2014年06月

2014年06月30日

簡単!激うま!!塩どうふ

林もとひとです。普段全く料理などしない私ですが、インスタントラーメンと目玉焼き以外にも一つだけ得意料理があります。今回のタイトル「塩どうふ」です。

もともと豆腐(特に絹ごし)が大好きなので、たっぷりと薬味をのせて王道の冷奴というのもいいですが、今回紹介する塩どうふは中華風で味が濃いので、疲れた時などにも最高ですし、それでいてしつこくなく、自分的にはかなりイケてる一品だと自負しています。

IMG_1621_R
作り方は笑ってしまうほど簡単です。ネギをたっぷり刻んで、ごま油、アジシオ、黒胡椒を適量入れてよく混ぜます。・・・これで完成です。

2014-07-01_232211
昔ながらの一丁だと大きすぎるので、最近よくコンピニなどで正方形の3個パック入りで売ってるやつが一人前にちょうどいい大きさです。 

「適量」というところがテキトーで申し訳ないのですが、これは好みで変えていただいたほうが美味しくなるからです。私は濃い味が好きなので、塩分の摂り過ぎは良くないと思いつつかなり多めに入れています。 

本当に簡単でびっくりするぐらい美味しいので、夜小腹がすいた時や食事にもう一品追加したいときなどにピッタリです。是非皆さんも試してみてください!
林幹人 


motohito884 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | おすすめグッズ

2014年06月26日

空港第2ビル駅の二重改札が解消へ!

※HPの「月刊コラム」を更新しました。「首都圏空港機能強化技術検討委員会」が中間とりまとめを発表し、成田と羽田両空港の更なる拡張性などが提案されました。2つで1つの「首都圏空港」としての明確なビジョンが必要です。

林もとひとです。先般千葉県議会の一般質問において、私と同じ成田市選出の小池県議が取り上げた、成田空港第2ビル駅の「二重改札」問題。JRの利用客はJRと京成電鉄の両方の改札を通らなければ駅外に出られないという現状は、日常的に改札を利用する人はもとより、慣れない外国人には極めて分かりづらく、改善すべきとの内容でした。

そして早速空港の運営会社などが2020年の東京五輪までの改修を目指し、検討会を設置して本格的な協議に入ることになったと今日の読売新聞が報じました。

現状ではJRを使って空港第2ビル駅に到着した利用客は、JRの出口専用の改札機に切符を入れ、出てきた切符を取って10メートルほど離れた京成の出口改札にまた切符を入れるとそこで回収されるという仕組みになっています(スイカなどのICカードならば2回タッチ)。

当該駅は私も何度か利用していますが、確かに最初は戸惑ったのを覚えていますし、切符を取り忘れて駅員さんに呼び止められている人も何度か見かけました。

2014-06-26_224956
読売新聞より

駅施設を管理する成田空港高速鉄道によると、空港内に入る際に身分証の提示を求める「検問」のエリアが、京成の出口改札の先に設定されていることや、JR側の通路が手狭なため、入り口改札機を出口兼用とするのが難しいことが二重改札となっている原因とのこと。

いずれにせよ空港のフリーゲート化に伴い、今年度末までに検問は監視カメラによるチェックなどに切り替わっていく予定です。空いた検問エリアスペースを有効に活用し、施設改修にむけて検討が行われることになります。

2020年の東京五輪に向け、増加が予想される訪日外国人やビジネスマン、旅行客がスムーズに移動できるよう、スピード感を持って進めてほしいと思います。
林幹人 


motohito884 at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 地元PR

2014年06月23日

メタボの次はロコモにご用心

林もとひとです。今回のタイトル「ロコモ」ってご存知ですか?ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の略で、運動習慣のない生活や加齢により筋肉や骨などの運動器が衰えて、「立つ」「歩く」「走る」などの日常生活に必要な「身体を移動させる能力」が低下した状態のことをいいます。

そのことから「お年寄り特有の問題」と勘違いされがちですが、骨や筋肉の量は20代から30代がピークで、日頃から運動する習慣がないとどんどん弱まっていきます。車通勤で会社でもエレベーターなどという人は要注意、40代やもっと若い方でもロコモの予防に努めないと、大変なことになるかもしれません。

以下の7つのチェックであなたの「ロコモ度」を確かめてみましょう!

1.家の中でつまづいたり滑ったりする
2.階段を上るのに手すりが必要
3.15分間休憩なしで歩くことができない
4.横断歩道を青信号で渡りきれない
5.片脚立ちで靴下がはけない
6.買い物が2㎏の重さを超えると持ち帰るのが困難
7. 掃除機の使用や布団の上げ下ろしなど、家のやや重い仕事が困難

これらの項目は全て骨や関節、筋肉などの運動器が衰えているサインです。1つでも当てはまればロコモの可能性がある「予備軍」です。 

「ヤバイ」と思った方は以下の2つのロコトレをすぐに始めましょう。

1.バランス能力をつける片脚立ち
2014-06-24_010917

2. 下肢筋力をつけるスクワット
2014-06-24_011026

実は私も5.の「片脚立ちで靴下を履く」というのが「やや」怪しいので、片脚立ちのロコトレはやってみようと思います。他にもロコモに関してはコチラの予防啓発公式サイトに詳しく解説されていますのでチェックしてみてください。 
林幹人
 

motohito884 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 健康法 | 雑学・豆知識

2014年06月19日

女性が子供を産まない(産めない)理由

林もとひとです。17日に閣議決定された平成26年度版「少子化社会対策白書」で、未婚率の上昇と晩産化が進行していることが明らかになりました。

25歳から29歳の未婚率は男性71.8%、女性60.3%で、30年前の昭和55年と比べると男性が16.7ポイント、女性は36.3ポイントも上昇しているというデータが示され、平均初婚年齢も夫30.8歳、妻29.2歳とやはり上昇傾向にあるとのことです。

結婚が遅くなっているということは当然出産も遅くなっているわけで、昭和55年に26.4歳だった第1子出産の平均年齢は、平成24年には30.3歳にまで上昇しています。晩産化は少子化に直結する要素で、なんとか食い止めなければなりません。

しかし今更改めて言われるまでもなく、少子化問題は長年の懸案事項として様々な対策が取られてきたはずです。今回のデータでこれまでの対策に効果が無かった、あるいは不十分だったということが証明されてしまった形です。

白書では「出産しない理由」も示されていて、若い世代は「子育てや教育にお金がかかりすぎるから」という経済的な問題が60.4%となっていますが、35歳以上になると「欲しいけれどできない」や「高年齢で産むのはいやだから」など年齢からくる不妊などが主な理由になってきます。

つまり子育てに適した若い世代は「お金がない」ために、そして経済的なゆとりが出てくる頃にはすでに「高齢出産」となってしまうということが、女性が子供を産まない(産めない)理由となるわけです。

日本の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産むとされる子供の数)は1.43と微増傾向ではありますが、人口の維持に必要とされる2.07には遠く及びません。

女性の年齢が上がるほど妊娠しにくくなり、流産率や妊娠中の合併症の危険性が高くなるという知識を啓発・普及していくことと、何よりも若い世代にしっかりとお金が回る仕組みを構築しなければ、問題の根本的な解消にはなりません。

我が家も既に晩産ですが、せめてもう一人は欲しいと思っていますので、少子化解消に貢献しようと思います!
林幹人


motohito884 at 23:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い 

2014年06月16日

SNSは泥棒の情報源!?

林もとひとです。FB(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)を中心に、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)と呼ばれるインターネットサービスはもはや電子メール以上に浸透していると言っても過言ではないかもしれません。

特にフェイスブックは利用者も多いので、情報収集源としてや連絡手段として手軽で便利です。また、文字だけでなく写真や動画も簡単に投稿でき、情報発信のツールとしても非常に優秀なので、政治家や芸能人も積極的に活動を発信しています。

旅行先での美味しい料理や、海外での刺激的な体験を写真に撮って、その場でフェイスブックを通じて友人に発信するといったことが簡単にでき、その写真を見た友人もすぐさま「楽しそう~!今度私も連れてって!」 などとコメントをするなど、まさにインターネットを介して世界中どこでもリアルタイムでコミュニケーションが取れるのです。

しかし同時に危険もはらんでいることを忘れてはいけません。例えば「久々の家族旅行でハワイに来ています!」などと投稿すると「ああ、あの家はしばらく留守だな」とバレバレになってしまいます。実際に元空き巣50人へのアンケート調査によると、なんと78%が盗みの際にフェイスブックやツイッターを見ると回答しています。

IMG_1759_R
テレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)より。こんなデータが存在すること自体も驚きですね。 

ですから私は出張などで何日か家を空けるときは必ず「事後報告」形式でSNSに投稿します。一家の主が不在だということを知らせてしまっては、家族に危険が及ばないとも限らないからです。

同様に娘の写真なども、生まれたての写真をこのブログでアップして以来、1枚たりともSNSには投稿していません。誘拐されたり写真を悪用される可能性があるからです。SNSにアップロードするということは、全世界にそれを公開するということです。

大げさではなく、用心に用心を重ねても、決してし過ぎるということはありません。便利で使い勝手が良いものであるがゆえ、そこに潜む危険性も十分に認識し、上手くメリットを引き出すようにしたいですね。
林幹人 


motohito884 at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 雑学・豆知識

2014年06月12日

県民の日ちば笑顔まつり

林もとひとです。昨年このブログで千葉の「県民の日」の成り立ちをご紹介しましたが、今年も間もなく6月15日がやってきます。県民の日制定30周年に当たる本年は、6月14日(土)に千葉県文化会館で「県民の日ちば笑顔まつり」が開催されます。

大ホールでは観覧希望ハガキが殺到した「東京ディズニーリゾート・スペシャルショー(応募は既に終了)」を実施するほか、小ホールでは落語や漫才、屋外ショーエリアでは「ちばアクアラインマラソン2014」 ご当地キャラ応援団結成式が行われ、PR大使であるNMB48の藤江れいなさんが登場します!

2014-06-13_234642
 更にベイエフエムの特別番組公開収録を行い、千葉にゆかりのある豪華ゲストが多数出演する他、津軽三味線で女性初の日本一に輝いた千葉県出身の土生みさおさんのステージやチバテレで人気のキャプテン☆Cなど盛り沢山です。

2014-06-13_2355042014-06-13_235519
津軽三味線の土生みさおさん   キャプテン☆C

千葉県文化会館以外でも、県内各地で県民の日を記念して様々なサービスを提供する予定です。私の地元成田市でも「成田ゆめ牧場」で親子3代で来場の場合は全員入場料無料(15日限定)など、ユニークな取り組みが予定されています。

コチラから県内各地のサービス提供施設を確認できます。 

今週末は家族みんなでお出かけし、県民の日を祝いましょう!
林幹人 


motohito884 at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 地元PR | お知らせ

2014年06月09日

スマホサイズの傘!?

林もとひとです。梅雨入りするやいなや日本列島は各地で大雨が頻発し、土砂崩れなどの大きな被害が出ている地域もあります。気象情報には十分に注意し、警報が出た時にはいつでも避難できるように備えておきましょう。

以前このブログで紹介したXバンドに対応した雨雲レーダーアプリは非常に精度が高く、利用価値が高いと思います。いつも使っている天気予報アプリを補完するものとして、スマホに入れておくと役に立ちます。

さて、この季節の必需品である「傘」。前回のネタ「付箋」同様、あまりこだわっていない人が多いような気がします。言うまでもなく雨に濡れるのを防ぐための道具ですが、デザインや形、サイズや使い方のコンセプトなど、非常に個性豊かな製品が揃っていて、状況によって使い分ければかなり快適になると思います。

2014-06-10_233410
 このブログでも以前紹介したオランダの「センズアンブレラ」です。この特徴的な形で強風を受け流し、普通の傘が裏返ってしまうような状況でもビクともしないという触れ込みの傘です。

2014-06-10_235132
米国トーツ社の「オートマチック・オープン・クローズ・チタン」です。 私がメインで使っている傘です。最大の特徴は持ち手に付いているボタンを押すとワンタッチで開閉できる点です。開くだけでなく「閉じる」のもワンタッチなのは一度使うと手放せなくなる便利さです。同様の機構を備えた廉価品も多数売られていますが、「撥水性」「耐久性」「使いやすさ」「(少しの)高級感」などで、私はコレを選びました。

2014-06-10_235805
やっと来ました日本製。シューズセレクション社が展開する「ウォーターフロント」というシリーズの私のイチオシ「モバイルフラットプラス」です。収納時には薄さ2.8cm、長さ17cmという「スマホサイズ」になるのが魅力です。さすがにここまで小さいと、開いた時にも直径50cmなので私のような「大きめな男性」だとかなり窮屈です。しかし「イザ」という時の保険に持っておくと安心です。価格も1,000円とリーズナブルなのがポイント高いです。

ウォーターフロントは非常に多くのラインナップと、お手頃な価格、 豊富なカラーバリエーションが揃っていて、品質もしっかりしているので、老若男女問わず皆さんにオススメできる安心のシリーズです。チェックしてみてください。

2014-06-11_002030
ビニ傘。最後にオチみたいですが、やはりその手軽さと壊れたり失くした時のダメージの小ささから、結局コイツにお世話になることが一番多いかもしれません。

タイプの違う傘を2~3本持っておくと、いろいろ応用できて便利です。お気に入りの傘で憂鬱な季節を乗り切りましょう!
林幹人 


motohito884 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ | 雑学・豆知識

2014年06月05日

付箋で仕事効率アップ!?

林もとひとです。仕事に勉強にと、使ったことがない人はいないのではないかと思うほど、ポピュラーな文房具「付箋(ふせん)」。それだけに各社から様々なタイプが発売されていて、非常に選択の幅が広くなっています。

しかし意外とコレにこだわっている人は少なく、昔ながらの3×5cmくらいの付箋紙を「なんとなく」使っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、私が普段使っているオススメの付箋を紹介します。 


ティッシュのように一枚取ると次が出てくるタイプの付箋です。 一度これを使うと、いちいちペンを置いて両手を使って付箋を一枚剥がす作業がとてつもなく面倒くさく感じます。デスクワークが多い方は一つ机に置いておくと、手放せなくなりますよ。


読書のお供はコレで決まりです。紙製ではなくフィルムタイプなので丈夫で破れにくく、透き通っているので文字にかぶっても邪魔になりません。読書をしていてアンダーラインを引いたページに貼っておけば、後から参照するのが簡単です。本当に丈夫なので、剥がしてまた別の本に貼るなんていうことも可能ですし、紙のようにヨレヨレになることもありません。20枚×9色なので180枚とかなりの枚数ですが、驚くほど薄く機能的なケースに収まっていますので、ケースごと本に挟んでおいても邪魔にならない程です。 


最後に変わり種を一つ紹介します。「LOOK!(ルック)」と書いてあるこの付箋。これを貼ったページを「見なさい」という意味で使うのですが、面白いのは途中に切り取り線が入っていて、その名の通り「ピリッと」ちぎると「LOOK!」から「OK!」に早変わりするのです。

つまり書類に目を通してほしい時に貼り付けて、見た後はピリッとちぎってOK!とすれば、その書類がチェック済みかどうかが一目瞭然というわけです。なかなかのアイデア商品ですよね。

ただし少々割高なので、毎日気兼ねなくどんどん使うというわけには行かないかもしれません。ユーモアの分かる上司に提出する書類に使うなど、「ここぞ」という時に威力を発揮する!?かも知れません。

どれも同じと思われがちな付箋ですが、自分の仕事にピッタリなものを見つけると、それだけで仕事効率が上がるほど差が出てきます。皆さんも見つけてみてください!
林幹人 


motohito884 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 仕事術 | おすすめグッズ

2014年06月02日

自動車税のクレジットカード納付に疑問

林もとひとです。自動車税納付率と納税者の利便性向上のため、今年から千葉県はインターネットなどを利用したクレジットカードによる納付に対応しました。

ほぼ全ての支払いを可能な限り「クレジットカード」と「電子マネー」で済ませている私にとっても嬉しいニュース・・・かと思いきや、色々とデメリットが多く、結局これまで通りコンビニで納付することにしました。

「Yahoo!公金支払い」 というサービスを利用して納付するのですが、一件につき一律324円の決済手数料がかかるというのです。車が2台ある人は648円余計に支払わなければならなくなります。

パソコンに向かって納税通知書に記載されている「納付番号」と「確認番号」、更にクレジットカード番号などをせっせと入力するのは利用者自身なのに、いったい誰に対して「手数料」を支払うのか甚だ疑問です。

番号入力などを利用者が行なうことで事務手続きが軽減され、本来の額よりも減額されてしかるべきだと思うのですが、「Yahoo!公金支払い」というサービス自体、利益を出すための民間企業が提供するサービスですから、手数料はすなわちYahoo!の利益ということになりそうです。

そして決定的なのが「納税証明書」が基本的に発行されないということです。 必要な場合は(必要ない人っているのだろうか?)別途県税事務所又は自動車税事務所へ交付申請しなければならず、わざわざ窓口や自動発券機まで足を運ぶか、切手を貼った返信用封筒と必要書類を添えて郵送で申請するという「嫌がらせ」としか思えない手続きが必要となります。

今や飛行機やライブのチケットも自宅で印刷して(印刷すら必要とせずスマホの画面を見せるだけでOKの場合もあります) 済ませる時代に、ここまで煩雑な手間を利用者に強いる感覚に唖然としてしまいました。

「お役所仕事」と揶揄されるものに一番欠落しているのはやはり「利用者目線」です。利用者の立場から物事を考え、より良いサービスを提供してもらいたいですね。
林幹人 


motohito884 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 雑学・豆知識
記事検索