4月22日(火) 曇り

 今日も、気圧の谷の影響で、午前中から雲が広がる天気に。風は、北西の風が時折やや強く、肌寒い一日になった。

 さて、お伝えしている、先週のオフ(16日)に行ってきた県内の散策のことの続きを。神山町は上分江田区の棚田に広がる菜の花を見た後は、神山町でもう一カ所春の花を見てきたのですが、その後、徳島市に戻り、ある所で春の花を見てきたので、先にその時のことを。

 その花と言うのは、ハナミズキです。“そぉ〜らを押しあ〜げて〜 手を伸ばす君 五月のこと〜”と、一青窈さんの歌う「ハナミズキ」が真っ先に頭に浮かびますが、ハナミズキってどんな花でしたっけ…? “薄紅色の〜”花なのでしょうか…?

 …と、その前に、なぜハナミズキなのかと言いますと、少し前の徳島新聞(14日)の朝刊の一面に、「ハナミズキ、しっとり、徳島で見頃」なる記事を見つけまして…、これはタイムリーなネタやし、ってことで。
 場所は、徳島市南常三島町2の大岡川沿い、とありますが、大岡川沿い? ちょっと分からなかったのですが、ナビをいじっていると、どうやら、我が母校、徳島大学の辺りであることが分かりました。あの辺りって、徳島市南常三島町2なんですね(うぉい
ハナミズキ。
 …で、車を某所に止め、歩くこと少々、多分この辺りかな的な所で、ハナミズキらしき花が咲く木を発見。歩道に植樹されている木ってことなんでしょうか…。徳島新聞の写真の場所かどうかは分かりませんが…。








 

 ハナミズキ。。
 ハナミズキの花は、薄紅色と勝手に想像していたのですが、白っぽい花びらに、紫のポイントがある感じの…、派手さはないけど、春っぽい感じの花でした。

ランキングに参加しています。よろしければ、クリック、お願いします!→クリック!
にほんブログ村 日記ブログへ