2014年07月

2014年07月31日

子どもの自主性を伸ばす考え方

林もとひとです。先日受講したセミナーで精神科医の肩書を持つ講師が、子育てにおける父親と母親の役割りを非常に分かりやすく説明していて、大いに納得したので今回ここで紹介させていただきます。

「子育て」を「サッカーの試合」に見立てた時「選手」「監督」「審判」「サポーター」の4つの役割りの内、「子ども」「父親」「 母親」はそれぞれ何に当てはまるかという内容です。みなさんも一緒に考えてみてください。

一番わかりやすいのは「子ども」=「選手」でしょう。問題は「父親」と「母親」が「監督」「審判」「サポーター」のどの役割を担うかという部分です。

結論から言いますと「父親」=「審判」、「母親」=「サポーター」 で、両親は「監督」になってはいけないということです。

ご存知の通りサッカーの審判は選手が不正や反則をしたとき、笛を吹いて注意します。それ以外の時は決して選手から目は離しませんが、特に何かするわけではありません。 父親も基本的には子どものやりたいことをやらせ自主性を尊重しますが、道を外しそうなときだけは毅然と注意するという家族の中での「絶対規範」である必要があります。

サポーターは勝っていようが負けていようが、常に選手に寄り添い応援し続ける存在です。文字通り選手をサポートする役割りですが、母親も同様に常に子どもに寄り添い子どもを応援し、子どもを助ける存在であるべきということになります。

しかし近年教育熱心であることが行き過ぎて、子どもをがんじがらめに「管理」してしまう両親、つまり「監督」が増えていると聞きます。以前茂木健一郎氏の講演を紹介しましたが、子どもは「根拠の無い自信で頑張れる特性」をもっていて、何にでもチャレンジする。したがって、親は子どもが安心していろいろなことに挑戦できるよう「安全基地」の役割を担うべきだとおっしゃっていたのを思い出しました。子どもは自ら考え、自ら行動し成功や失敗を繰り返しながら成長します。良かれと思って親が口出しし過ぎることで、子どもの貴重な「成長の機会」を奪わないように気を付けなければなりません。

私も「審判」として家族から頼られるよう、自分の行動をもう一度振り返ってみようと思います。
林幹人 


motohito884 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 意見・思い

2014年07月28日

今どきの暑さ対策グッズ

林もとひとです。梅雨明け以降、日本列島は全国的に猛暑が続いています。経済効果を考えると、夏は暑く冬は寒いほうが良いといいますが、それにしてもここ数日の暑さは尋常ではありません。

特に屋外での仕事がメインの方は、しっかりと暑さ対策をしておかないと夏を乗り切ることは出来ません。以前このブログでも紹介した熱中症にも十分注意が必要です。こまめな水分補給を忘れないようにして下さい。 

仕事柄、夏祭りなどの地元行事や要望などの現場視察で屋外での活動も多い私ですが、それだけに暑さ対策にはいろいろなものを試しています。今回はその中で特に効果を実感できているオススメのグッズを紹介します。

140729-0001
アンダーアーマーヒートギアです。 よくアスリートが着用しているパツパツのアレです。独自技術により汗を即座に吸収し、素早く蒸発させる機能に優れています。半袖、長袖、各種サイズ・カラーもそろっていますので、運動時以外でも高機能な下着として着用できます。ただし少々高価なので、私も1枚しか持っていません。

140729-0002
ユニクロの高機能肌着エアリズムです。非常に肌触りがよく、生地自体もひんやりして気持ちいいです。抗菌防臭やドライ機能など肌着としての基本性能が高く、やはり人気商品のようです。1枚943円とやや高めですが、かなり快適なので3枚で1000円の肌着から乗り換えました。

140729-0003140729-0004
冷感スプレーです。左の「熱中対策」はいわゆるコールドスプレーのように瞬間的に冷却してくれるので、体の熱を一気に冷ましてくれます。メントールも配合されていますので、ひんやり感も持続します。右の「シャツクール」はシャツにスプレーしておくと、汗に反応してスースーするタイプです。湿布薬やキンカンみたいな冷感なので、スプレーし過ぎるとヒリヒリ寒くなりますので気をつけて下さい。

140729-0006
言わずと知れたネッククーラーです。昨年までは首元で結ぶタイプを使っていましたが、今年はマジックテープに切り替えました。劇的に涼しくなるものではありませんが、これを巻いてウチワや扇子であおぐとかなり涼しいです。

140729-0007
クイッククールミニです。手のひらサイズの扇風機に霧吹きが付いたような商品で、気化熱を利用し確かに涼しいです。単3乾電池1本で駆動し、持ち運びも簡単なのでスポーツ観戦等にはいいかもしれません。外回りの営業の方はなど、ビジネスマンもOKだと思いますが、さすがにコレをオフィスで使うのは勇気が要りますね。 

いかがですか。 更に日傘や帽子の着用で、直射日光対策をしながら水分補給をすることで、相当な暑さにも対抗できると思います。まだまだ猛暑は続きそうです。さまざまなグッズを活用し、夏を乗り切りましょう!
林幹人 


motohito884 at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ | 雑学・豆知識

2014年07月24日

千葉市が押印義務を大幅廃止!

林もとひとです。前回のブログで紹介した「チーバくんの認印」に多くの反響があったところですが、千葉市では6月から約2,000種類もの申請書類などへの押印を見直し、原則「不要」とする取り組みをはじめています。

千葉市の熊谷市長は、昨年の再選直後から本人確認手段としての「印鑑証明」を前時代的として、これまで慣習的に行われてきた印鑑を前提とした考え方に疑問を呈していました。

確かに本人確認の手段として「印鑑」を使っているのは世界的にも日本や韓国、台湾くらいで、ほとんどの国は「サイン」を本人確認に使っていて、銀行口座の開設時などにも広く認められています。

しかし日本ではご存知の通り、いくら窓口で免許証や保険証を見せて本人だと主張しても、印鑑がなければ書類を受理してもらえないということが当たり前で、わざわざまた印鑑を取りに帰るという手間を強いられてきました。

本人確認をするという「目的」よりも、印鑑という「手段」を優先させるといういかにも「お役所」的な部分に、熊谷市長はメスを入れたわけです。 

これによって放置自転車の引き取りや、保育所の入所申し込みなど、年間のべ約220万件の手続きが簡略化される見込みだそうです。ただ「印鑑」の文化にも良いものがあり、前回紹介した個性派はんこ屋さん「おすもん」など、独自に進化を続けている部分もありますので、完全に無くなってしまうようなことはないでしょう。

いずれにしても、これまでの慣例をただ踏襲するのではなく、利用者目線で大胆に見直していく市長の姿勢に感服しました。
林幹人

 

motohito884 at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | お知らせ

2014年07月21日

チーバくんが認印に!?

林もとひとです。先日自宅に届いた荷物をたまたま私が玄関口で受け取ることになり、差し出された伝票に何気なく認印を押したら、なんとそこには「チーバくん」がいるではありませんか!

IMG_1820
認印の中にちゃんとチーバくんがいます。下半身が全部入っていないので県南部の方は納得いかないかもしれませんね。 

家内に聞いてみると、ネットショップで注文したそうです。よく見るともう一つ似たような認印が置いてあります。試しに押してみると・・・

IMG_1821
こんなんでました。我が家の愛犬「はな」にそっくりな黒柴です。

日本社会で何十年と使い続けられてきた「認印」に、まだこんな遊びの部分が残っていたなんて。アイディアに脱帽してしまいました。

調べてみると沢山のショップが同様のハンコを作っていて、知っている人にとっては「何をいまさら」な商品のようです。

140722-0001
個性まるだしハンコおすもん 

今回チーバくんハンコを注文したネットショップです。他にもいろいろな遊び心あふれるデザインがそろっていますので、興味のあるかたはチェックしてみてください。プレゼントにも最適だと思います。
林幹人 


motohito884 at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 地元PR

2014年07月17日

目指せ!無料のゴールドカード

林もとひとです。ほとんどの方が1枚は持っているであろうクレジットカード。戦車やお城が一括払いで買えてしまうような、年会費35万円以上という超セレブなカード(俗にブラックカードと呼ばれています)から、年会費無料のカードまで無数に存在していますが、通常1万円の年会費が相場のゴールドカードが「無料」で持てるのをご存知ですか?

「イオンカード」「エポスカード」「セブンカード」の3枚はそれぞれ年会費無料(セブンカードは500円かかりますが、年間5万円以上のカード利用で無料になります)ですが、ある一定の条件をクリアーするとカード会社から「インビテーション(招待状)」が届き、無料でゴールドカードにアップグレードでき、年会費も引き続き永年無料で利用できるんです。

特にイオンカードとエポスカードは「利用限度額の増額」「旅行保険の付帯」「空港ラウンジ(一部)の利用」といった他の年会費1万円のゴールドカードに全く引けをとらないサービス内容を誇り、イオンゴールドカードに至っては全国のイオンショッピングモールに設置されている(例外の店舗もあります)「イオンラウンジ」も利用でき、とてもお得です。

140719-0001140719-0002
イオンカードです。WAON一体型がオススメ。国際ブランドも「VISA」「MASTER」「JCB」と3大ブランドいずれも選択可能で、手持ちの他のカードと重複しないように選べます。

140719-0003140719-0004
マルイのエポスカードです。ロイヤルホストやカラオケのシダックスなどで提示するだけで10%オフという特典が強力です。国際ブランドは「VISA」のみというのが少し残念。

肝心なアップグレードへの「一定の条件」ですが、どちらも「明確」には公表していません。ネット上の情報をみると「年間100万円のカード決済」が一応の目安になりそうなので、これを目標にするといいでしょう。

実は私も現在「イオンゴールドカード」目指して修行中です。年間100万円は一見ハードルが高そうですが1ヶ月に換算すると8万3千円少々です。「各種光熱費」「携帯電話などの通信費」「日々の食費の決済」など、支払いをなるべくこのカードに集中させれば何とか到達できる範囲だと思います。

高額な年会費を理由にこれまでゴールドカードを敬遠していた方も、無料で持てるこれらのカードなら大丈夫。チャレンジしてみる価値はあると思います。
林幹人 


motohito884 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | おすすめグッズ

2014年07月14日

ポケットの中身

林もとひとです。基本的に「手ぶら」で通したい私は、必要最小限のものを全てスーツのポケットに入れて、なるべくバッグは持ち歩かずに行動することが多いです。

本当はポケットには何も入れず、常にバッグを持ち歩くスタイルの方がスーツの型が崩れないし、ボディラインもスッキリしてカッコイイのですが、やはり「手ぶら」の身軽さは何ものにも代えがたいものがあります。

特に今のような暑い時期は上着すら着用せず、ズボンとワイシャツの胸ポケットに全てのアイテムを詰め込んでしまっています。具体的には・・・

【ワイシャツの胸ポケット】
・iPhone
・A7のメモ帳
・ペン(ボールペン黒・赤、シャープペンの3機能)
・名刺10枚程度

【ズボンの右前】(内部で2箇所に分かれています)
・鍵束A(自宅、実家)
・鍵束B(事務所や倉庫、クローゼットなど)
・小銭

【ズボン左前】
・携帯電話(ドコモのガラケー)

【ズボン右後】
・財布A

【ズボン左後】
・ハンカチ
・鍵束C(車2台)

ポイントは財布と鍵束を用途別に分けていることです。財布Aは免許証や各種カードが20枚程と、少額の紙幣を入れていて、基本コレ一つでOKです。(これだけカードを入れていても厚さは約2.5cm程度に収まるステキな財布を使用しています。機会があったらこのブログで紹介します)財布Bは上着の左内ポケットに入れる「長財布」で、高額紙幣とステイタス系のクレジットカード2枚のみという構成です。

鍵束は分けることで事務所に寄らない時はBは不要、電車の時はCは不要となるべく軽量化出来るように工夫しています。特に最近の車のキーは小ぶりな石鹸ぐらい大きいので、非常にかさ張りますよね。ですから鍵束Cを持たなくていい時は、代わりに以前紹介した「スマホサイズの傘」を入れ、手ぶらで雨にも対応することが可能です!

それからiPhoneが万能で、本格的な書類作成以外は何でもこなせてしまうのが大きいです。私の手ぶらスタイルを支える最大の貢献者かも知れません。 

もちろん必要に応じてちゃんと上着も着用しますし、バッグも使います。要はTPOに合わせて必要なアイテムを取捨選択し、常に必要最小限を持ち歩くということです。 

皆さんも何か工夫されていることがあれば、是非教えて下さい!
林幹人 


motohito884 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 仕事術

2014年07月10日

「特別警報」について

林もとひとです。死者が出てしまった長野県はじめ、日本全国に大きな被害をもたらした台風8号。これに対し気象庁は「特別警報」を発表し、最大限の警戒を促したのは報道のとおりです。

「特別警報」とは、これまでの「警報」の基準をはるかに超えるような、甚大な災害が発生するおそれがあるときに発表されます。過去に経験したことのないような異常な現象が起きうる状況で、対象地域の住民は直ちに命を守る行動をとることが推奨されています。

昨年8月30日から運用開始され、同年9月16日に京都府・福井県・滋賀県に発表された大雨特別警報が発表第1号であり、今回沖縄県宮古島地方に発表された暴風波浪特別警報は、台風に対しての初めての発表となりました。

具体的な基準としては「3時間の雨量」「48時間の雨量」「土砂災害の危険性を示す指数」が「50年に一度の大きな値」を示した時が該当し、過去の災害に当てはめると昭和34年の伊勢湾台風や平成16年の福井豪雨クラスの災害がこれに当たります。

ただし気を付けなければならないのは、今回の台風のように進路予報に基づき「事前に」発表されるケースばかりではないということです。近年多発しているゲリラ豪雨などは事前予想が非常に難しく、気象庁も「事前に避難猶予がない場合に発表されることもある」としています。

つまり「特別警報」が発表された時には既に「極めて危険な状況」で、避難することも困難になってしまっている可能性もあるということです。 

したがって「特別警報」の前に発表されるこれまでの「警報」や「注意報」の時点で、 早めに安全な場所に避難しておくことが非常に重要になります。「避難しても思ったほど大きな災害にならなかった」といういわゆる「空振り」の場合もあるかもしれませんが、逆のパターンは取り返しがつきません。

正確な予測は難しくても、ラジオやインターネットからかなりの情報は引き出せます。あらゆる情報通信機器を駆使して、災害に備えましょう。それぞれの自治体で、各種防災情報などをメールで配信していますのでチェックしてみてください。成田市では「防災メール」サービスを提供しています。

「成田市防災メール」の詳細

災害や気象情報のほか、消防情報や防犯情報などが配信されています。もちろん無料で利用できますし不要な時は解除もできますので、まずはお試し下さい。

motohito884 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | お知らせ

2014年07月07日

高知県が「おもてなしトイレ」認定制度

林もとひとです。以前このブログで紹介した映画「県庁おもてなし課」の舞台となった高知県が、またもや面白い取り組みを始めています。今回のタイトル「おもてなしトイレ」です。

県が独自に設定した6つの認定基準を満たしているトイレに「おもてなしトイレ認定証(シール)」が進呈されるというもので、認定されると県のHPに「名称」「場所」「利用可能時間」「便器数や設備等の詳細情報」「おもてなし項目(特記事項)」「写真」が掲載され、より多くの観光客にアピールできるようになっています。

140707-0001

映画でも描かれている通り、高知県(千葉県もです)は日本一の観光県を目指しています。その高知県が毎年県内の観光スポットなどで「満足度アンケート」を実施したところ、7割以上の高評価を得ている「観光施設」や「食事」に対し、トイレは5割という低い満足度であったことから導入が決まったそうです。

認定に必要な6つの項目は以下のとおりで、全ての項目をクリアしなければなりません。必要事項を記入した「申込用紙」を県庁の「おもてなし課」に提出すると、検査員が実際に6項目を満たしているか確認します。
①清潔であること
②明るいこと(50ルクス以上)
③ニオイ対策がされていること
④トイレットペーパーの予備を置いている
⑤洋式トイレが1ヶ所以上ある
⑥おもてなし(おむつ交換台や一輪ざしなど)

主にコンビニや道の駅、宿泊施設や飲食店などが積極的に申請していて、既に620ヶ所以上が認定されているそうです。観光客が利用可能なトイレなら行政、民間問わず申請できますが、個人宅は除くとなっています。

千葉県も森田知事の肝いりで「観光地魅力アップ整備事業」というトイレの美化を目指す取り組みを続けていますが、 事業によってどれだけ「キレイになったか」や「観光客が増えた」という事後チェック機能が十分ではない気がしています。

高知県おもてなし課の「おもてなしトイレ」は、そのチェック機能と話題性を兼ね備え、かつユーモアも感じさせる優れた取り組みだと思います。良い部分は千葉県でも取り入れられないか、研究する必要がありそうです。
林幹人 


motohito884 at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い 

2014年07月03日

いよいよ明日から!成田祇園祭

林もとひとです。成田の夏の風物詩「成田祇園祭」が始まります!約300年の歴史があり、成田山新勝寺のご本尊「不動明王」の本地仏である「奥の院大日如来」の祭礼「成田山祇園会(ぎおんえ)」に併せて開催されてきました。

もともとは曜日に関係なく毎年7月7日から9日に行われてきましたが、2001年からより多くの方が参加し訪れやすいよう「7月7日に一番近い金・土・日」の開催に変更となりました。したがって今年2014年は7月4日(金)・5日(土)・6日(日)の開催となります。

2014-07-03_231130
 見事な彫刻や装飾で彩られた豪華絢爛な10台の山車・屋台と1台の御輿が繰り出し、成田山表参道は祭りの熱気で満たされます。毎年約50万人の見物客が訪れ、海外からも多くのリピーターがやってきます。

見どころは4日午後1時30分から成田山大本堂前で行われる安全祈願と鏡開き、そしてそれに続く総踊りです。祭りの開始を告げるイベントで、一気にボルテージが上がります!

翌5日は午前9時よりJR成田駅前広場にて総踊りです。祭りの3日間は交通規制もかかりますし、車は非常に混雑するので電車での来成をオススメします。朝9時を狙って電車で成田に来て、総踊りを見てから参道を練り歩きましょう。

6日の最終日は午後1時から、成田山の門前から薬師堂前までの急勾配を山車・屋台が駆け上がってくる総引きです! その勇壮さと熱気に祭りの盛り上がりは最高潮!圧倒的な迫力に、大興奮間違いなし!

もちろん上記以外もそれぞれの山車・屋台が参道に繰り出し、お店もスタッフ総出で大忙し。夜も午後10時(最終日は午後11時) までやっていますので、いつお出かけになっても楽しめます。

天気が少し心配ですが、是非皆さんでお誘い合わせの上、成田に遊びに来て下さい!
林幹人 


motohito884 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 地元PR | お知らせ
記事検索