12月9日(水) 曇り

 今日は午前中から雲が広がり易い天気に。風は北西の風がやや強く、寒さの厳しい一日となった。

 さて、お伝えしている勝浦町立川の散策記、いよいよ当初の目的だった恐竜の里を見てきた時のことを。
 曲がりくねり、時折狭くなった山道を行くことしばらく、山とは反対側、つまり渓谷側に恐竜の里を思わせるようなオブジェが見えてきました。恐らく、…ってか、ここに違いないですね。のぼりも立っていたし。…しかし、駐車場が…。道路は少し広くなっていたのですが、ここに止めるのは…。…で少し上った所にスペースがあったのでそこに止めました。
 恐竜大権現。
 …で、道を引き返す形となりましたが、先ず最初に見えてきたのはこちらの祠。“恐竜大権現”と書かれています。スゴい、恐竜の神様ですね。ちゃんとお参りしてから散策をしました。





 

 恐竜の里(その1)。
 そしてこちらは、恐竜の中ではお馴染みのステゴザウルスですね。背中のファンネル状(?)の物は体温調節をするためにある、…だったかな、何か記憶が…(汗
 しかし、かなり精巧に作られていて…、カッコイイですよね。







 恐竜の里(その2)。
恐竜の里…四国初となる恐竜の歯の化石(イグアノドン)が発見された勝浦町立川。ここにイグアノドンやティラノサウルスの像が設置されている。恐竜をテーマにした不思議なスポット。(「月刊タウン情報トクシマ増刊号 休日計画1000」)

 …で、こちらの恐竜の像は…、イグアノドン!? 他にそれらしき像がなかったので、多分そうでしょうね。四国初か…、スゴいなぁ。




 恐竜の里(その3)。
 それからこちらは、手水舎になるんでしょうか。参拝後になってしまいましたが…。“今日流水”と書かれています。なるほど、今日の新鮮なお水ってことですね。……ん!? キョウのリュウスイ、キョウリュウスイ、恐竜水!…ハッ!!

 …と、今回は紅葉ネタもそこそこに、勝浦町の散策記となりました。来週は…、そろそろ紅葉も終わりかなぁ…、と言うことで、またいつも通りの散策ネタになりそうです。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ