2013年11月

2013年11月28日

「ここに注目!」に注目!!

林もとひとです。朝型生活に切り替えたことで、毎朝欠かさず「おはよう日本」というNHKのニュース番組を見るようになりました。犬の散歩に出かける前の身支度をしながらチェックするのに、ちょうどいいからです。

その中に「ここに注目!」というコーナーがあって、毎日テーマに沿ったイラストに基づいて解説員がニュースを説明するのですが、使用されるイラストの完成度の高さにいつも感心してしまうのです。

WS0138
これは11月5日 (火)に放送された「小泉元首相・原発ゼロ発言の波紋」 について描かれたイラストで、コチラのHPから引用させていただきました。

凄くないですか?ひと目で誰とわかる似顔絵のクオリティといい、ニュースの内容を上手く表現する構成力といい、素晴らしいと思います。フィンランドのオンカロ訪問をきっかけに、突如「反原発」発言を繰り返す小泉氏が波紋を広げている様子が一瞬で理解できます。 

調べてみるとこのイラストを描いているのは「泊明(とまり・あきら)」さんというスタジオR㈱に所属のイラストレーターだそうで、恐竜3D図鑑という作品も出版されています。

是非皆さんも朝のNHKニュース「ここに注目!」にご注目いただき、職場で話題にしてみてください。先ほど紹介したリンクから過去のニュースで使用されたイラストも参照することができますので、興味の湧いた方はご覧になってみてください。
林幹人 


motohito884 at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 意見・思い

2013年11月25日

同一目線のいじめ対策に期待

※HPの「月刊コラム」を更新しました。相次いで発覚する「食品偽装問題」。芋づる式に謝罪会見が続く事態に発展しました。対策への法整備が必要であると同時に、サービスを提供する者の「矜持」が問われています。

林もとひとです。昨年9月の月刊コラムでも取り上げた、教育現場に長きにわたって横たわり続けている問題「いじめ」。 今年9月には国や自治体、学校がいじめ防止に取り組む責務を定めた「いじめ防止対策推進法」が施行され、10月にはいじめ防止基本方針も策定されました。

しかしいじめ撲滅に向けた努力は続けられているものの、問題は非常に複雑化していて目に見えた成果には繋がっていないのが現状です。

そんな中、中学生を中心とした子供たちによる「同一目線のいじめ対策」が期待を集めています。 東京都の杉並区立天沼中学校では、区立小学校に中学生を派遣し、いじめ撲滅に向けたメッセージを伝える「出前講座」を開催していて、大人による指導とはひと味違った効果を生んでいます。

北九州市では夏休みに市立全小中学192校の代表児童生徒が集まって「いじめ防止サミット」を開き、キャンペーンを行なうことを決めました。幸せの象徴である四つ葉のクローバーと、「なくそういじめ」と標語が記されたシールを身に着け、「いじめをしない」と意思表示。市教委が約16万枚作って各学校に送り、児童生徒へ配布を進めています。

香川県では「いじめゼロ子どもサミット」(香川県教委主催)の実行委員を務める児童・生徒がいじめ撲滅を訴える演劇や、クラスメイトとの交流を深めるためのゲームなどを紹介したDVDを作成し、県内の全小中学校に配布しました。

このように、各地に広がる子供たちによる子供たちのいじめ対策。「同一目線」「共感」をキーワードに高い効果が見込まれ、今後更なる広がりを見せることは間違いないでしょう。 千葉県でも、積極的な取り組みを働きかけていこうと思います。
林幹人 


motohito884 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い 

2013年11月21日

豆知識って面白い

林もとひとです。先日たまたま見たバラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」がとても面白くてためになる企画をやっていました。

それは「ドライブは豆知識でGo!Go!」というタイトルで、ダウンタウン・ココリコ・月亭方正(元山崎邦正)の5人がドライブ中に目についたものに関する豆知識を披露し、50個になるまで終わらないというものです。

スタートするなりダウンタウンの松ちゃん(以下松本)が口火を切ります。「汐留や原宿というのは駅名やビル名には使われているが、住所としては存在しない」一同「へぇ~」。テレビを見ていた私も「へぇ~」と感心してしまいました。以下メモを取ったのでご紹介します。

ココリコ遠藤(以下遠藤):銀ブラの語源は銀座をブラブラ歩くことではなく、銀座でブラジルコーヒーを飲むことである

松本:遠山の金さんはコーヒー好きだった ※日本で初めてコーヒーを飲んだのは金さんのお父さんだったそうです

ダウンタウン浜田(以下浜田):ラーメンを日本で最初に食べたのは水戸黄門

月亭方正(以下方正):デパートの化粧品売り場が1階にあるのは、匂いがこもるのを防ぐため

ココリコ田中(以下田中):トラやクマなどの恒温動物は、寒い地域にいるほど大きくなる(ベルクマンの法則)

田中:ネコ科の動物でオスとメスの区別が一目瞭然なのはライオンだけ

松本:車のナンバープレートに「へ」の文字がないのは「屁」を連想させるから

田中:ほとんどの哺乳類の首の骨は7本で、首の長いキリンも例外ではなく7本

遠藤:銀行のATMには数百万円から数千万円程度しか入っていない

松本:銀行のATMで10千円と入力すると千円札が10枚引き出せる

方正:1円玉は1個作るのに2円かかるので赤字である

松本:灯油を入れるポリタンクは東京では赤だが、大阪はより安価な青い顔料を使用しているので青い

方正:東京都は、東の京都ということからついた

方正:カラオケの映像に携帯電話が出てこないのは、すぐに新機種が発売されるため古い映像に見えてしまうから

浜田:交番は交代で番をする場所という意味

田中:うさぎの目が赤いのは、瞳の色素が無く目の奥の細い血管が透けて見えているため

方正:トイザらスのRが反対なのは、外国の子供達が間違えて反対に書くことが多く、親近感を出すためにあえてそうしてある

浜田:ケンタッキーフライドチキンのカーネルサンダースの眼鏡には度が入っている

田中:ニワトリのトサカは体温を調節するために羽毛が生えていない

田中:トナカイのオスは冬になると角が落ちるので、クリスマスでソリを引いているトナカイは全部メスということになる

浜田:クリスマスのデコレーションケーキは日本の独自文化である

浜田:野球の始球式は大隈重信が初めて行い、打者はその時恐れ多くて打つことが出来ず、わざと空振りをしたことが今でも継承されている

田中:ブルドッグは牛と戦いやすいように顔面を平べったく品種改良された

・・・いかがですか。さすがに皆さん「しゃべり」の専門家ですから、日頃からこういった知識はストックしているのでしょうね。私も挨拶の冒頭などでちょっとした豆知識を披露すると、グッと聴衆の心をつかむことが出来るので、とてもためになりました。
林幹人


motohito884 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 仕事術

2013年11月18日

工場を観光資源へ!

林もとひとです。以前このブログで紹介したおすすめ番組のひとつ「シルシルミシル」などでお馴染みの工場見学。以前は小学生の社会科見学の定番でしたが、近年は観光スポットとしても注目されています。

アッと驚くような製造工程や、徹底的に製造効率を高めるために開発された機械など、確かに大人にとっても十分見応えたっぷりです。

そんな工場を、更に一歩進めて「文化活動」や「地域活力の創出」に活かそうという取り組みが青森県八戸市で始まっています。

工場に興味があり、工場を題材に写真や模型などでアートを表現したい人を無料で募り、工場についての講座や夜景撮影会などの課外活動を通じて「工場マイスター」を育成しようというものです。

八戸市ではこれを大学になぞらえて「八戸工場大学」として開学し、前期と後期に分けて6回の講座を開催するようです。内容としては、工場で働く従業員による講義や、彫刻家や美術家によるワークショップなどが盛り込まれていて、修了後には受講生や講師陣が作った作品を展示する文化祭も予定されています。

この11月に初めての「修了生」が誕生する予定なので、どのような効果が出てくるかはこれからですが、工場とアートを組み合わせて「新しい魅力」を発信するというアイデアは非常に面白いと思います。同市にかぎらず、三重県の四日市市や神奈川県の川崎市などでも「工場夜景ツアー」などが人気のようで、全国的に広がっていくかもしれません。

我が千葉県にも醤油やビールなど、既に工場見学で多くの集客を担っている「観光資源」がある訳ですから、この「工場大学」は参考になるかもしれません。もう少し研究してみようと思います。
林幹人 


motohito884 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 雑学・豆知識

2013年11月14日

歯磨き1日3回はウソ!?

林もとひとです。歯を磨かない人などいないと思いますが、正しく磨けている人は意外と少ないかもしれません。以前取り上げた「洗顔」と同様、毎日の習慣ですからその積み重ねで大きく差が出てきます。

よく歯磨きは1日3回、毎食後3分以内に3分間以上磨くという「3・3・3」ルールが基本だと言われますが、皆さんは実践できていますか?

特に「食後3分以内」という部分が厳しいですよね。食卓にお箸と一緒に歯ブラシも置いておかないと実現できないかもしれません。第一、レストランなどで食後のデザートを頼んだ時点で、既に3分くらいはたってしまっていますから、ここはあまり神経質にならなくても大丈夫だと思います。

それよりも気をつけて欲しいのが「朝起きてすぐに磨く」ということです。人は眠っている間、雑菌の増殖を抑え、歯を守る作用がある唾液の分泌が大きく落ち込んでしまいます。その結果、翌朝には口の中に雑菌が増殖し、その量はなんと大便15g分とも言われているのです!朝起きて冷蔵庫に直行し、水や牛乳をガブ飲みしている人は、毎日ウン◯を大さじ一杯食べていることになります!

朝起きたら洗面所にダッシュして、しっかりと歯磨きをしたくなったでしょう。その際は歯磨きの「質」も大切です。以前取り上げた「電動歯ブラシ」も非常にオススメですから是非導入を検討してみましょう。

もちろん朝食後も磨くことは言うまでもありません。したがって1日3回プラス1回は、必ず歯磨きをするようにして下さい。可能なら「寝る前」も加えて1日5回にすると完璧だと思います。

目と歯は一生の財産です。大切にして、しすぎることはありません。皆さんも早速実践してみて下さい!
林幹人


 

motohito884 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 健康法

2013年11月11日

空気清浄機の性能に驚嘆!

林もとひとです。娘が生まれたことで日常生活が大きく変わった我が家ですが、今回のタイトル「空気清浄機」を新たに導入したのもその一つです。

IT機器や家電には詳しい方だと自負している私ですが、これまで空気清浄機は使ったことがありませんでした。夫婦ともに花粉症ではありませんし、自宅の空気が汚れているなどという自覚もなかったからです。 

しかし使ってみてビックリ!その優秀さに感動すら覚えてしまいました。自動運転のボタンを押すだけで、自動的に部屋の空気をキレイにしてくれるのですが、特筆すべきはその賢さと加湿機能です。 

例えば犬の散歩に出かけるとき、私はいつも部屋着から運動着に着替えるのですが、それまで静かに運転していた空気清浄機が突然「ブォォー」っと強運転に切り替わるのです。 肉眼では全く見えませんが、細かいホコリが舞い上がっていて、それを空気清浄機が感知して集塵しているのです!同様に魚を焼いた時や、オムツを替える時にも「ニオイ」に反応して自動的に運転モードが変化します。

加湿機能も優秀で、設定した湿度を下回ると自動的に加湿運転に入り、それ以上になれば通常運転に戻ります。普通の加湿器の場合はこうはいきません。強弱の調整はできても基本的にOnかOffですので、湿度計で部屋の湿度を確認し、手動で調整しなければなりません。

131111-0001
ウチで大活躍中のシャープ「KC-700Y5-W」です。ボタンひとつで部屋の空気を清浄し、一定の湿度に保ってくれる頼もしいヤツ。花粉はもちろん最近問題になっているPM2.5にもバッチリ対応しています。※PM2.5 については4月8日の記事をご参照ください。 

空気が乾燥し、風邪などで体調を崩しやすくなるこれからの季節に備え、皆さんも導入を検討してみて下さい。 
林幹人 


motohito884 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ | 雑学・豆知識

2013年11月07日

仕事が終わらない人へ2「グズグズせずに取りかかれ!」

林もとひとです。以前第1弾として「8割仕上げの仕事術」を取り上げたところ、大きな反響をいただきました。ビジネスマンにかぎらず主婦や学生さんにも応用出来るテクニックですので、知らない方がいたら教えてあげて下さい。

さて、今回は仕事術第2弾として「グズグズせずに取りかかれ!」をご紹介します。既にお気づきの方もいるかと思いますが、ズバリ「グズグズせずに取りかかれ!」というタイトルがそのまま内容の全てです。 

「なーんだ、そんなことか」とお思いの方、やるべきことを先延ばしにしていませんか?他の誰かがやってくれるのを待っていませんか?失敗が怖くて始められずにいませんか?

実は、物事を成し遂げる上で最も重要で困難なことは「取りかかること」なのです。 なかなか仕事が終わらない人は、なんのことはない「始めていない」だけということが多い。皆さんも心当たりがあるでしょう。

成功させるために必要な「準備」と称してグズグズしながら集めた情報など、始めてから得られる経験に基づく情報に比べれば微々たるものです。成功するにはまず「始めること」なのです。※過去の記事:再認識!「思い立ったが吉日」で詳しく説明していますので、時間がある方はご参照ください。

ひとたび始めてしまえばこちらのものです。仕事や勉強にとりかかって10分もすれば、すぐにペースを掴んでどんどん捗るようになります。すると、あんなに大変に思えた課題が思ったより簡単に攻略出来たことに気がつくでしょう。

気になる課題がいつまでも未処理で残っていては、精神衛生上もよくありません。後回しにせず、四の五の言わずに始めてしまいましょう。さあ、皆さんも「グズグズせずに取りかかれ!」実践してみて下さい。
林幹人 


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 仕事術 | 雑学・豆知識

2013年11月04日

フルグラにハマる

林もとひとです。前回のブログで「朝型生活」を取り上げ、毎朝決まった時間に朝食をとるようになったと書きました。今回はいろいろ試した中で、私が一番気に入ったものを紹介しようと思います。

それは「フルーツグラノーラ」です。麦や玄米、とうもろこしなどが中心のシリアルに、ドライフルーツやナッツなどがミックスされたもののことで、日本でも近年人気が高まっている食品です。

ご飯と味噌汁が理想なのは言うまでもありませんが、何せ40男の一人(プラス犬一匹)暮らしです。どうしても手軽さが最優先になってしまいます。※なぜ一人暮らし中なのかは前回のブログをご参照ください。

フルーツグラノーラは袋からザッと出して牛乳やヨーグルトをかけるだけと手軽で、栄養バランスも優れています。そして特筆すべきはその美味しさ!シリアルというと代名詞とも言える「コーンフレーク」を連想する方も多いかと思いますが、アレなんかとは全然比べ物になりません。

何種類か発売されていますが、私がいつも食べているのはネット通販などでも非常に人気が高いカルビーの「フルグラ」というやつです。

131104-0001
一般的なコーンフレークなどと違って牛乳をかけてもベチャッとせず、 最後までサクサクの食感が楽しめますし、りんご・パパイヤ・いちごなどのドライフルーツがとても良いアクセントになっています。

食物繊維も豊富なので、便秘にも効果があります。最近はヘルシーさを増すために牛乳ではなく豆乳をかけていますが、全く遜色ない美味しさなのでオススメです。 

手軽で美味しく、栄養バランスも優れたフルーツグラノーラ。 食べたことないという方は是非!試してみて下さい。
林幹人 


motohito884 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ | 健康法
記事検索