。
 今回は所用…と言うか私用も兼ねまして吉野川市鴨島町へ。その所用と言うのが、イチゴジャムを買うことでして…(笑 実はボク、朝食はトーストにバターを乗せて焼いて食べていまして…、それを散策で寄ったお店(農産物直売所 菜っちゃん)で買ったイチゴジャムを買って、トーストに塗って食べてみたところ、こ、これは…、おいしい!ってことで、ちょうどジャムもなくなったことだし、鴨島町行こうか、と(笑

 所用を済ませた後は、散策へ。久し振りに向麻山公園へ。案内板が出ていましたが、思いの外、道が狭かったです(汗
 向麻山公園(その1)。
 狭い道を抜けた先は、ご覧の鳥居が。こちらの神社の隣に向麻山公園はあります。










 

 向麻山公園(その2)。
向麻山公園…大型遊具ビッグチャレンジャーやテニスコートを持つ公園。標高約92mの山からは吉野川市周辺を眺望できるので、ゆっくり散歩して小山を一周し、自然を満喫しよう。頂上からは夜景も見えるよ。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)







 
 
 向麻山公園(その3)。
 こちらが本(「あそぶんじゃ!」)にも載っている写真の場所です。何かスタンプラリー的な感覚ですね(笑

 それから、向麻山公園には遊歩道もあり、ちょっとした山歩きができます。この坂道の上り下りは結構健康にいいですね。ボクも最近、ダイエットの為に、夕方に裏山の坂を上り下りしています。まぁ、あんまり効果ありませんけどね(涙

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

久し振りにあの劇場に。

 10月5日(日) 雨時々曇り

 台風18号接近の為、午前中から雨風強く、大荒れの天気に。

 さて、お伝えしている、先週のオフ(9月24日)に行ってきた、美馬市は脇町の散策のことの続きを。祝日の翌日と言うことで、脇町図書館には入れませんでしたが、そのまま、うだつの町並みを抜けていく形でこちらのスポットへ。
 オデオン座。
 映画「虹をつかむ男」の舞台にもなった、オデオン座です。

脇町劇場オデオン座…昭和9年に創建された当時は、回り舞台の付いた芝居兼映画用の劇場だった。その後は映画館として利用され一旦閉館されたものの、山田洋次映画監督「虹をつかむ男」への登場を機に、レトロ感を残したまま復活した。(「月刊タウン情報トクシマ特別号 徳島あそぶんじゃ」)

 今回は、久し振りに中に入ってみることに。入場料200円を払い中へ。久し振りに、と書きましたが、以前、中を見学したことがあります。今回もその時と変わらない劇場の風景がありました。少し変わっていたのは、オデオン座で行われる催し物のチラシでしょうか。そう、こちらオデオン座では、定期的に音楽イベント等が行われているようです。ボクの知っているアーティストも出演していたり…。このキャパでライブ…、イイですね。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ

古民家から古い町並みへ。

 10日3日(金) 雨後曇り

 今日は午前中は雲が広がり雨の降る天気に。風は最初南東の風がやや強く、後北西の風がやや強く吹いた。

 さて、お伝えしている、先週のオフ(9月24日)に行ってきた、美馬市は脇町の散策のことの続きを。小高い丘の上にある、最明寺に初秋に咲く、萩の花を見た後は、お寺のすぐ近くにあるこちらのスポットへ。
 旧長岡家住宅。
 こちらの古民家は、旧長岡家住宅です。以前紹介したこともあるので、今回は説明を省きますが、260年以上前に建築された、山村農家の代表的建築物のようです。中にも入ることができます。当時の雰囲気を味わうことができるので、一見の価値ありですね。






 

 うだつの町並み。
 再び、車に戻り、最寄りの道の駅まで行き、その駐車場に車を止めて、徒歩でこちらへ。お馴染み、うだつの町並みですね。何度も通ったことがある、この町並みですが、雰囲気がありますね。この日はちょっと町並みの中にある、脇町図書館に入ろうと思ったのですが、この日は祝日の翌日と言うことで閉館でした…。
 その後は、もう一カ所、懐かしいスポットを訪れたのですが、続きは次回で。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アーカイブ
俳句
72c96652.jpg











だんす!

















































  • ライブドアブログ