2012年02月

2012年02月27日

今期2回目の一般質問

林幹人です。2012年度の県当初予算案が盛り込まれた2月定例県議会。今月17日に開会し、23日から各会派の代表質問が始まっています。予算案に関しては実質過去最大規模の編成となり、財源の捻出はまさに綱渡り状態です。予算のポイントについては2月の月間コラムで書きましたのでご覧ください。

今議会では私も一般質問に登壇します。3月1日(木)の午後3時頃の予定ですので、お時間のある方はコチラのリンクからインターネットでライブ動画をご覧頂きたいと思います。

以下の4項目について質問を通告しています。

1.観光振興について
映画やテレビドラマ、CMなどの撮影でロケ地として選定されれば大きな経済効果が見込めます。成田市でも一昨年から積極的に誘致を開始し、AKB48のプロモーションビデオ撮影をはじめ多くの成果を出しています。

2.110番通報について
震災の影響もあり昨年は、前年に比べて約1万件110番通報が増え、45万件を超えました。その中には悪質ないたずらや嫌がらせなども含まれていて、全体の3割にも及びます。これでは本当に事件や事故が発生した時に、対応が遅れてしまいます。

3.農業の担い手支援について
農業を取り巻く厳しい情勢を受けて、時代を担う新規就農者数が伸び悩んでいます。新しい取り組みとして銚子市の「アグリレディースいろは」を例に県の支援策を問います。

4.グレードアップ「ナリタ」活用戦略会議について
成田空港の発着回数、年間30万回の合意という大きな前進を最大限に活かすべく発足したこの会議。IR(カジノを含む統合施設)やLCC(格安航空会社)への柔軟かつ迅速な対応が求められます。

持ち時間の30分をフルに活かして、内容の濃い質問を展開するべく現在準備を進めています。質問の様子はインターネットでライブ中継されるほか、当日ご覧になれない方はコチラから録画動画を御覧いただけますのでチェックしてみて下さい。


motohito884 at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | 活動報告

2012年02月23日

筆記用具へのこだわり3(究極のペン登場!)

林幹人です。最初にこのブログで紹介した私のこだわりのボールペン「エナージェル」、そして昨年4月28日のブログで紹介した入門用万年筆「サファリ」に続いて今回は第3弾、究極のペンをご紹介します。

WS0051
PARKERの「インジェニュイティ」です。

ボールペンでも万年筆でもない、これまでの筆記用具の弱点を全て克服し、利点だけを集めたという触れ込みのまさに「究極のペン」です。製品名の「インジェニュイティ」は「創意工夫ある発明品」という意味らしく、名前の難解さも究極!

前述のサファリを愛用していた私ですが、以前紹介したiPhoneアプリ「Evernote(エバーノート)」にメモの主役が移ってからというもの、すっかり出番が少なくなってしまい、万年筆特有の弱点「長い間使わないと書けなくなる(インクが乾いてしまうため)」に悩まされていました。イザ書こうと思ってもインクが出ないのでは筆記用具として致命的です。

そんな時、毎日欠かさずチェックしているテレビ東京の情報番組「ワールドビジネスサテライト」でこの「インジェニュイティ」が取り上げられ、ずっと気になっていました。それ以来「良さそうだけど高価なのでやはり試し書きをしてからじゃないと」と思っていたところ、近所のホームセンター(ジョイフル本田富里店です)に入荷!早速試し、その書き味に感動!即購入となったのでした。

コチラのリンクから上記番組での紹介動画を御覧いただけます。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_8071

なめらかな書き味、インクの濃さ、速乾性、耐水性、取り扱いの容易さ、見た目(コレ大事)、どれを取っても最高水準のこのペンは本当にオススメです。写真のものは私がゲットした「ブラックラバー&メタル CT」ですが、他にもオーソドックスな黒一色でゴールドのペン先のものや、白やピンクを基調にして軸もスリムな女性向きのデザインのものなど、非常に豊富なバリエーションがありますので、きっとお気に入りの1本を見つけることが出来ると思います。売り場で見かけたら是非、試し書きしてみて下さい。


motohito884 at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ | 雑学・豆知識

2012年02月20日

成田に1兆円の経済効果!

林幹人です。18日、成田国際文化会館でシンポジウムが開催されました。これは成田空港を生かした、カジノや国際会議場などを含む複合施設(IR)の導入可能性を検討している県が主催し、基礎調査を委託している三菱総合研究所が中間報告を行うというものです。

その報告によると、需要推計は少なくとも年173万~243万人が利用し、経済効果は5年間で1兆円に届くという凄いものでした。インターネットで日本人1,500人から回答を得て出した数字なのですが、その際に次の2つのプランが提示されていました。

A案:空港隣接地に中低層で延べ床面積20万平方メートルの施設を作り、カジノのほかに温泉や歌舞伎といった日本文化を多く取り入れる。

B案:シンガポールのように空港からやや離れた場所に高層建築で延べ床面積50万平方メートルの大規模施設を建設し、カジノはもちろん遊戯施設やショッピングモールなども併設する国際標準型。

意識調査では施設の魅力においてはA案が、需要や経済効果はB案が大きいという結果です。1兆円という経済効果は途方もない数字のようですが、国をあげてIRを推進したシンガポールはセントーサ島と、SMAPが出演したSoftBankのCMでもお馴染みのマリーナベイ・サンズの2ヶ所で年間約4,000億円の収益をあげていますので、5年で1兆円は極めて現実的な数字でしょう。

問題はやはり法整備です。国では超党派のカジノ議連(正式名称:国際観光産業振興議員連盟)が立ち上がり、合法化に向けて議論されていますが、なかなか目に見える成果は出ていません。中国の富裕層をはじめアジアでの需要は増え続けています。機を逃さないよう議論にはスピード、そして決断が必要です。

motohito884 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 地元PR | 活動報告

2012年02月16日

水筒男子

※HPの「月刊コラム」を更新しました。2012年度の県当初予算案が発表されました。実質過去最大規模の予算編成となり、財源の捻出はまさに綱渡り状態です。

林もとひとです。数年前よりよく聞かれるようになった「水筒男子」という言葉。長引く不況とエコブームで、喫茶店や缶コーヒーなどの出費を抑えるために、自宅からコーヒーやお茶などを「マイ水筒」に入れて勤務先に持ち込む男性が増えたことから生まれた言葉です。

2009年5月に株式会社ミツカンが行った調査では、オフィスにマイボトルで飲み物を持参している人は全体の4割におよび、20代男性と40代女性では、2人に1人がオフィスにマイドリンクを持参しているという結果が出ています。車などの大きな買い物をすることもなく、コツコツ貯金をするというような堅実な暮らしぶりが特徴と言われる20代男性に「水筒男子」が増えているというのは納得です。

そんな「水筒男子」ですが、何を隠そう私もその一人です。無類のコーヒー好きである私は、毎日平均4~5杯ほどコーヒーを飲みます。議会開会中は議会棟6階の自民党控室で過ごすことが多いのですが、ここで出していただけるのは「緑茶」なので、昼食の後などには近所のドトールコーヒーに行ったり、地下の売店で缶コーヒーを買ったりしていました。

日によってはコーヒー代だけで千円を超えてしまうこともあったので、私も水筒男子になったという訳です。やってみるとコレが実にイイ!保温性能が高い水筒を使えば、朝自宅で淹れたコーヒーが夕方でも温かく飲めるので、外でコーヒーを買うことがほとんど無くなりました。

WS000007WS000008
左:愛用中のTHERMOSモーションです。スリムなのでバッグにも無理なく入れることができます。右:カッコイイと定評のあるSIGGのワイドマウストラベラーです。

私の場合飲みたいと思う「頻度」は多いのですが、一度に飲みたい「量」は多くないので、マイボトルで少しずつ飲むというスタイルがとても合っている気がします。最近はそれぞれのスタイルに合う様々な水筒が発売されていますので、きっとお気に入りのものが見つかると思います。皆さんも始めてみませんか?

motohito884 at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | おすすめグッズ

2012年02月13日

就職難の方は2月16日、メッセへGO!

林幹人です。「雇用情勢が厳しい」とは毎年のように繰り返し聞かれるフレーズですが、今年も例にもれず就職先が決まらないまま高校や大学を卒業する、いわゆる「新卒未就職者」が増えています。

15歳から24歳の全国失業率は、昨年11月末現在で8.7%と高い水準にあり、今年の春に卒業予定の県内大学生の就職内定率は51.1%(昨年12月1日現在)と低迷しています。

そこで県は新卒者のほか2010年8月以降の既卒者を対象に、就職支援事業を実施します。4月1日から9月30日までの半年間、県が委託した人材派遣会社で社会人基礎研修を受けたり、派遣社員として企業で実習を経験し、ビジネスマナーや実用的なスキル、働くイメージを身につけます。そしてこの間、参加者にはちゃんと給料も支払われるという素晴らしいプログラムです。

WS000006

この事業は今年で3年目となります。平成22年度及び23年度に実施された第1期では、合わせて516名の若者が参加、その80パーセントを超える417名が、本事業で就職しました。今回募集するのは第2期となり、2月16日(木)に幕張メッセ国際会議場で「事業説明会」が開催されます。参加費はもちろん無料です。

社会人経験をつめる上、給料まで支給され、更には高確率で就職にもこぎつけることが出来るこの支援事業。こんなチャンスはなかなかありません。就職先が決まっていない方は2月16日にメッセに行きましょう!

motohito884 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 意見・思い

2012年02月09日

幹事さんの強い味方「調整さん」

林もとひとです。ようやく忘新年会シーズンが一段落したところですが、皆さんはいかがお過ごしですか?楽しい宴会の裏には「幹事さん」をはじめとする事務局の努力があります。準備8割当日2割と言われるように、その会合に必要な労力は「開催前」に多くが費やされています。

幹事さんの仕事といえば会場の決定や料理等のコース設定などいろいろありますが、何と言っても大変なのが参加予定者の「日程調整」でしょう。一人ひとりにメールやFAXで案内をかけ、その案内の数だけ返信をチェックする。中には期日までに返事をしてくれない人もいるので、最終的には電話確認をする必要があり、気が遠くなるような仕事量になります。

「同窓会をやりたいけど、幹事を誰も引き受けないので実現しない」という話はよく聞きます。そこで今回はそんな幹事さんの日程調整の負担を大幅に軽減してくれる素敵なサービスを紹介します。その名も「調整さん」!!なんとも垢抜けないネーミングですが、リクルート社が「実験的」に提供しているサービスですのでソコには目をつぶりましょう。しかしその実力は本物で、使い方も簡単です。

WS0050

この手のサービスにありがちな「ユーザー登録」や「ログイン」などの煩わしい作業は一切不要。主催者はページの手順に従って「イベント」を作成し、そのイベント専用のURLが発行されたら、それをメールで案内先に送信すればOKです。メールを受け取った側は添付されているそのイベント専用のURLをクリックすると自分の名前と◯、☓、△などの出欠を記入するページが開くので、そこに記入すれば完了です。必要に応じてひとことメモなども追加できますし、日程調整に必須の機能は十分備わっています。

コチラのサイトに詳しい使い方が紹介されていますが、「習うより慣れよ」の言葉通り、直感的に理解できるほど簡単なので、皆さんも一度試してみてください!私が所属する成田JCのエアポート情報発信委員会でも、会議日程を決めるにあたり大活躍しています。

motohito884 at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 

2012年02月06日

目からウロコの「マスクケース」

林幹人です。やはり今冬もインフルエンザが流行しています。そこまでは行かずとも「風邪」をひいてしまっている方は非常に多いのではないでしょうか。私も昨年末に鼻風邪にやられてしまって、治りかけてはぶり返しという感じで、いまだに体調万全とはいかない状態です。

街を行き交う人々を見ていると、マスクを着用している人がとても多いことに気が付きます。風邪をひいてしまっている方はもちろん、予防のために使用している方や、中には「防寒」や「素顔隠し」という変わった用途に使っている方も意外と多いようです。

花粉症には欠かせないものですし、年々その機能も進化し最近ではファッション性を意識したカラフルなマスクなども登場し、もはや私達の生活に無くてはならないものと言っても過言ではないかもしれません。

私もご多分に漏れずマスクには大変お世話になっておりますが、使っているうちに気になる点も出てきていました。それは「一時保管の必要性」です。マスクはその性質上、同じ物を何日も繰り返し使用することはなく、基本的に「使い捨て」です。とはいえ通勤時に着用し、仕事中は接客などで外している人などは、帰りにまた新しいマスクを使うというのはさすがにもったいですよね。私などはガサツなので、外したらそのまま折りたたんでポケットに突っ込んでいましたが、少し衛生面が気になっていました。

そこで今回紹介する「マスクケース<防災の達人>(コンパクトタイプ)」の出番です。

WS0049
このようにマスクをコンパクトに収納でき、ケースごとバッグやポケットにしまうことができるので、衛生的です。さらにケースの内側には除菌・消臭と香料のスティックが内蔵されていて、香りも「グレープフルーツ」「ペパーミント」「緑茶」と3種類から選べるという素敵な配慮がなされています。

これなら安心してこまめにマスクの着脱をすることができ、まだ使えるマスクを断腸の思いで(大袈裟?)捨てていた人にとって、経済的にも精神的にも大きな助けになるでしょう。(だから大袈裟だって・・・)

以前このブログでも取り上げたように、利用者の潜在的なニーズを的確に把握し、それに応える製品を作るという姿勢は企業に限らず行政も見習うべきです。なんとなく「あったらいいな」に注目した目からウロコの「マスクケース」。皆さんも使ってみてください。

motohito884 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ 

2012年02月02日

FCバルセロナ公認キャンプが成田で開催!

ちば自民党青年局・青年部のブログが更新されています。1月21日に開催された全国合同会議の模様をお伝えしています。是非ご覧下さい。

林もとひとです。昨年日本で行われたFIFAクラブワールドカップで優勝したFCバルセロナが、公認スクールキャンプを成田で開催します!6歳から12歳までのサッカー経験者を対象に4月2日から4日までの3日間、成田の中台運動公園で行われる予定で、直営スクールのコーチが来日し、チームを世界一に導いたトレーニング法「バルサメソッド」で指導します。

WS0048写真 12-02-02 22 09 41-s
1月21日朝日新聞千葉版   1月31日読売新聞千葉版

参加費用は一人65,000円と高額ですが、バルセロナのユニフォームを忠実に再現したトレーニングキットと保険代が含まれている上、MVPに選ばれると世界最高の選手と言われるあのメッシも学んだFCバルセロナのサッカースクール(FCBエスコラ)への短期留学に招待されるそうで、決して高くはないと思います。

募集は2月5日午前9時からスタートし、先着順で定員の240名に達し次第終了するようです。応募の殺到が予想されるため、受付はFAXのみで行われるとのことですので、ご自宅にFAXが無い方はコンビニなどから申し込んで下さい。キャンプの詳細は実行委員会HPをご参照願います。

サッカー少年にはアツい春休みとなりそうです。私もキャンプの成功に全力でサポートしたいと思います!

motohito884 at 23:45|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 地元PR 
記事検索