2010年08月

2010年08月30日

失われた1年

林幹人です。昨年の政権交代から今日でちょうど1年が経ちました。国民の思いは、期待から不安、そして怒りへと変わり、ついに絶望に変わろうとしています。多くの国民が記録的な猛暑により、熱中症などで命を落とし、歴史的な水準にまで到達した円高と株安は日本経済に大きな打撃を与えているなか、民主党を中心とする政府は代表選挙に掛かり切りです。

民主党に政権担当能力が無いことはとっくに分かっていましたが、まさかここまで危機管理の感覚が欠落し、脳天気な集団だとは思いませんでした。明後日告示の民主党代表選挙、小沢氏の立候補表明には耳を疑いましたが、菅総理支持から一転して小沢氏支持へと翻った鳩山前総理にも驚きました。また、昨年の総選挙で「しがらみのない政治」をスローガンに当選した民主党議員が、小沢氏に恩返しなどと発言するのは、悪い夢でも見ているようです。

共同通信の世論調査で菅総理優位が報じられましたが、そもそも菅さんか小沢さんの二択という時点で終わっています。国難とも言うべき未曾有の経済危機を尻目に、一期生議員を集め保身に精を出す菅総理と、検察審査会で刑事責任の有無が検討されている小沢一郎氏。いったいどちらを選べというのでしょうか。

第三の候補が出てしかるべきだと思いますが、西岡武夫参院議長は「菅総理が続投を表明した以上、対抗馬は離党の覚悟が必要」と新たな候補者が名乗りをあげるのを牽制したようです。挙党体制を築くことが発言の趣旨らしいのですが、正直「この人はいったい何を言っているのだろう」というのが私の感想です。我こそはと思うものが立ち上がり、自身の掲げる政策と熱い思いを代表選でぶつけあい、勝負がついたら皆で一丸となって新代表を支える。これがあるべき挙党態勢ではないでしょうか。

沈みゆく日本丸を歯を食いしばって支える姿が新総理にあるのなら、党は違っても私はエールを贈りたいと思います。しかしこれまで同様、政府不在の空白期間が続くようなら、一日も早くこれを打倒しなければなりません。私も一人の自民党議員として、その気概をもって日々活動してまいります。



motohito884 at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い 

2010年08月26日

5度目の一般質問

林もとひとです。明日から9月議会が始まります。その名の通り本来なら当然9月にスタートするのですが、今年は千葉国体が開催されるため、日程が前倒しになったという訳です。

まだ確定ではありませんが、私の質問日時は9月10日(金)午後2時頃からになりそうです。平日の昼ということで、皆さんなかなか予定をあけるのは難しいかと思いますが、傍聴も出来ますので希望される方はご一報下さい。

さて、今回の質問は以下の4項目を予定しています。

1.成田空港について
増大する国際航空需要に対応するには、成田空港を強化することが最も現実的です。発着回数30万回に向けての県の取り組みを質します。

2.カジノについて
森田知事が外国人向けのカジノ構想を発表しました。成田での実現の可能性と、乗り越えるべき課題を探ります。カジノについての私の思いは7月の月刊コラムをご覧下さい。

3.農業の担い手支援について
新しく農業を始める人の十倍以上の方たちが、毎年農業を辞めています。食料自給率や食の安全確保のためにも、早い段階での対策が必要です。

4.医療観光(メディカルツーリズム)について
日本の高度な医療は外国人にとって大きな魅力です。先進技術を投入した人間ドックで健康診断し、夜はゆっくり温泉に浸かるなど、医療と観光の相乗効果は計り知れない可能性を秘めています。

持ち時間の30分をフルに活かして、内容の濃い質問を展開するべく現在準備を進めています。質問の様子はインターネットでライブ中継もされますので、お時間のある方は是非コチラから御覧ください。

motohito884 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | 意見・思い

2010年08月23日

成高ナインに感動!そしてブラバンに感激!

林幹人です。夏の高校野球が、沖縄の興南高校による春夏連覇で幕をおろしました。我が成田高校は準決勝で惜しくも神奈川代表、東海大相模に7-11で敗れ、夢の全国制覇には届きませんでした。試合は2転3転、4回に5番高橋くんによるセンターバックスクリーンへの豪快なホームランで6-3とリードし「これは行けるか?」と思いましたが、後半は相手の打線がつながり逆転を許しました。

最後まで投げ抜いた中川くんはじめ、選手はみんな本当によくやってくれました。この日も凄まじい暑さで、グラウンド上は40度にも達することもあったそうです。私は三塁側アルプススタンドの隣で応援していましたが、座っているだけでダラダラと汗が滴ります。この猛暑の中、全身全霊をかけて頑張る選手たちからは、本当に勇気と感動をもらいました。

IMG_0088-sIMG_0089-s
あっぱれ!よくやった!     応援疲れでグッタリ


そして私の隣にも全身全霊をかけて頑張る若者たちがいました。70名のブラスバンドと46名の応援委員会で構成される応援団です。テレビで見るそれとはケタ違いのド迫力!工夫を凝らしたプログラムと見事な演奏、そして応援団の気合の入った声とメガホンの打撃!応援が始まると一瞬で三塁側に一体感が生まれます。彼らもまた、この晴れ舞台に向けて猛烈な練習を積んできたのでしょう。ただただ、感激です。

あまりの素晴らしさに、動画に収めてこなかったことを猛烈に後悔しましたが、調べてみると、ありました!エライ人がいるもんです。YouTubeにしっかりアップされています。以下に成高ナインの打順と共に、動画を貼っておきます。成高のみんな、素晴らしい夏をありがとう!!

1番 大木くん:ビークル


2番 岡くん:恋のダイヤル6700


3番 金子くん:宇宙戦艦ヤマト


4番 近藤くん:夏祭り


5番 高橋くん:サウスポー


6番 木村くん:狙い撃ち


7番 勝田くん:ルパン三世のテーマ


8番 安隨くん:じょいふる


9番 中川くん:コパカバーナ




motohito884 at 01:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 活動報告

2010年08月19日

成田

林もとひとです。白熱の高校野球、成田高校は見事4強入りを果たしました。ノーシードから甲子園の切符を手にし、大きな期待を背負って戦う成高ナイン。その雄姿に釘付けで、ここのところ仕事が手に付かないというかたも多いのではないでしょうか。

かく言う私も、負けたら終わり、一発勝負の高校野球に連日ハラハラドキドキしています。全国47都道府県から49の代表校が、深紅の大優勝旗を目指し熱戦を繰り広げる高校野球。代表校を見てみると、名門校から初出場の高校までさまざまで、校名にも特色があります。

一見するとどこの代表か分からない校名が多い中、ひときわ目立つ「成田」。1887年、三池照鳳大僧正によって創設された成田英漢義塾から脈々と受け継がれる伝統を継承し、文武両道の名門校として知られる成田高校が、全国にその名を轟かせています。

実は明日、私も甲子園に応援に行きます。無理矢理日程を調整し、実現しました。チャーター便は一杯で、新幹線での移動となります。現地入りが叶わない皆さんの分も、しっかり応援してきます!千葉県代表成田!我らが成田!目指す頂点まであと2勝!みんなで応援しましょう!

motohito884 at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 地元PR | 意見・思い

2010年08月16日

もとひと流テレビ鑑賞法

※HPの「月間コラム」を更新しました。

林幹人です。唐突ですが、私は基本的にテレビは「見ない派」です。時間の無駄だと思うからです。特に見たい番組があるわけでもないのに、家に帰るととりあえずテレビをつける→特に見るつもりはなかったのに気がつくと何時間も見てしまった→しかし翌日何を見たかほとんど覚えていない。・・・というパターンにハマっている方が多いのではないでしょうか。何を見たのか分からないものを見るなら、映画(DVD)を一本鑑賞したほうがよほどプラスになると思います。

テレビを全否定するつもりはありません。私自身、学生時代は上記のパターンを繰り返していましたし、そもそも何かを得るためにテレビを見ていた訳ではなく、単なる気分転換のようなものだったと思います。また、ニュースや一部の情報番組などは、日々の暮らしに十分役立てることが出来る内容のものも多くあります。

要は「テレビとの付き合い方」を工夫すればいいということです。前置きが長くなりましたが、本題の「もとひと流テレビ鑑賞法」を説明します。

1.興味のある番組を録画する

2.コマーシャルをカットし、倍速(1.5倍速)再生で見る

以上です。

なーんだとお思いかもしれませんが、実践すればすぐに効果を実感いただけるはずです。少々補足しますと、1についてはハードディスクレコーダー(以下HDDレコーダー)推奨です。大量に録画できますし、それを後から一覧するのが非常に楽で、頭出しも一発だからです。ビデオデッキではこうは行きませんので少々厳しいでしょう。とはいえ、最近の薄型テレビには最初からHDDレコーダー機能が付いているものも多いですし、ブルーレイやDVDレコーダーにもたいていHDDが内蔵されています。

さて、録画された番組がたまったら、今度は「ふるい」にかけます。つまり、「本当に見たい」番組だけ見るということです。私などはとりあえず録画したものの、「見ずに消す」番組のほうが多いくらいです。不思議なのですが「流れている」番組は惰性で見てしまいますが、「録画した」番組は、本当に見たいものだけ見るようになります。

そして2については言うまでもなく時間短縮が狙いです。1時間番組でもCMやタイトルコールをカット(もしくはスキップ)すると正味45分程度です。コレを倍速再生すれば、20分~30分で見ることが出来ます。最初は聞き取るのに苦労するかもしれませんが、すぐに耳が慣れてしまいます。

このように鑑賞法を工夫すれば、短時間でエッセンスを吸収でき、非常に効率的です。「録画」というのは、放送時間に家にいないなど「見られない」からするものという認識は捨ててください。私は仮にオンタイムで見ることができても、わざわざ「録画」して後で見るようにしています。

という訳で、冒頭にテレビは「見ない派」と書きましたが、「そのまま」では「見ない派」という意味です。あしからず。ちなみに私はテレビ東京系が好きで、ワールドビジネスサテライトやガイアの夜明け、カンブリア宮殿などを見ることが多いです。皆さんも是非お試しください!



motohito884 at 23:31|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 

2010年08月12日

新議員会館

林もとひとです。先日ついに完成した新議員会館を見学してきました。かつて赤坂の議員宿舎が批判されたように、今回も税金のムダ使いなどと批判されていました。

NEC_0112-sNEC_0113-m
外観です。右隣が旧議員会館。  こちらは正面玄関。

私はむしろ「ようやく相応な施設が出来た」という感想を持ちました。旧議員会館は築40年を超え、たったの二部屋で広さは約40㎡ほど。ココに議員はもちろん数名のスタッフや各種資料、コピー機や冷蔵庫まで詰め込まれていたわけです。私も秘書時代に議員会館勤務も経験していますが、事務所があまりに狭いため、説明に来る役所の職員や各種陳情にいらっしゃるお客様が、廊下にまで溢れかえっている光景は幾度となく目にしてきました。

数万人の方々から付託を受けた国会議員が鳥小屋のようなスペースで仕事をするのは、むしろ非効率でそのほうが「ムダ」が多いと思います。「やれ」と言われれば狭い空間でも、パイプ椅子でも仕事は出来ますが、国の代表として恥ずかしくない仕事をすることが、何よりも大切だと思います。贅沢すぎると批判するのではなく、「これだけの施設にふさわしい内容の仕事をして欲しい」と、全ての国会議員に要望します。

NEC_0114-sNEC_0115-s
秘書のワークスペース      議員の席で記念撮影

今回は「衆議院議員林幹雄事務所」にお邪魔しました。当事務所では、いつでも見学大歓迎とのことですので、ご要望の方はご一報下さい。
林幹人



motohito884 at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活動報告 | お知らせ

2010年08月09日

ついにデビュー!

林幹人です。ついに私もiPhoneデビューしました。これまでのドコモ携帯は残しつついわゆる「二台持ち」です。通信費用がかさむのはイタイですが利便性を優先させたことと、工夫次第でドコモ携帯一台分の費用とさほど変わらない負担で済むことが分かったからです。また、おサイフケータイを利用しているため、ドコモ携帯は残したかったというのもあります。

NEC_0116-s
iPhone4のブラックです


私はかねてからスケジュール管理をネット上で行っている(もちろんバックアップはとっています)ため、3ヶ月分ほどを印刷して持ち歩いていました。当然印刷していない部分のスケジュール管理はパソコンがない出先では携帯を使用していましたが、コレがパケ代を大きく膨らませていました。

そこでネット利用やメールはiPhoneで一本化、ドコモ携帯は通話のみと役割分担をします。さらにソフトバンクのホワイトプラン加入で、21時から深夜1時までの4時間を除く20時間はソフトバンク同士の通話はタダ。私のように2台持ちする人もたくさんいますので、とにかくiPhone使っている人にはiPhoneで掛けます。そしてドコモも3親等まで通話がタダになる「ファミリー割引」(詳細の条件はドコモのHP参照)と、良くかける5つの番号への通話料が最大30%OFFになる「ゆうゆうコール割引」を併用し通話料金を抑えます。

私の場合仕事柄不特定多数の方に電話することが多いので、さすがに「携帯電話一台分と変わらない負担」とはいきませんが、多くの方は上記のように使い方を工夫することで、新たな負担なしでiPhoneを持つことが出来ます。上手な「二台持ち」の方法については詳しく解説しているHPがありますので、下記にリンクを張っておきます。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100714/1032380/?P=1

http://ascii.jp/elem/000/000/531/531136/

このブログをご覧になって、一人でもiPhoneユーザーが増えたら嬉しいです。タダで話せる人が増えるということですし。・・・という訳でiPhoneを使用している方はご一報を。


motohito884 at 23:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ | 雑学・豆知識

2010年08月05日

平均寿命が下がる?

林もとひとです。先月の末から100歳以上のお年寄りが所在不明、あるいは既に亡くなっていたという事例が相次いでいます。最初に発覚した東京都足立区の男性は、なんと実際には30年以上も前に死亡していたというのですから驚きです。

全国の各自治体は一斉に安否の確認を進めているようですが、時事通信によると今日(8月5日)現在で66名のお年寄り(100歳以上)が所在不明となっているようです。100歳以上のお年寄りは全国で4万人以上いらっしゃいますので、今後調査が進むとさらに所在不明も増える可能性があります。さらに、今回はまだ調査対象になっていない80歳以上のお年寄りの安否確認を進めると、本当に「日本人の平均寿命」が下がるということも起こりえます。

一人暮らしのお年寄りが急増していることや、既に施設や親類のお宅に移り住んでいるケースもあるとのことですが、自治体の調査に対して「答えたくない」と拒否する家族が多いと聞き、唖然としました。死亡事実を隠し、年金を不正受給するという悪質な事例は今に始まったことではないらしいので、自治体としても何らかの対応を早急に取るべきでしょう。医療や介護保険の利用状況を調べれば、ある程度は把握できるはずですし、少なくとも機械的に「長寿祝い」を贈り続けるなどの怠慢は許されません。

とはいえ、本格的な少子高齢化時代を迎える中で、自治体が全てを掌握することは困難でしょう。成田市ではヤクルトレディが一人暮らしのお年寄りを訪問し、ヤクルトを手渡しながら交流するという取り組みを始めましたが、財政的に厳しい自治体で同様の対策は難しいと思います。やはり私たち一人一人が意識をしなければなりません。親を思い、祖先を思う。お盆を迎えるにあたって、もう一度考えてみる。まずはココから始めることが大切だと思います。

motohito884 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 雑学・豆知識

2010年08月02日

3分間日記のススメ

林幹人です。最近日記に凝っています。正確には「また凝り始めた」です。私は過去に何度か日記をつけ、そたびに挫折しています。最短記録は3日!(まさに三日坊主)最長記録は11ヶ月半です。いずれもふとした時に過去の日記を読み返し、当時の思いがありありと蘇って「ああ、日記っていいなぁ」と書き始めるのですが、だんだん面倒になり気がつくと数日分まとめて書くハメになり、嫌になってやめるというパターンでした。

今年の2月に「1分間の日記で夢は必ずかなう!:今村暁著」という本を読んで書き始めたのが、今回のきっかけです。現時点で約半年続いていますからなかなか順調ですが、今回は最長記録を更新する自信があります。その秘密は「書くことが決められている」からです。毎日何を書こうかと考えて、夜寝る前にいろいろ思い出しながら書かなくていいんです。

簡単に説明します。書く事は以下の5項目です。
1.夢・目標(具体的に、断言する形で)
2.やりたいこと(小さなことでOK、例:ランチの後にプリンを食べたい等)
3.今日の出来事(日程ではなく、どう感じたか)
4.今日の感謝(ささいなことでも)
5.今日の成功法則・学びの言葉(難しく考えないこと、例:寝る前にお香をたくとぐっすり眠れる等)
書くタイミングは1と2は「朝」、残りは「夜」書きます。朝は1分、夜は2分で簡単に書くことから始めます。慣れてくるともっと詳しく記しておきたくなり、私の場合は大体15分くらいかけて書いています。

この方法のミソは1番と2番の相乗効果にあると思っています。2の「やりたいこと」は簡単なので大体実現します。すると、「書いたことは実現する」という体験を繰り返しているうちに、逆に「書かれているのに実現出来ていないなんてガマン出来ない」と感じるようになり、1番の実現に向けて俄然やる気が出てくるのです。前回紹介した「こだわりの筆記用具」で日記を書けばもう最強!皆さんも日記、始めてみませんか?

1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~
著者:今村暁
販売元:フォレスト出版
発売日:2009-12-10
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


motohito884 at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 映画・本などの感想
記事検索