2014年01月

2014年01月30日

がんばれ!!ふさこがね

林もとひとです。今回のタイトル「ふさこがね」ってご存知ですか?2006年にデビューした千葉県の独自品種米、いわゆるブランド米です。

粒が大きくふっくらとした炊き上がりで、食感はやや軟らかくもっちりとした粘りがあるのが特徴の、非常に美味しいお米です。冷めても硬くなりにくいため、おにぎりや太巻き寿司にも最適で、 小売店や料理人の方からは非常に高い評価を得ているそうです。

ところが、この「ふさこがね」を知らない千葉県民が4割に上ることが、県が実施した消費動向アンケートで明らかになったのです。千産千消を推進する千葉県のブランド米を、千葉県民の多くが知らないというのはなんとも寂しい話です。

県産米の販売促進活動についても7割が「知らない」と答えていて、いかにPRが出来ていないかということを露呈してしまいました。

一方で、1999年に品種登録された「ふさおとめ」は76.8%の認知度があり、名前が似ている2品種が「混同」されてしまっているのではないかと感じました。「ふさこがね」は「中部64号」と「ふさおとめ」の掛けあわせで生まれた品種なので、言ってみれば親子になるため似たような名前になったと推測しますが、ブランド米としての独自性を考えるとこのネーミングはマイナスに作用しているような気がします。

140131-0001140131-0002
左:ふさこがねちゃん   右:ふさおとめちゃん

更に2品種にはそれぞれイメージキャラクターが存在し、大々的にお米のパッケージにも上記のイラストが印刷されているのですが、親子ということで名前が似ている割にはキャラの系統は全く異なります。

ここにも「ブランド戦略ベタ」具合が現れている気がします。全国で爆発的に販売量を伸ばしている北海道のブランド米「ゆめぴりか」は、ロッテキシリトールガムや明治おいしい牛乳を手がけたグラフィックデザイナー佐藤卓(さとうたく)氏がパッケージデザインを担当し、TVCMや公式HPで統一されたブランドイメージを作り上げています。

私も「ゆめぴりか」は食べたことがありますし、確かに美味しかったですが、我が千葉県の「ふさこがね」も決して負けていません。美味しさで負けていないのですから、ブランド戦略次第でふさこがねも一大ブランドに成長するはずです。

まだ食べたことがないという方、食べてみてください。美味しいですよ!千葉県のふさこがね!
林幹人 


motohito884 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 地元PR | お知らせ

2014年01月27日

急げ!インフルエンザ予防接種

林もとひとです。今年もまたインフルエンザが猛威を振るっています。国立感染症研究所は今月13~19日の1週間に報告されたインフルエンザの患者数が1医療機関当たり11.78人になったと発表しました。厚生労働省は「本格的な流行に入った」として注意を呼び掛けており、流行のピークは2月上旬ごろになる見込みだそうです。

この期間に医療機関を受診した患者は約66万人と推定され、前週の約34万人からほぼ倍増となっています。冬休みが終わり学校等への影響も広がっていて、休校や学級閉鎖をした施設は小学校を中心に1週間で698施設に上ったとのことです。

WS0143
国立感染症研究所によるインフルエンザ流行レベルマップです。

対策としては一般の風邪同様「うがい・手洗いの励行」「部屋の湿度を適切に保つ」「飛沫感染予防のマスクを着用する」などがありますが、念の為に「予防接種」もやっておきましょう。

予防接種という呼び名から、これさえ受けておけば感染しないという人がいますが、それは間違いです。インフルエンザウイルスは頻繁に変性を繰り返していて、全てのウイルスに対応できるワクチンは存在しません。 したがって感染を100%防ぐことは出来ませんが、一定の予防効果があることは間違いありません。

更に予防接種には重症化(急性脳症や肺炎など)を防ぐ効果があり、免疫力の低い子供や高齢者が優先的にワクチンを接種すべきとされるのはこのためです。

費用はおおむね3,000円前後が平均なようで、決して安くはありませんが、感染して仕事や学校を1週間休むようなことになったら大変です。

まだの人は、明日にでもかかりつけの病院に相談してみましょう。
林幹人



motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | 意見・思い

2014年01月23日

今日は何の日?

林もとひとです。突然ですが、今日(1月23日)は何の日だかご存知ですか?1994年にEジャパン協議会によって制定された「電子メールの日」で、「1(いい)23(ふみ)」→(いい文・E文)の語呂合わせで決められたそうです。

過去の1月23日に起こった出来事もいくつか列挙してみますと、
1905年 ニホンオオカミの最後の一匹が奈良県で捕獲された
1912年 万国阿片条約調印
1949年 日本国憲法下における初の総選挙及び、初の最高裁判所裁判官国民審査が実施された
1952年 NHKが初めて国会中継を放送
1984年 宇宙開発事業団が日本初の実用放送衛星「ゆり2号a」を打ち上げ
2006年 千葉県八日市場市と匝瑳郡野栄町が合併し、匝瑳市に

更に1月23日生まれの有名人は
1828年 西郷隆盛
1907年 湯川秀樹
1929年 鈴木健二(NHK元アナウンサー)
1938年 ジャイアント馬場
1946年 丸山和也(参議院議員・弁護士)
1954年 小日向文世(俳優)
1968年 葉加瀬太郎(音楽家)
1971年 川村カオリ(歌手)

・・・と、ざっと挙げただけでも 1月23日にまつわることがこんなに沢山あるんです。これだけのことを調べるのはきっと大変だったろうとお思いですか?全然そんなことはありません。じつはスマホのアプリが全部教えてくれるんです! 

140124-0001
その名もズバリ「雑学☆何の日」。iPhone用Android用どちらも無料で利用できます!

アプリを立ち上げると今日の日付に関する様々なデータが参照できますので、「今日は何の日」と思ったらすぐに調べることが可能です。もちろん日付を指定すれば1年365日全ての日を調べることもできます。

待ち時間の暇つぶしにはもってこいですし、日頃のちょっとした会話のきっかけとしても有用です。私のように人前でスピーチをすることが多い人は冒頭の「ツカミ」としても活用できますね。(実際に私も何度かお世話になっています)

ただし無料アプリの宿命か「広告」が画面下部にしつこく表示されてしまうのはマイナスポイントですね。時にはアダルト系の広告も表示されるので、人前で参照する時はご注意を。

いずれにしてもスマホにダウンロードしておいて損はないアプリです。興味がわいた方は試してみてください。
林幹人
 

motohito884 at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめアプリ | 雑学・豆知識

2014年01月20日

コンビニコーヒーが凄い!

※HPの「月刊コラム」を更新しました。今回は動き出した普天間基地移設問題を取り上げます。先般の名護市長選挙では「移設反対」の民意が示されましたが、大局に立った判断が必要です。

林もとひとです。この季節は温かい飲み物が欲しくなりますね。無類のコーヒ好きである私は、以前の記事にも書いたように「マイボトル」にコーヒーを入れて持ち歩いていますが、最近は本格的な淹れたてドリップコーヒーが100円で飲めるので、マイボトルの出番が少し減ってきています。

低価格の本格ドリップコーヒーといえば、2008年にマクドナルドが「元祖」100円コーヒーの「プレミアムローストコーヒー」で大ヒットしたのが始まりだと思います。

この流れを受けて大手コンビニ各社が相次いでこの市場に参入しました。サークルKサンクス(100円)を皮切りに、ローソン(180円、Pontaカード提示で150円)やファミリーマート(150円)、ミニストップ(150円)が追随しました。そして最大手のセブンイレブンが満を持して昨年1月に「セブンカフェ」(100円)で参戦し、大きなムーブメントを起こしました。 

140122-0001

一杯300円のスターバックスは確かに美味しいですが、100円のコーヒーもかなり「イケている」というのが私の感想です。 これを証明するようにその人気は凄まじく、セブンカフェ(コーヒーのみ)の年間売上は500億円超と言われます。

マクドナルドのドリンク年間売上(コーヒーだけではありません)は1400億円、スターバックスのビバレッジ年間売上(全ての飲み物の合計です) が869億円なので、セブンカフェのインパクトの大きさが分かります。

オフィス街などでは「朝の一杯」待ちの行列が出来るほどの人気で、女性客の取り込みにも成功しているようです。まだ飲んだことがないという方は是非お試し下さい。その人気に納得できると思います。
林幹人 


motohito884 at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 雑学・豆知識

2014年01月16日

第三者委員会に期待

林もとひとです。昨年11月に発生した袖ケ浦市の県立福祉施設「養育園」での痛ましい暴行死亡事件。知的障害を持つ利用者の保護と、自立に向けた支援を行うことを目的に運営されている施設で、あろうことか利用者を暴行し死亡させてしまった言語道断の事件です。

その後の調査で5人の職員が暴行に関与し、亡くなった方の他にも9名の利用者に対し、複数回にわたって暴行を加えていたことが明らかになりました。徹底的な全容解明と再発防止のため、県は同施設の立入検査に加え、 同じ組織が運営する障害者支援施設「更生園」にも立入検査を実施してきました。

やはりというか残念ながら更生園でも暴行や性的虐待などが行われていたことが判明し、自体の深刻さを痛感すると同時に、強い憤りを感じます。

さらに16日に開催された健康福祉常任委員会で、今回事件を起こした運営団体「千葉県社会福祉事業団」が、2002年にも職員による暴行があったとして県の立入検査を受けていたことが分かったのです。

当時の暴行を告発した文書には、生々しい具体的な暴行例や、関与したであろう十数名の職員が実名で挙げられていて、中には現在事業団の幹部になっている職員もいたと聞き、慄然としました。 

もちろん立ち入り検査後には事業団に改善勧告を出し、事業団側は関係者の処分を行なったということですが、結果として今回の事件が発生してしまったことから、対策が不十分であったことは明白です。

そこで県は虐待の経緯や原因を解明するために「第三者検証委員会」を設置しました。障害者の権利擁護に携わる弁護士や福祉事業者、障害者の保護者ら6人で構成され、県の立ち入り検査結果を基に虐待の原因や業務管理の実態などを調査することになっています。建物の構造の閉鎖性などの検証に加え、指定管理者制度の妥当性も協議するということで、徹底的な膿出しによる問題の根絶が期待されます。

亡くなった方のご遺族や、暴行を受けていた利用者の保護者の心情を思うと胸が苦しくなる思いです。信頼回復にはひたむきに努力を続ける以外ありません。今後も注視してまいります。
林幹人 


motohito884 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い 

2014年01月13日

ブルー・オーシャンを目指せ!

林もとひとです。今日は成人の日。千葉県内では5万9,901人が新成人となりますが、6万人を割り込んだのはアンケートを開始した1985年以降初めてのことです。市町村別で見ると最も新成人が多いのは千葉市の8,915人で、船橋市5,404人、松戸市4,344人と続きます。

成田市は1,380人が新成人となり、昨日開催された成人式には989人が参加しました。成田市では今年の3月31日をもって市政60周年を迎えることを記念し、初めて成田国際空港で成人式を開催する事となりました。

th_IMG_1480th_IMG_1481
第2ターミナル前のイベント広場を会場として使用しました。屋外のため天候が心配されましたが、幸いにも好天に恵まれました。会場の雰囲気が異なるからか、今年の新成人の皆さんは例年と比べ圧倒的に私語が少なかったと思います。

そして式典の中で、主催者である市長から新成人に向けて、素晴らしいメッセージが贈られました。市長にOKをもらいましたので、ここで要旨を紹介させていただきます。

靴を製造販売している「とある会社」の新入社員2人が海外転勤を命じられました。ほどなく2人から現地の報告が入ります。1人は「ダメです。この国には靴を履くという文化が無く、国民は皆裸足で生活しています。撤退すべきです。」と報告しました。ところがもう1人からは「凄いです!この国ではまだ誰も靴を履いていません。我が社が独占できますよ!」と報告してきたのです。

2人とも「その国では誰も靴を履いていない」という事実を捉えていますが、それを「チャンス」と捉えるのか「リスク」と捉えるのか、あるいはプラスの側面に注目するかマイナスの側面に目を向けるか。それによって2人は正反対の結論を導き出したのです。

さすがに現実の社会では後者の報告はあまりにも脳天気かもしれません。でも競争の激しいレッド・オーシャンよりも、競争のない未開拓市場であるブルー・オーシャンを探せという考え方は、経営戦略論としてビジネス界において定着しています。

何事にも前向きに、「ポジティブシンキング」を実践していれば、自ずとブルー・オーシャンを開拓できると思いますし、その後の成果も期待できるはずです。 新成人の皆さん、若さと情熱でブルー・オーシャンを目指しましょう!
林幹人 


motohito884 at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活動報告 | 仕事術

2014年01月09日

市川市で新たな振り込め詐欺対策

林もとひとです。以前からこのブログでも何度か取り上げている振り込め詐欺。議会での質問項目としても取り上げ、被害防止に向け関係各位の努力が続いています。

それでも千葉県は依然として被害が多発しており、特に市川市は県内でも一番多く、昨年1月から7月までに市内で発生した振り込め詐欺の被害は41件で、被害総額も1億500万円にも上っていました。

そこで同市が千葉県警と連携し、通信事業者ウィルコムの協力を得て「迷惑電話チェッカー」を無料で貸し出す取り組みを始めました。 

140109-0001140109-0002
迷惑電話チェッカーです。自宅の固定電話に接続すると、千葉県警から提供される迷惑電話番号サーバーのブラックリストに基づき、かかって来た電話を自動的に選別してくれます。左図のように家族からの電話などは「青」、番号通知がしてあれば「黄」、非通知だったりブラックリストに乗っている番号なら「赤」という具合に、電話にでる前から安全性を色と音声で知らせてくれます。

被害者の多くが「振り込め詐欺のことはしっかりと認識していて、日頃から気をつけていた」と訴えているように、分かっていても言葉巧みに騙す手口は年々巧妙化しています。

電話にでる前から「心の準備」をすることが出来るこのチェッカーには、かなりの効果が期待できると思います。現状では2年間のモニター期間が過ぎると、チェッカーを返却するか有償(月700円)で継続するかになっていますが、十分な効果が得られるのなら自治体による公的負担も検討すべきだと思います。
林幹人


motohito884 at 16:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | おすすめグッズ

2014年01月06日

「クックパー」が凄すぎる!

林もとひとです。お正月休みも終わり、いよいよ今日から仕事はじめという方も多かったのではないでしょうか。私も年末年始は比較的ゆっくりと過ごすことができましたので、頭を仕事モードに切り替えるのに少し時間がかかりそうです。

今回も例年通り、大好きな「お餅」を食べ過ぎて体重を増やしてしまったのですが、その過程で自分的には「チョー大発見」があったので紹介しようと思います。

それは旭化成の「クックパー®フライパン用ホイル」です。見た目や使い勝手は普通のアルミホイルと大差ないのですが、 コレでお餅を焼いてみてびっくり!全くくっつかないのです!

140106-0002
パッケージから、てっきり焼き魚用かと思っていましたが、オーブントースターに敷いてお餅やピザを焼いたり、フライバンに敷いて油を使わずに目玉焼きを作ったりと、幅広く活躍します。

とにかくその「くっつかなさ具合」には感動すら覚えてしまいました。こんがりきつね色に焼きあがったお餅が、ぷっくりと膨らんで敷いたホイルにべっとり・・・と思いきや、箸で持ち上げるとスルリとはがれるのです!

シリコーン樹脂加工が施してあるらしく、食品とくっつかないため簡単には破れませんし汚れませんので、1枚で繰り返し使うことが出来てしまいます。 

すでに使っている方からすれば「何をいまさら」かも知れませんが、未体験の方は必ず驚くと思います。是非試してみてください!
林幹人 


motohito884 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ | 雑学・豆知識

2014年01月02日

【映画】ファイト・クラブ

林もとひとです。新年あけましておめでとうございます!皆さんはどのようにお正月をお過ごしですか?カレンダーの巡り合わせもよく、9連休という方も多いのではないでしょうか。

新作映画は大体見てしまったし、なにかおすすめの映画は?との声にお応えして、今回は1999年公開の「ファイト・クラブ」を紹介します。 14年も前の作品ですが非常にスタイリッシュで、それでいて重厚なテーマを持った深い作品です。

監督は「セブン」「ドラゴン・タトゥーの女」のデビッド・フィンチャー。俳優陣は私の大好きなエドワード・ノートンやブラッド・ピット、「英国王のスピーチ」やこのブログでも紹介した「ダーク・シャドウ」「レ・ミゼラブル」にも出演しているヘレナ・ボナム=カーターなど、 実力者揃いです。

物質的には裕福にもかかわらず、精神の充足を得られず不眠症に悩む主人公(エドワード・ノートン)が、ある日偶然知り合った男「タイラー・ダーデン(ブラッド・ピット)」によって夜な夜な開かれる闇のクラブ「ファイト・クラブ」へ足を踏み入れます。

激しい痛みの中で生きる実感を取り戻し、精神も満たされる主人公。しかしファイト・クラブはエスカレートし、反社会的な活動を始めます。カルト的な組織拡大を続けるタイラーと、それに危機感を覚えた主人公は対立することになり、驚愕の事実が明らかに・・・・。 

というストーリーで、当時の映画予告編から連想される「単なる殴り合いの映画」とは大きくかけ離れた複雑な物語になっています。タイトルや暴力シーンも多いことから誤解されることも多い映画ですが、 私は主人公の成長を綴った「ヒューマンドラマ」だと思っています。

「喧嘩する男たちの話」と勘違いしてスルーしていた人は是非、この機会に見てみて下さい。暴力シーンに加え性描写も含まれていますので、さすがに「一家団欒」での鑑賞には向きませんが、ラストのどんでん返しは衝撃です。

※鑑賞を予定している人はウィキペディアのあらすじは読まないで下さい。「あらすじ」ではなくほぼ「脚本」そのままに詳しくネタバレしていますので。
林幹人 

ファイト・クラブ ★★★★★(星5つ!)

※満点は星5つです。黒い星★が1点。白い星☆が0.5点です。 

ファイト・クラブ [DVD]
エドワード・ノートン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2012-12-19

 


motohito884 at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 映画・本などの感想 | 意見・思い
記事検索