2011年11月

2011年11月28日

メディア選挙

林幹人です。大阪のダブル選挙は「維新の会」の完全勝利という結果になりました。市長選の橋下氏勝利はともかく、知事選で松井一郎氏が2位の倉田氏に約80万票もの大差をつけて圧勝するというのは驚きました。

大阪選挙区内の有権者にどれだけの情報がもたらされていたのか分かりませんが、「選挙区外」の私にはテレビや新聞などのマスコミを通じて得られる情報しかありません。そしてそこから得られた情報といえば「橋下徹vs抵抗勢力の闘い」という構図です。

「大阪都構想」というインパクトのある看板を掲げ、圧倒的な知名度とメディア露出で選挙を進めた橋下氏に対して、ネガティブキャンペーンに終始し、市長になったら「何をやるか」を一切語らなかった平松氏では勝負になりません。

ここ数日いろいろな方と会話した印象ですが、知事選に至っては「候補者の名前も知らない(覚えていない)」という人も多かったです。とどのつまり「大阪維新の会vs抵抗勢力」=「橋下徹vs抵抗勢力」となり、肝心な大阪都構想の「中身」に関してはほとんど語られていませんでした。

特にテレビは顕著で、大阪都構想の骨格である「府と市の二重行政の解消」の具体的な中身や、どように進められるのかといった最重要ポイントを「短い時間で」伝えるのは難しく、結果上記の「橋下徹vs抵抗勢力」もっと言ってしまえば橋下徹が好きか嫌いかに焦点が偏った扱いになっていたように感じます。

今回の選挙結果を見てみると、我々「選挙区外」のみならず、大阪選挙区内の有権者も同じように感じ、投票行動に至ったのではないかと思います。

選挙におけるメディアの影響力は非常に大きいものがあります。選挙が終わってから「こんな内容だとは思わなかった」「そうと知っていれば別の候補者に投票した」などという声が出ないよう、責任ある報道が求められます。いずれにせよ、大阪の今後の動向に注目したいと思います。

motohito884 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い 

2011年11月24日

錠前が大進化!?スライドロック!

※HPの「月刊コラム」を更新しました。ついに交渉参加に向け動き出したTPP。いまだ国民の7割が「分からない」と感じている要因は、各分野の専門家が「自己の利」を語っていることにある気がします。国益に特化した議論が必要です。

林もとひとです。私達の生活になくてはならない「鍵(かぎ)」。文明の発達と同時に進化し続け、電子式のタッチパネル錠や指紋認証ロックなど、非常に高度なものが多く登場しています。自宅の鍵や車のキー、オフィスの金庫やロッカーの鍵など、「鍵」を持っていないという人はいないでしょう。

進化を続ける「鍵」ですが、南京錠やダイヤルロックなどの扉などに取り付ける機械的な錠前は、あまり大きな進化はしていません。求められる機能がシンプルなだけに、昔確立された技術が既に「完成形」だから進化する必要がなかったのかも知れません。

しかし先日旅行用のバッグに取り付ける鍵を探していて、大きく進化した「錠前」を発見しました。その名は「スピードダイヤルスライドロック」!!

WS0032
上下左右の方向、スライド回数を自由に設定し、中央のダイヤルをその通りにスライドさせることで開錠します。鍵を持ち歩く必要がなく、暗い場所で手探りでも開けることができるスグレモノ。したがって目の不自由な方にも問題なく使用することが出来るはずです。完成形と思われた南京錠やダイヤルロックの弱点を見事にカバーした、まさに目からウロコの発想力。

写真の黒の他に、メタリックレッド、メタリックブルーの3色展開で1,400円です。やはり人気らしく、11月24日現在Amazonでは「在庫切れ」となっています。楽天市場ではまだ購入できるお店もあるようなので、興味の湧いた方はチェックしてみてください!


motohito884 at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ 

2011年11月21日

【本】小さなことにクヨクヨしなくなる本

林幹人です。今回は、とあるセミナーでご一緒させていただいた、加倉井さおりさんが出版した本をご紹介します。著者の加倉井さんは㈱ウェルネスライフサポート研究所代表取締役で、心理相談員・保健師として多くの講演やセミナー・カウンセリングを実施されており、主にメンタルヘルスやコーチング、コミュニケーションや健康づくりなどをテーマに様々な分野で活躍されている方です。

タイトルの通り「小さなことにクヨクヨしなくなる」考え方や方法が、非常にわかりやすく丁寧に解説されていて万人にオススメできる本です。もとより前向き志向でポジティブの固まりのような私ですので、あまりクヨクヨしたことはありませんが、人が悩んでしまう「しくみ」やその「解決法」が具体的に示されているので、とても参考になりましたし「予防」にも役立つと思います。以下内容を少し紹介します。

第1章では「自分を知ること」からスタートします。クヨクヨする人しない人、その違いはどこにあるのか?悩みのない人などいないはずで、その「悩み」にどのように向き合っているかで決まります。言うなれば「心のクセ」を自覚することが第一歩です。

第2章・第3章では「クヨクヨしない心のつくり方」を自分編、人間関係編とに分けて具体例をあげながら解説します。クヨクヨ体質が変わる3つの習慣、自分を信じる力を持つ方法、不安に打ち勝つイメージトレーニング方などで「自分の心」を整え、人間関係を良くしていく秘訣、豊かな人間関係を築くための5つの法則、マイナス言葉からプラス言葉への言い換え方などで「人間関係」を円滑にしていきます。

最終章では「人生は期間限定」を合言葉に、人生が変わる考え方レッスンで締めくくります。人生には良いことばかりではなく、悲しい事や辛いことも沢山あります。しかしその「起こった出来事」をどう捉えるかが重要であり、この本に書かれていることを実践することで、クヨクヨしない、あるいはクヨクヨ思考が長引かない自分を手に入れることが出来ます。

以上簡単に内容を紹介させて頂きましたが、大事なトコには初めからアンダーラインが引かれていて、各項目の最後には「まとめ」の分かりやすいイラストがふんだんに挿入されていますので、本当に読みやすく、読んでいて気持ちがいい本です。社会の荒波に揉まれて苦しんでいる大人はもちろん、発育途上の子供たちにも是非読んでもらいたいと思いました。

小さなことにクヨクヨしなくなる本小さなことにクヨクヨしなくなる本
著者:加倉井さおり
販売元:かんき出版
(2011-08-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



motohito884 at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 映画・本などの感想 | 意見・思い

2011年11月17日

ニーズを把握する重要性

※毎年恒例のボジョレー解禁日を迎えました。昨年11月18日のブログで「毎年ベタ褒めでホントのところどうなの?」という記事を書きましたが、やはり今年も「いい出来」だそうです。家内が1本買ってきてくれたので、我が家でもボジョレーを楽しみたいと思います。

林もとひとです。前回前々回とケータイを巡る「ニーズ」について取り上げました。消費者のニーズを的確に把握し、それに合致する商品を開発・発売する。ヒット商品はそうして生まれますし、少数であってもコアなニーズをつかめれば、そのターゲットには確実に売れる商品になり得ます。

この考え方はあらゆる分野に当てはまり「観光」もその一つだと思います。お客さんの「求めているもの(ニーズ)」を把握し、それを満たす「サービス・おもてなし」を提供する。9日から15日までの日程でシンガポール・台湾を視察した森田知事は大きな収穫を得られたようです。

シンガポール視察の目玉は何と言っても「マリーナベイ・サンズ」です。世界最大のカジノを中心に、ホテル、コンベンションセンター、ショッピングモール、美術館、シアター、グラスパビリオンなどを含んだ複合リゾートで、SMAPが出演したソフトバンクのCMでも登場した豪華絢爛な施設です。3棟のビルの上に大きなお皿のような庭園が載った圧倒的な存在感は、今でもはっきりと目に焼き付いている方も多いのではないでしょうか。

成田空港周辺にカジノを含む総合的な観光施設の構想を描く森田知事は、この視察で思いを強くしたことと思いますが、私としては知事の「既存のものも観光施設としてもっと利用できる」との発言にとても共感しました。その背景にはシンガポール政府観光局や現地の本県進出企業から、千葉県は観光客の「ニーズ」が把握できていないと指摘が入った事にあるようです。

コース数、来場者数ともに全国屈指の千葉県のゴルフ場が引き合いに出され、アジアの富裕層にとって日本のゴルフ場はあこがれの的であり、日本と世界を結ぶ成田空港を擁する千葉県はもっと売り込むべきだと言うのです。私も昨年あたりからゴルフを始めたのですが、言われてみれば外国人の姿をほとんど見かけたことがありません。

着陸する飛行機の窓から成田を見下ろすたびに「あーゴルフ場が多いなー」と感じていましたが、それがアジアの富裕層にとって「大きなニーズ」だったなんて私も全然気がついていませんでした。観光振興を政策に掲げながら、そんなことも見落としていたなんて恥ずかしい限りです。

今回得られた「気付き」を大切に、観光客のニーズをしっかりと把握し、知事と力を合わせて今後の観光施策に生かしていきたいと思います。





motohito884 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い 

2011年11月14日

フリスクケータイ!?

林幹人です。前回のブログで書いた2台持ちのニーズに特化した、超シンプルケータイがありました!正確には携帯電話ではなくPHSですが、機能を絞り込み徹底的に小型軽量化し、スマートフォンのストラップとして一緒に持ち歩くという基本コンセプトは正に私が求めているニーズに合致します。

WS0030WS0031
WILLCOM(ウィルコム)のストラップフォン。清涼菓子のフリスクとほぼ同じ大きさで、重さも33gと超軽量です。

こんなに小さくてちゃんと話せるのか?と不安になりますが先日テレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)のトレンドたまごというコーナーで紹介されていて、通話品質は良好であるとのことでした。

一時は絶滅寸前かと思われたPHSですが、「だれとでも定額」などの魅力的な通話料設定と、3.11の災害時にも比較的つながりやすかったという評判などから、ココに来てかなり利用者も増えているようです。

完全に心をわしづかみにされてしまった私ですが、コレをゲットしてしまうとiPhone、ドコモのケータイをあわせて3台になり、それぞれの充電器を持ち歩くなど管理が大変になってしまいます。どれか解約しようにもいまだ業界トップの通話可能範囲を誇り20年来使い続けているドコモと、もはやコレ無しでは仕事にならないiPhoneはソフトバンクとの2年契約という「縛り」がありどちらも解約は考えにくいという状況です。

ストラップフォンは12月発売予定とのことなのでもう少しじっくり考えてみようと思いますが、今現在スマートフォン1台で運用している人はPHSとの2台持ちでかなり「オトク」になる可能性が高いと思います。ご検討あれ!

motohito884 at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | おすすめグッズ

2011年11月10日

求む!超シンプルケータイ

林もとひとです。昨年8月9日のブログで紹介したように、私はiPhoneとドコモのケータイを2台持ちしているのですが、2年半以上使い続けているドコモ携帯は突然の電源落ちが頻発するなど不調なので、買換えを検討しています。

ところが現在発売されているドコモの主力製品は完全にスマートフォン中心で、ケータイも各種機能がてんこ盛りのオーバースペックなものばかりです。

2台持ちの私がケータイに求める機能は「通話機能」のみ!欲を言えばiPhoneに標準装備されていない「おサイフケータイ」があればよりベターという位で、カメラ機能すら不要です。余計な機能を省けば大幅に小型・軽量化でき、低価格で製品化することが可能なのではないでしょうか。

このようなニーズは確実に存在するはずで、ドコモがそこに目を向けないのは不思議です。いっそのことiPhoneの方をやめてドコモのスマホ一本にしてしまおうかとも考えましたが、やはり使い勝手を考慮すると「データ通信端末」と「通話機能」は分離していた方が有利だと思います。通話中にスケジュール確認やメモ取りを同時に行うことが多々あるからです。

・・・ということで、ドコモさんには機能を絞った、コンパクトで安いケータイを開発していただくよう、お願いします!

motohito884 at 13:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い 

2011年11月07日

ビジネス書は買いましょう!

ちば自民党青年局・青年部のブログを更新しました。震災後7ヶ月が経過した県内被災地を視察し、県全体として取組むべき課題を調査しました。

林幹人です。皆さんビジネス書は買いますか?それとも知人や図書館などから借りますか?文庫化されたものはともかく、新書版やハードカバーのしっかりした本を買うと大体平均して1,500円前後だと思いますので「高い」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし私は断然「買う」をオススメします。その方が本の内容が身に付くと感じるからです。

私は読みながら気になった部分にどんどんラインを引き、そのページの角を折って(ドッグイヤー)いきます。2ページ連続の時は上下2カ所折ってしまったり、キーワードと思う言葉はグリグリ丸で囲んだりしますので本は見る見る汚れていきます。そうして読み終わった後は折ってある箇所を読み返し「重要な部分」や「気になったフレーズ」などはノートに書き写したり、evernote(エバーノート)にまとめたりしています。ココまでしてようやくその本のエッセンスをモノに出来る気がしますし、逆に言えば「キレイに」読んだだけでは読後何も残らないと思うのです。

例えば1年前に読んだ本の内容を、誰かに1分間で説明しなさいと言われたらできますか?読んだということは覚えていても、説明をするというのは難しいのではないでしょうか。説明できないということは内容を理解できていないという事であり、結局「読んでない」のと同じになってしまいます。

本を読む目的は当然その中身にあるハズで「読破した」という達成感は二の次です。中身をモノにする読書法は人それぞれかと思いますが、少なくとも私は「キレイに」読んだのでは身に付かないので買う事にしているのです。

ビジネス書には著者が長年工夫を重ねた末に辿り着いたノウハウや考え方が満載です。ベストセラーが続出している「ノート術」の本も、目からウロコの方法論が惜しげもなく紹介されていて、実践すれば確実に仕事の効率をアップしてくれるものが沢山あります。

仕事効率が上がれば1,500円の本など簡単に元が取れてしまうどころか、10倍、100倍のリターンが得られるのですから安いものです。2月14日のブログで紹介したスキマ時間の有効活用と併せて実践すれば、得られるメリットはより大きなものになります。皆さんも是非お試し下さい!

motohito884 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 

2011年11月03日

帰ってきた!?緊急地震速報

林もとひとです。5月16日のブログで「緊急地震速報」の精度が低いことを取り上げました。大音量で注意を促してくれる割にはハズレが多く、多くの方のリアクションは「またか」になってしまっていました。

これは従来の予測方法(各地で観測した地震波の振れ幅から、マグニチュードや震源域の広がりを推定する方法)ではマグニチュード8以上の地震を過小評価してしまったり、余震が同時多発した場合に一つの大きな地震と捉えてしまうということに起因しています。

そう言えば3.11の大震災発生時には緊急地震速報は鳴りませんでした(関東地方)し、その後無数の余震によって多くのハズレ速報が連発されました。

こうして浮き彫りになった多くの課題をクリアするべく、気象庁は2年後の実用化を目指して改良を急いでいます。新方式では予測したい地点の同心円上にある複数の地震計で地震波を分析し、それぞれの地震計が測定した時刻から地震波が伝わる方向を推定します。そして予測地点までの距離を考慮し震度を算出するそうで、東日本大震災時のデータを元にした実験では予測された最大震度と実測値の誤差は0.5程度と上々の結果です。

現在は揺れが到達する15秒前に計算結果が出るそうですが、計算式やコンピューターの性能を向上させることで更なる短縮を望みたいところです。今後は各地の地盤が震度や地震の伝わる速度に与える影響を予測に盛込み、地盤の硬さが違う地域でも震度の誤差を1以内にする計画のようです。

天災の前に我々人間の出来ることなどたかが知れているかもしれませんが、これまでも数々の苦難を乗り越えてきた叡智を結集し、被害を最小限に抑えたいと願っています。皆さんも地震速報が発信されたら、必ず身を守る行動をとって下さい。



motohito884 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 意見・思い
記事検索