【試してよかった】
もっと早く導入するべきでした。
握力の限界を感じ、良くないと思いながらもタイヤレバー3本を駆使して、
顔を真っ赤に格闘すること延べ2時間。
それで効果が実感できなければダメダメですよね。
走ってみましたよ。ガレガレの山を。
すばらしい!
走行後、何事もなかったかのような感覚がそれを裏付けております。
チューブドでは神経質だったライントレースが楽に決まるからそれだけで違ってきます。
低圧にすることで、車体を跳ね上げる上下動がマイルドになり、
ロスしていた推進力も使えるようになった。
いまのところいいことしか見えてませんが。
前を行く地元のライダーは、この日Tubeless Readyのスローパンクに悩まされておった。
外でエアが抜けたら、チューブを突っ込むにせよ、素手で嵌められるか自身はありません。
できたとしても、シーラントが砂を拾ったり、握力にダメージが出てその後の走行がグダグダになること必至!
機材編2


【でも戻れません】
そうゆう、不安材料を差し引いて、なお余りある恩恵があると本日実証いたしました。
もったいないから、前輪はチューブドのままだったりします。
いっぺんに2本失敗してダメにするんがこわかった。
チョーびびりですかね。
機材編1

 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
 

MTB ブログランキングへ