2013年05月

2013年05月30日

千葉県がん対策推進条例

林もとひとです。日本人の2人に1人ががんにかかると言われ、現在3人に1人ががんで亡くなっています。我が千葉県も例外ではなく、死因の第1位はがんによるものとなっており、先の2月定例県議会において今回のタイトルである「千葉県がん対策推進条例」を議員発議で制定し、3月1日から施行されています。

条例の特徴としては小児がん及び希少がんへの対応や、がん教育の推進などが挙げられます。また、がんの予防や早期発見、質の高い医療の提供、情報提供の充実や生活支援などの各種対策を総合的かつ計画的に推進することを目指しています。

さらに平成20年に策定した「千葉県がん対策推進計画」を見直し、25年度から5年間を計画期間とする新たな計画を策定し、推進条例との相乗効果を高めていく考えです。

「がんは治すものではなく、防ぐもの」とよく言われるように、日々の生活サイクルや食生活を見直すことで、がんのリスクは大幅に減らすことができます。また、罹患してしまった場合でも早く発見し、早く治療を始めるほど、根治の可能性は高まります。

130531-0001
ちば県民だより5月号より転載

まだまだ受診率が低いがん検診、昨年3月5日のブログに書いたように、人間ドック受診への助成を行なっている自治体は成田市を含め多数存在します。「検診を受けておけばよかった・・」などと後悔しないよう、安心の第一歩を踏み出しましょう!
林幹人 


motohito884 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | 意見・思い

2013年05月27日

なぜ?携帯の新機種はほとんどスマホ

林もとひとです。このブログでも何度か書いているように、私はiPhone(スマホ)とドコモのケータイ(いわゆるガラケー)の2台持ちというスタイルです。

スケジュールの同期やクラウドの活用など、スマホはもはや仕事の必需品となっている一方で、おサイフケータイや電話としての使い勝手は、依然ガラケーの方が優れていると感じるからです。

私のように役割分担してガシガシ使い倒すヘビーユーザーの他にも、単純に「電話とメールができれば十分だからスマホいらね」という人も多いと思います。

でも、困ったことに携帯各社が発表した夏モデルはほとんどスマホばかりです。確かに2012年度通期の携帯電話出荷台数を見ると、全体の約4200万台に対して、その中でスマホは3000万台強と7割を占める圧倒的な数字を示しています。

しかし利用者の割合を見ると、スマホは37.7%なのに対し、ガラケーは依然62.3%を占めているんです。これだけの利用者数がありながら、新機種の選択肢がほとんど無いという現状は、顧客のニーズとあまりにもかけ離れていると感じます。

電話機としての純粋な使いやすさや、バッテリーの持ちなどは、構造上スマホがガラケーを上回ることはないでしょう。餅は餅屋といいますが、ガラケーが得意な分野はガラケーに任せればいいと思います。

まだまだ小型軽量化や操作法の単純化など、ガラケーの開発余地は十分に残っているはずです。携帯各社には是非ご検討をお願いします!
林幹人



motohito884 at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 仕事術 | 意見・思い

2013年05月23日

エナジードリンクにハマる!

林もとひとです。清涼飲料水市場で最も大きなシェアを占めているのはやはり「お茶」系飲料で、2011年のデータでは約28%です。続いてコーラなどの炭酸飲料が18%、コーヒー系が15%、ミネラルウォーター14%、果実飲料9%、スポーツドリンク8%と続きます。

この清涼飲料水市場でいま注目のジャンルが、今回取り上げる「エナジードリンク」市場です。 先ほどのシェアで見るとまだ清涼飲料水全体の1%にも満たない状況ですが、その成長率はめざましく、2006年から2011年までの5年間で平均10%の成長を続ける注目のジャンルなのです。

そしてこのエナジードリンク市場で最も成功し、最大のシェアを誇っているのが「レッドブル」です。2005年12月に日本でも販売が開始されて以来、急速に市場へ浸透し多くのファンを獲得、リピーターが続出しました。 

130524-0001
185ml入りで190円と高めの価格設定にもかかわらず、売れに売れているレッドブル

そもそもエナジードリンクとはどんな飲み物なのでしょう。ユンケルやリポビタンDやのようないわゆる「栄養ドリンク剤」は、含有する成分から医薬品あるいは医薬部外品に分類され薬事法が適用されます。一方のエナジードリンクは清涼飲料水に分類され、食品衛生法が適用されます。

つまりお薬として「効き目」が期待できるのは栄養ドリンクで、エナジードリンクは味は栄養ドリンクっぽいですが成分的にはコーラなどの清涼飲料水に近いということになります。例外もありますが分かりやすい特徴としては栄養ドリンクは茶色い小瓶で炭酸なし、エナジードリンクは派手な缶(あるいはペットボトル)で炭酸入りという感じです。

私の友人にもレッドブルフリークは多いですが、私のお気に入りは他にあります。

130524-0002130524-0003
左:「ライフガード」と右:「ロックスター」です

ライフガードはあのオロナミンCを微炭酸にしたような感じで、子供の頃から大好きだった味を心置きなく500mlのペットボトルでがぶ飲みできるのが気に入っています。ロックスターはカフェインを多く含んでいて、仕事が煮詰まった時の起死回生の一発入魂に活用しています。

他にもアサヒ飲料から「モンスターエナジー」、日本コカ・コーラから「バーン」など、様々なエナジードリンクが販売されていますので、皆さんもお気に入りを見つけてみて下さい!
 林幹人


motohito884 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | おすすめグッズ

2013年05月20日

成田国際空港が開港35周年!!

※HPの「月刊コラム」を更新しました。今回は「円安・株高」によって息を吹き返しつつある日本経済を取り上げます。

林もとひとです。日本の空の表玄関である成田国際空港は1978年5月20日に開港しました。開港35周年を迎えた今日は、市内のホテルで盛大に祝賀記念パーティーが開催され、多くの来場者で賑わいました。

th_IMG_0953
冒頭NAAの夏目社長から、オープンスカイという大きな変化をチャンスと前向きに捉え、厳しい自由競争の時代を何とか勝ち残っていきたいと挨拶がありました。

オープンスカイとは航空自由化のことで、これまで政府間で調整していた国際線の路線や便数を、原則として航空会社が自由に決定できる制度をいい、使い勝手や魅力が高い空港は需要を伸ばし、逆に利用者に選ばれなければ淘汰されていくということが起こります。

今年の3月末よりこのオープンスカイが導入されたことをうけ、成田空港の更なる改善を進め、世界から選ばれる空港にしていきたいと意気込みを語ったのです。

th_IMG_0954
会場には森田健作知事をはじめ、多くの衆参国会議員、県議会議員、各地方議会議員、市町村長らが出席し、式典に華を添えていました。 

また、日本一短い鉄道として知られる芝山鉄道が成田空港の35周年を記念し、成田空港マスコットキャラクター「クウタン」をデザインしたラッピング電車の運行を行なっています。

130520-0001
車両内の全ての広告スペースには、35 年間の成田空港の歴史をつづる広告を展開し、これまでの成田空港のあゆみを振り返ります。 実施期間は来年3月末頃までですので、十分時間はあります。一度ご覧になってみて下さい。

めまぐるしく変化する時代のニーズに適応し、変化を恐れず改善を続けることが、40周年・50周年を迎えるための必須条件です。私も地元選出議員として、これからも空港の整備促進に力を注ぎたいと思います。
林幹人 


motohito884 at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活動報告 | 意見・思い

2013年05月16日

圏央道が大きく前進!

林もとひとです。首都圏中央連絡自動車道(通称:圏央道)の整備進捗に大きな前進がありました。昨日国会で成立した平成25年度予算において、未だ開通時期の見通しすら示せていなかった大栄-横芝区間になんと15億円の予算がついたのです。昨年度は1億円ですから、今回の予算額の大きさがお分かりいただけると思います。

130516-0001130516-0003
圏央道(首都圏中央連絡自動車道)は、都心から半径およそ40Km〜60Kmの位置に計画された、延長約300Kmの高規格幹線道路です。

横浜、厚木、八王子、川越、つくば、成田、木更津などの都市を連絡し、東京湾アクアライン、外環道(東京外かく環状道路)、中央環状線(首都高速中央環状線)などと一体となって首都圏の広域的な幹線道路網を形成する首都圏3環状道路の、一番外側に位置する環状道路です。

上右図を見ると分かりやすいと思いますが、環状線とはいえまだ開通していない区間も多く、特に日本の空の玄関口である成田国際空港近辺の進捗が遅いのが大きな問題でした。稲敷〜神崎区間も本年度中の開通予定が示されましたし、予算不足から用地取得が遅れていた横芝〜大栄区間に15億円の予算がついたことは非常に大きな前進と言えます。

自身に満ち溢れた頼れるリーダー安倍総理のもと、アベノミクスで息を吹き返しつつある日本経済。 必要なインフラ整備や災害対策を盛り込んだ「国土強靭化計画」にも期待したいですね。
林幹人 


motohito884 at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | 活動報告

2013年05月13日

アプリのセールを見逃すな!

林もとひとです。前回のブログで、どのようにネタを集めているかをご紹介しました。同様にこのブログでいくつかのおすすめアプリを紹介していますが、どうやって情報を集めているのかを聞かれることが多いです。

アプリの情報収集にはアプリを利用しています・・・。分かりにくいですね。要するに各種アプリを紹介しているアプリを利用しているんです。よくiPhoneやAndroidのスマホ情報を掲載している雑誌などで、おすすめアプリが紹介されていますが、同じように仕事に使えるアプリやゲームアプリなどを紹介したり、期間限定のセール情報を教えてくれるアプリで情報収集しています。

130514-0001
イチオシのアプリ「AppZapp」です。 各種アプリの最新情報はもちろん、期間限定で無料セール中のアプリを紹介してくれます。たとえ85円でも有料だと「ちょっとお試し」という訳にはいかないですよね。でも多くの有料アプリはリリースされた直後など、期間限定で無料セールをかなり頻繁に行なっています。

このAppZappはそんなお得情報をゲットするのに非常に便利です。iPhone用とAndroid用どちらも無料で利用できますので試してみて下さい。

130514-0002130514-0003
APPBANK」と「本日のアプリ」。コチラの2つのアプリはiPhone専用ですが、どちらも無料セール情報をゲット出来ます。星の数ほど存在するアプリですから、自分にあったアプリを見つけるのは大変です。手っ取り早いのは無料セール中にダウンロードし、実際に試用してみるのが一番。

それともう一つ。アプリに詳しい人に聞く。コレ間違いないです。アプリに詳しい人は間違いなく自分で多くのアプリを試しています。好みの問題もあると思いますが、詳しい人が気に入るアプリはだいたい間違いありません。

このように口コミ、情報アプリを駆使して自分にピッタリのアプリをゲットし、スマホライフを充実させて下さい!
林幹人
 

motohito884 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | おすすめアプリ

2013年05月09日

ブログネタの集め方(カラーバス効果)

林もとひとです。政治家っぽくないともっぱら評判の当ブログですが、読んでいただいている方からよく「ブログのネタってどうやって集めているの?」と聞かれます。答えとしては特別なことをしている訳ではなく、ただ日々の生活の中で気がついたことをメモしておいて、面白そうなものをネタとしてピックアップしているだけです。

でも、よくよく考えてみるとそれって結構大切なことで、多くの方が気がついていないのではないかと思います。心理学用語でカラーバス効果というものがあります。直訳すると色を浴びるということですが、特定のものを意識すると、今まで見えていなかったものが見えるようになることをいう用語です。

例えば今日のラッキーカラーは青と言われると、途端に街中の青いものが目に留まるようになったり、家の掃除機が壊れた途端、これまで全く気に留めなかったテレビのCMや雑誌の広告に目がとまるようになったり、ゴルフを始めた途端、街中にゴルフショップが多数存在していたことに気がついたり、携帯電話を忘れたとき公衆電話を探して外に出ると、いつも利用している自販機の隣にあったことに初めて気がついたり、これ全部カラーバス効果です。

つまり、「目」に映っていても「脳」が認識していないと、視界に入っているだけで本当に「見えて」はいないということです。 耳から入ってくる情報も、「脳」が認識しないとだだの「音」としてスルーしてしまいます。

いつも面白い体験談などを披露して笑いをとるお笑い芸人さんも、彼らの周りにだけ面白いことが巻き起こるわけではなく、日々の些細な出来事を逃さずキャッチして、卓越した話術で面白く再現しているわけで、内容をよく聞いてみると私達の身の回りにも起こっている、あるあるネタが多いですよね。

ですから私の場合は新聞を読んでもネットサーフィンをしても「これブログに使えるかな」といつも意識しています。 意識のアンテナを普段から立てておくことで、面白そうな情報を逃さずキャッチしているのです。

仕事や商売でも「明確な目標」を定めていると、その達成に必要な情報は自ずと集まってくるはずです。情報が溢れかえる現代において、必要な情報を逃さず捉えることは成功への必須条件といえるでしょう。皆さんも日頃から意識のアンテナを立てておきましょう! 
林幹人 


motohito884 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 仕事術

2013年05月06日

食事の基本はグーとパー?

林もとひとです。前回のブログで健康診断を取り上げましたが、それ以上に健康に大きな影響を及ぼすのが毎日の食事です。私達の体は日々の食事で摂取する栄養素や水分によって形成されています。そう、人間は食べ物で出来ているのです。

我が国が世界的に長寿の国であるのは、「主食」「主菜」「副菜」からなる日本古来の健康的な食事によるところが非常に大きいと言われています。主食とはご飯・パン・うどんなど、主に活動するエネルギーのもとになるもので、主菜は肉や魚などおかずのメインとなるもの、副菜は野菜やきのこなどで、定食では小鉢にあたり、味噌汁やスープなども副菜です。

千葉県では第2次千葉県食育推進計画を策定し、生涯にわたって食を通じた健康づくりを目指しています。その中で「何をどれだけ食べればよいか」をわかりやすく伝えるために「グー・パー食生活ガイドブック」を作成し、正しい知識の普及に力を入れています。 

130506-0001130506-0002
主菜1食分の量はグーの大きさを目安に、副菜は片手たっぷりのパーがおおよその目安としています。そして日本型の食事に不足しがちな乳製品(牛乳やヨーグルトなど)と果物をプラスすれば非常にバランスのとれた内容となります。

こってりラーメンやジャンクフード、揚げ物や宴会料理ばかりの食生活ではとても「グー・パー」は達成出来ません。皆さんも健康の源である「食事」をもう一度見直してみて下さい。4月25日のブログで紹介したエバーノートフードも役に立つと思います。
 林幹人


motohito884 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 健康法 | 雑学・豆知識

2013年05月02日

定期健(検)診を受けましょう!

林もとひとです。成田市健康増進課より、成人健診等受診券と問診票が送られてきました。平成23・24年度に健康診査・がん検診・女性の検診などを1つでも受けた人に、成田市が5月上旬に送ることになっているからです。

th_IMG_0933
封筒には受診券や各問診票や案内書、大腸がん検診で使用する検便用の小さな容器が入っています。

中の書類にデカデカと40歳という年齢が印刷されていて焦りましたが、平成26年3月31日現在の年齢が印刷されているそうです。今年9月でとうとう40歳になる私は「特定健康診査」(いわゆるメタボ対策の検診です)の対象になったというわけです・・。

昨年3月5日のブログで申し上げたとおり、がんの早期発見には「人間ドック」に勝るものはありません。でも人間ドックに行くことが敷居が高く感じる方は、こういった自治体主体の健康チェックを有効に活用して下さい。「何もしない」というのは絶対にいけません。

5月28日から保健福祉館や市役所、大栄分館や下総公民館をはじめとする各地域の公民館等で受診できます。広報なりたの5月1日号に詳しく紹介されているほか、市のホームページにも説明がありますのでご参照下さい。
林幹人

 

motohito884 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | 意見・思い
記事検索