2012年08月

樹脂製ボトルケージの巻

【実践前に試してよかった】
どうも私とは相性がよろしくありません。
OGK KABUTOの樹脂製のもそうでしたし、今回関西に戻ったチャンスにウエムラパーツで安かったGIZA PRODUCTSなる樹脂製のボトルケージも下したてのその日に破損させてしまった。
OGKのやつは、輪行で横からへんな力が加わってボキッと逝き、今回は私のズボラで、POLARのボトルの引手を手前にこじったらボキッと逝ってしまいました。
樹脂製のケージのいい製品は、ゴムのジョイントがついていることが多く、そのため柔軟性をもっていて折れることはないのだが、
樹脂100%のやつはまっすぐに引き上げなければ簡単に折れちゃうんだね。
ダウンチューブの黒いほうが折れてしまってます。
機材編

【伝統の金属へ】
振動でボトルが脱落するリスクは多少あるものの、金属製のケージに戻すこととしよう。
ミノウラの5.5mmオーバーサイズなら、脱落のリスクも最少だと思われる。
機能を突き詰めていくと強度や材料などにそれなりに理由があることが解ります。
こんな小物一つも実戦を想定すると奥が深い。

みなさんの使っているボトルとボトルゲージについて、教えてもらえるとうれしいです。


 
 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

Hutchinson Toro XC Tubeless Ready その2

【試してよかった】
もっと早く導入するべきでした。
握力の限界を感じ、良くないと思いながらもタイヤレバー3本を駆使して、
顔を真っ赤に格闘すること延べ2時間。
それで効果が実感できなければダメダメですよね。
走ってみましたよ。ガレガレの山を。
すばらしい!
走行後、何事もなかったかのような感覚がそれを裏付けております。
チューブドでは神経質だったライントレースが楽に決まるからそれだけで違ってきます。
低圧にすることで、車体を跳ね上げる上下動がマイルドになり、
ロスしていた推進力も使えるようになった。
いまのところいいことしか見えてませんが。
前を行く地元のライダーは、この日Tubeless Readyのスローパンクに悩まされておった。
外でエアが抜けたら、チューブを突っ込むにせよ、素手で嵌められるか自身はありません。
できたとしても、シーラントが砂を拾ったり、握力にダメージが出てその後の走行がグダグダになること必至!
機材編2


【でも戻れません】
そうゆう、不安材料を差し引いて、なお余りある恩恵があると本日実証いたしました。
もったいないから、前輪はチューブドのままだったりします。
いっぺんに2本失敗してダメにするんがこわかった。
チョーびびりですかね。
機材編1

 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
 

MTB ブログランキングへ

MARIN REDWOODS 1995 その2

もともと35Cのオフロード兼用タイヤを履かせたクロスバイクとして生まれました。
したがって以下のような特徴を持つ。
【強いフロントフォーク】
フロントフォークは強靭そのもので、強さは安心感となり吉
当然しなりを伴う仕事は一切無しですけど。

【長いチェーンステイ】
ハイトのあるタイヤ装着を前提にしたディメンションから、異常に長いチェーンステイを持っている。
で、どうなるかっていうと。ガシガシ鬼こぎするとたわんで、自動変速したりします。
コーナーはおっとりと、どっしりと回ってくれます。

【古めかしさ】
ヘッド回りが昔ながらの規格だったりしますけど、オーソドックスなクロモリなだけあって
旧規格でも十分なバランスをたもっておる。
フラットバーですから下りでハンドルを握りこんだガチのコーナリングなんてできません。
それよりも身体を脚腰に預けたどっしりコーナリングが得意なのだ。

【育ちのよさ】
タンゲのTRIPLE BATTED を使用したフレームはねばりのあるバネ感があり
この自転車の性格のよさはここから来ていると思わせるものがある。
大人なのだけど、愛嬌があるという感覚で女性的であるとよく思う。
キャラが立っていることも長く愛情が続く理由だといえるのでしょう。
アリなんです。
DSCN0514
 
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

Hutchinson Toro XC Tubeless Ready

Hutchinson Toro XC tubeless ready

王滝に向けてタイヤと空気圧が極めて重要だと再認識した結果。
Stans No Tube スタンダードキットを利用して、チューブレス化に着手してます。
最初から難儀するであろう事は覚悟しておりましたが、そのとおり。
まず、タイヤを嵌めるのに顔が真っ赤になるほど握力を要します。
しかも、いったん嵌めて再び片側外し、シーラントを投入してから、
それをこぼさずに、再び嵌める。
ああーなんと手数のかかることよ。

【握力売り切れ】
脚が売り切れるのはよくあることですけど(汗)
一昨日はいったん嵌めるところまでで握力が売り切れました。
昨晩はタイヤを掴む気になれず、今晩再度→片側外し→シーラント注入→注意深く嵌めなおし。
の気長な作業となりそうです。

【海外通販の宿命】
なんでも自分でやりたい性が裏目にでる瞬間です。
画像 330

どなたか、No Tube を No Stressで嵌めることができる魔法のテクニックがあったら教えてください。
ガッツしかない? (真っ赤) 

【一晩手を休めて再びトライだぜ】
手のひらが、まともな感覚に戻りましたのでシーラント液を投入します。
そうするためには、やっとの思いで嵌めたタイヤを外します。
タイヤのリム側アタリ面にキズをつけずに成功できるか、テンパッた状況も予想できます。
いざ!

 タイヤレバー3本を駆使して30分、片側外れました。
あーしんど!
シーラントを注ぎいれ、こぼさないように、慎重に。
おっと忘れてはいけません、石鹸水でリムアタリを滑らせないと、タイヤが偏心して結局は最初からやり直すことに。
あわがぶくぶくでてきますが、ここで怯んではだめー!
画像 332

シーラントが回るよう、ゆるゆると回転させてじっと我慢するのです。
明日の朝、空気がすっかり抜けていなければ、まずまずの出来ということに。
今は祈るのみです。
Let it be Done!
画像 334
 



にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

Hutchinson Toro XC Folding その4

【古いMTB感覚】
現代のMTBタイヤが完全にチューブレスへ移行していることに改めて気づかされました。
ハイスピードなダブルトラック、ガレガレの道を走って確信しました。
いまやタイヤのノブで食いつかせる時代はとうに過ぎ、空気圧を下げて面でとらえていくのが理に適っています。
エアーボリュームも重量との兼ね合いのところまで上げたほうがいい。
重量のハンデと空気抵抗以外に、細いタイヤのアドバンテージは無い。
ガレ場のタイトなラインでは、狙ったラインに乗せ続けることがとても重要になってくる。
そのためのグリップなのだ。

【クリンチャーの良きところ】
タイヤ交換のとき現場で手がべたべたにならないことぐらいか。
リム打ちパンクを警戒して空気圧を上げざるを得ず、しかしリム打ちパンクの正体はスピードなのだから
遅く走れば防げるけども、これではスポーツ走行というレベルまで質が上がりません。
これは一刻も早くチューブレスにしましょう。

【手組みにこだわって】
ホイールを手組みに拘ったので、チューブレスキットの存在は頭の片隅にあったものの、
なんか亜流のような気がしていましたが
Stans No Tube をCRでクリック、ついでに前後異サイズのToroを太いサイズに統一、2.15にしましょう。
チューブレス化の作業が今から楽しみなのだ。
写真 (4)


 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
プロフィール

motodasilva

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ