2014年09月

2014年09月29日

避難勧告等に対する県の適切な対応

林もとひとです。本日一般質問を終えました。県議会リポートでも報告したように、6月議会よりスマホやタブレットでも議会中継をご覧頂けるようになりましたので、多くの方にご視聴頂けていたら嬉しいです。

見逃したという方はコチラから録画動画をご覧いただくか、コチラから議事録をご参照下さい。 ただし、最新情報に更新されるまで、少し時間がかかるようですのでご了承下さい。

前回のブログでお伝えした通り5項目にわたって質問を展開しましたが、時間が足りずに「避難勧告・指示の発令基準について」と「訪日外国人観光客の誘致について」要望できずに終わってしまいました。

今回のブログでは、本会議で申し上げたかった上記2点についての要望を取り上げようと思います。

まず避難勧告等についてですが、県独自のガイドラインを策定すべきではないかと質問したところ、国が新たに示したガイドラインは具体的な判断基準などが明確になっており、各市町村はそれに基づきマニュアルを策定し、判断する。そのマニュアルは今月中に県内全ての市町村で策定が完了する見込みだとの答弁がありました。

つまり国のガイドラインが良く出来ていて、各市町村がそれに基づき策定するマニュアルで判断するので県独自のものは必要ないという意味です。

しかしもし隣接する市町村で判断が異なった場合、その境目に住む住民は大変混乱すると思います。ましてや緊急時に、寸分たがわぬタイミングで隣接市町村が同時に同じ決定をし、住民に周知できるとは到底思えません。そういった状況を解消するために調整をするのが、県の役割りではないでしょうか。

独自ガイドラインという大仰なものが必要ないとしても、せめて不測の事態において県がどのようなサポートを行なうかをあらかじめ決めておくことは、とても意義のあることだと思います。実際の状況を想定し、あらゆる場面に適応できるよう要望します。 

次に訪日外国人観光客の誘致についてですが、長くなってしまったので次回のブログに回したいと思います。引き続きよろしくお願いします。
林幹人 


motohito884 at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活動報告 | 意見・思い

2014年09月25日

一般質問に登壇します

林もとひとです。平成26年度補正予算や各種条例案などの26議案が提案された9月定例県議会が開会し、25日の木曜日から各党の代表質問が始まっています。

今議会では私も一般質問に登壇することになっていて、9月29日(月)の午後2時頃の予定です。お時間のある方はコチラのリンクからインターネットでライブ動画をご覧頂きたいと思います。

以下の5項目について質問を通告しています。

1.成田国際空港について
オープンスカイ以降、成田・羽田の首都圏空港は状況が大きく変化しています。選ばれる空港になるには何が必要か、スピード感を持って議論を進めなければなりません。

2.やさしい日本語表記について
県が発信している情報はどれも有意義なものですが、それが受け取る側に理解されなければ全く意味がありません。リニューアルが進む県のホームページに改善を求めます。

3.避難勧告・指示の発令基準について
先般の広島土砂災害では、避難勧告の出し方に改善の余地があったことが指摘されています。各市町村でマニュアルの見直しが進む中、県の役割を整理します。

4.訪日外国人観光客の誘致について
昨年ついに1000万人を超えた訪日外国人観光客。政府は更なる目標として2000万人を掲げました。東京五輪を見据え、観光立県を目指す千葉県の取り組みを問います。

5.児童・生徒による暴力行為の防止について
いじめや不登校同様、学校教育に影を落とす暴力行為。近年は低年齢化が進み、キレやすい子どもたちが増えてきていると聞きます。有効な対策が取られているか確認します。

持ち時間の30分をフルに活かして、内容の濃い質問を展開するべく現在準備を進めています。質問の様子はインターネットでライブ中継されるほか、地元メディアの成田ケーブルテレビが収録に来てくれるとのこと。当日ご覧になれない方はパソコンでコチラから録画動画を御覧いただけますのでチェックしてみて下さい。
林幹人 


motohito884 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | 活動報告

2014年09月22日

これで全て上手くいく?思考と感情のコントロール

林もとひとです。9月8日のブログで取り上げた「人間の行動をつかさどる5つのステップ」には多くの反響を頂きました。セミナーで私が感じたように、皆さんにも大いに共感していただけたようで嬉しく思います。

さて今回は、その記事で紹介しきれなかった【思考】と【感情】のコントロールについてです。

例えば最初のステップ【出来事】で「相手が自分のコンプレックスを指摘してきた」としましょう。次の【思考】で「人が気にしていることをズケズケと、なんて人だ!」と考える。すると次の【感情】は当然「怒り」となり、以降負のスパイラルです。

ここで「なぜこの人はそれを口に出したのか」「もしかしてこの人は指摘したのではなく褒めたつもりで言ったのではないか」「自分が気にしすぎているだけなのでは?」と考えられると次の感情は「怒り」ではなくなります。

つまり【思考】の段階で自分に対して様々な「質問」を投げかけることでかなり【感情】をコントロールできるのです。 負の感情が湧き出しそうになったら、自分への質問で無理やりにでも「視点」を変えてしまいましょう。 

実はもう一つ簡単に【感情】をコントロールする方法があります。 それは「フィジオロジー(体の使い方)」です。

140923-0001140923-0002
人間は感情によってポーズが変化します。左の人は見るからに落ち込んでいますね。右はご存知錦織選手で、試合に勝ってガッツポーズをしています。

これらは感情によってポーズが変化している例ですが、ハーバード大学の社会心理学者エイミー・カディ氏によると、ポーズによって感情も変化するという科学的な根拠が実際あるそうです。

カディ氏の発表が動画で公開されています。英語ですが興味のある方はどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=Ks-_Mh1QhMc#t=143

ですから無理矢理にでも錦織選手のような「パワーポーズ」をとると、それに呼応して【感情】も前向きに変化するのです。嘘だと思ったら試してみてください。大きな声も出すとより効果的です。さすがに人前ではやりにくいでしょうから、車の中などでやってみてください。

本当に効果を実感できるので、私もここぞという時や気合を入れる時に必ず実践しています。 皆さんも上手に【思考】と【感情】をコントロールし、素晴らしい【行動】と【結果】に結びつけましょう!
林幹人 


motohito884 at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 仕事術

2014年09月18日

生まれ変わった「千葉県観光ウェブサイト」

林もとひとです。17日(水)の正午より、千葉県の観光ウェブサイトがリニューアルしました!新しいサイトではスマートフォンやタブレット端末に正式対応し、大幅に使い勝手が向上しました。

WS0159
 URLはhttp://maruchiba.jp/です

スマホやタブレットに最適化されただけでなく、端末の位置情報を元に現在地周辺の観光スポットの検索が可能になるなど、旅先での情報検索がより簡単便利になります。また、地図情報も充実したことで、端末搭載の地図と連携させて利用することで、目的地により簡単にたどり着くことができます。

WS0161
併せてFacebook(フェイスブック)ページも開設されました。千葉県の魅力的な情報を幅広くタイムリーに発信することで、新たな千葉県ファンの拡大に繋げたいところです。

WS0162
このほか、千葉県の魅力をエリア別・季節別・テーマ別と様々な角度から紹介するコンテンツや、旬の特集を毎月掲載したり、希望の観光施設情報を選択して「オリジナルの旅プラン」が作成できる機能も搭載されています!

海外からの観光客に向け、外国語サポートも更に充実しました。これまでも英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・タイ語でサイトを閲覧できるようにしていまいしたが、今回マレー語を追加し東南アジアからの観光客への訴求力を高めました。マレー語と英語のサイトでは、ムスリムの方々への配慮を行っている施設の紹介もカバーしています。

どんどん身近になっていくインターネットは、多くの方が「最初」にアプローチする入り口とも言えます。 今回のリニューアルでより多くの観光客が千葉県を訪れてくれることを期待します。
林幹人 


motohito884 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 地元PR | お知らせ

2014年09月15日

アプリでチェック!名字の由来

林もとひとです。日本で一番多い名字は「佐藤(さとう)」さん。二番目は「鈴木(すずき)」さん。そして三番目は「高橋(たかはし)」さんです。・・・これぐらいはよく聞く話なので皆さんご存知だと思います。

ではご自身の名字って何番目か知っていますか?あなたと同じ名字の人が全国に何人くらいいるか分かりますか? 今回ご紹介する「名字由来net」は、そんな名字にまつわるデータを豊富に蓄え、簡単に検索できる優れものアプリです。

140915-0001
ホームページiPhone用アプリAndroid用アプリ、どれでも無料で利用できます。 

約30万種あるとされる日本の名字(姓)情報を随時更新・追加していて、日本の全人口の98.83%以上の名字を網羅しているそうです。

140916-0001140916-0002
ホットなこの名字も  世間を騒がせたこの名字も‥。

ちなみに「林(はやし)」は全国順位18位で、およそ57万人いるそうです。まめに検索する癖をつけておくと自分の知識も深まりますし、ちょっとした話題作りにも役に立ちます。

興味がわいた方は是非、お試し下さい。
林幹人 


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめアプリ | 雑学・豆知識

2014年09月11日

ナンパラがリニューアル!

林もとひとです。館山市にあるナンパラこと「南房パラダイス」が9月13日(土)に「アロハガーデンたてやま」としてリニューアルオープンします!

IMG_2021
8万6,000㎡の園内は約3億5,000万円かけて改修され、千葉県で最大規模を誇る動植物園として生まれ変わりました。

新設された全天候型フラステージでは連日フラダンスショー(要予約)が開催されるほか、長さ300mの連続温室や高さ20mの大温室では熱帯・亜熱帯植物の展示をしており、南国の代表の花ハイビスカスやブーゲンビリアなど、南国特有の原色の花を観察できます。マンゴーやバナナ、スターフルーツ、パパイヤ、ドラゴンフルーツなど南国フルーツの自然な姿も見どころの一つです。

ふれあい動物広場ではインコやカワウソの餌づけや、ヒツジなどに直接触れ合うこともできたり、熱帯地方の小鳥が放し飼いになっているトロピカルバードでは色鮮やかな小鳥たちが出迎えてくれ、大人も子どもも一緒に楽しめます。

ハワイアンレストランや、約500本のヤシの木を植樹して南国ムード満点のハワイアンリゾートとして再スタートする「アロハガーデンたやま」。今後は夜間のイルミネーションなども導入予定だそうで、多くの来場者が期待されます。

併設の道の駅「南房パラダイス」も再開されますので、次の休みはご家族そろっていかがですか?
林幹人 


motohito884 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 地元PR | お知らせ

2014年09月08日

人間の行動をつかさどる5つのステップ

林もとひとです。先日受講したセミナーで「なるほどー」なことが紹介されていたので、今回はこのブログで取り上げたいと思います。

それはタイトルにもあるように、人間が生きていく上で発生する様々な事象はたった「5つのステップ」で全て説明できるということです。

具体的には・・・

【出来事】→【思考】→【感情】→【行動】→【結果】→【出来事】以下繰り返し。 というループです。

例えば「仕事がうまく行かず、やけ酒を飲んだらますます仕事がうまく行かなくなった」なんていうのも上のループで説明できます。

仕事が上手く行かない(出来事)→なんでだろうと悩む(思考)→結論がでずムシャクシャする(感情)→嫌なことを忘れるために酒を飲む(行動)→更にダメダメになった(結果)そしてこの結果はまた出来事として次の思考へ繋がっていきます。

大切なのはこのループを理解しておくと、トラブルへの対処や改善の方法を正しく導くことができるようになるということです。

ほとんどの人は【結果】を改善するためにその直前の【行動】を直そうとします。 ところがその前のステップ【感情】でマイナスな状態にあると、そこから導き出される【行動】もマイナスなものばかりになってしまうのです。

ましてやなぜこんなに【悪い結果】になったんだろうと考えてしまうと、 その原因(上記の例では仕事が上手く行かない理由)ばかり列挙することになり、ますます【感情】が沈み込んでしまいます。

したがって改善すべきは【感情】と更にもう一つ手前の【思考】ということになります。 ここまで分かってしまえばドツボにはまる負のスパイラルから抜け出すこともできるでしょう。

セミナーではその【思考】と【感情】をどのようにコントロールするかというテクニックも教えてくれました。それはまた次の機会にご紹介しようと思います。 
林幹人 


motohito884 at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 仕事術

2014年09月04日

動物愛護条例がいよいよ制定へ!

林もとひとです。今年5月の月刊コラムでも触れましたが、私がかねてより議会質問で取り上げたり、所属する「動物愛護議員連盟」を通じて働きかけてきた条例が、いよいよ制定に向け最終段階にさしかかりました!

これまでの経緯を簡単に説明しますと、昨年6月の定例県議会で「動物の適正な愛護及び管理に関する条例」制定の請願が全会一致で採択されたことから、立法情報を収集するなどの具体的な検討が開始されました。

そして本年5月には条例骨子案を取りまとめ、広く県民から意見を募集(パブリックコメント)し、それらの意見を踏まえるとともに関係機関との協議を重ね、今月18日に開会予定の9月定例県議会に議案として上程されることになりました。

チョー愛犬家で動物好きの私としては嬉しい限りですが、条例の内容に不満がないわけではありません。それはペットショップなどの動物を取り扱う業者に対する明確な責務の規定がされていないことです。

骨子案では「飼い主」となっていた表現を県民からの意見により「所有者等(所有者・占有者)」と変更され、そこにショプなども含まれるようになったようですが、これでは対象がぼやけてしまいます。

「売る者」「買う者」問わず、命の尊さをしっかりと啓発していくことは当然必要ですが、アクセサリー感覚で流行りの犬を購入し、飽きたからと飼育放棄をするような飼い主にむやみに尊い命を渡さないよう、水際であるショップ側には厳格なガイドラインが定められてしかるべきだと思います。

元を正せば生後間もない動物を親から引き離し、ショーケースに閉じ込めて不特定多数の人間に見られたり触られたりするペットショップの環境自体、動物愛護の観点からは認められないことなのかもしれませんが。

いずれにしても、人間のエゴに翻弄され続ける不憫な動物を減らし、人間と動物の素晴らしい共存世界の構築に向けようやく千葉県も具体的なアクションを起こすことができます。条例の施行日は来年4月1日を予定しています。
林幹人 


motohito884 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 活動報告

2014年09月01日

防災のための家財配置

林もとひとです。9月1日は防災の日。大正12年の関東大震災が発生した9月1日を、国民の防災意識向上の日にあてるよう制定されていて、全国的に企業や学校で防災訓練などが行われます。内閣府によると、この日の訓練には過去最大規模の26都道府県234万7000人が参加したそうです。

これまでの防災といえば地震や火災を想定することが多かったと思いますが、多数の死者が出てしまった先般の広島の土砂災害など、大雨や洪水への意識も高めていかなければなりません。

事前の予測が難しいゲリラ豪雨などの突発的な大雨には、早めの避難行動が重要です。避難指示や勧告が出された際にはもちろん、注意報や警報が発令された時点で十分に警戒し、自主的に避難の準備を始めるくらい用心しましょう。

家庭でできる対策としては家財道具の配置を工夫することが挙げられます。大雨や洪水で床上浸水などの被害にあった時、損害を最小限に抑えるため高価なものや大きな家具などはなるべく2階以上に配置しておくことです。

日々の生活が不便になるほど全ての家財道具を2階に集中させる必要はありませんが、ピアノやタンスなどの大型のものはイザ移動させようにも簡単にはできません。引っ越しや家の模様替え、年末の大掃除の時などに「水害」を念頭に家財配置を工夫することで、被害を最小限に抑えることが出来ます。

他にもゴミ袋を何枚か重ねたものに水を入れ、土のうならぬ「水のう」をつくって玄関先などからの浸水を防ぐのも効果的です。段ボール箱を隙間なく並べて中に水のうを入れるのも非常に有効とされています。

140902-0001
ゴミ袋水のうと段ボール箱の組み合わせ 

いつ発生するかわからない災害。日頃からの意識を高く持って、イザという時に備えましょう。
林幹人 


motohito884 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 雑学・豆知識
記事検索