3月15日(火) 晴れ時々曇り

 今日は高気圧に覆われ、大体晴れの天気に。風は、北西の風が時折強く吹き、寒い一日になった。

 さて、お伝えしている先週のオフ(9日)に友人I氏と言ってきた、京都旅行…、ではなくて、福井旅行のことを。

 9日は朝6時起きで、7時過ぎの快速電車で福井に向かいました。かなり早いスタートですが、福井駅に着いたのは午前9時頃でした。
 福井駅。
 福井と言えば…、恐竜博物館らしいですね。世界三大恐竜博物館らしいです。I氏も、これは船員28号に見て欲しい…、とのことだったのですが。

 なんと、第二、第四水曜休みらしいです。この日は…、アウト。ちゃんと駅に、本日休館日とありました。ショックは大きいですが、現地で知らされなくてまだよかったです。

 …で、第二候補と言うか、午後から行くはずだった永平寺へ行くこととなりました。



 

 永平寺(その1)。
 直通のバスに乗ること30分程で、永平寺です。

 永平寺って知ってる?と、I氏。う〜ん、名前ぐらいは…、知ってたかなぁ…?と、ボク。う〜ん、勉強不足です。

 永平寺は、道元が開いたお寺のようです。道元…、曹洞宗ですよね。それ以外は余り知りませんが(うぉい




 

 永平寺(その2)。
 I氏、曰く、永平寺はとにかく広い。二時間近くは見といた方がいいとのことでした。そして、雨。この日は雨でしたが、これも雰囲気があっていい、らしいです。
 I氏は、永平寺に来るのは二度目らしいですが、やはりいいお寺のようです。京都好きのI氏なので、お寺は結構知ってそうなのですが、それでも永平寺は別格とのこと。それも、その中に入ると分かりましたが、修行僧の聖地とでも言いましょうか。登竜門?何かそんな感じらしいです。





 
 永平寺(その3)。
 山門・仏殿・法堂・僧堂・大庫院・浴室・東司などの 修行の中心となる七堂伽藍があります。









 

 永平寺(その4)。
 山門…、写真のどれか忘れましたが(うぉい)、結構な大きさでした。そして、山門からは中に入れないそうです。物理的にではなくて、そういう戒律と言うのでしょうか。歴代の貫主様は入れるそうです。それと、修行僧がここに立ち、ここから入門して、そして修行が終わると、ここから出て行くそうです。深いですね。









 永平寺(その5)。
 結構見て回ると、一時間以上は軽く過ぎましたね。










 

 永平寺(その7)。
 外に出て、直ぐ横を流れる滝を見ました。周りの自然とマッチして神秘的でした。最初に書きませんでしたが、ここ永平寺は結構山の中にあるので、周りは自然に囲まれているのです。

 …と、結構内容のある永平寺散策でしたが、その後は、バスで福井駅に戻りました。続きはまた次回で。