2016年04月

2016年04月28日

「北総四都市江戸紀行」が日本遺産に認定!

林もとひとです。昨年度創設された「日本遺産」は、地域の歴史的な魅力や文化的な特色を史跡類と絡めて物語る「ストーリー」を文化庁が認定するもので、15年度は18件(申請は83件)、今年度は19件(申請は67件)が認定されました。

千葉県と佐倉・成田・香取・銚子の4市は、それぞれの魅力を「江戸」というテーマで一連の物語として「北総四都市江戸紀行」と銘打っていました。

幕末から文明開化期にかけて様々な形で江戸を支えた都市であり、現在でも昔ながらの風景や街道で江戸を感じることができる町並み群や、成田空港を擁することから「世界から一番近い江戸」とPRしていたことが、今回の県内初認定に結びついたのでしょう。

実際に、肥沃な関東平野と豊かな漁場を有する北総地域は、水運と街道を利用して「百万都市江戸」の暮らしや経済を支えました。城下町の佐倉、門前町の成田、水運と商家の町佐原(現香取市)、港町の銚子と、いずれもそれぞれの町の特徴を活かして江戸の繁栄に貢献していたのです。

今後は協議会を立ち上げ、多言語によるPR動画を作成したり、訪日客参加型の周遊ツアーなどを検討していくそうで、さまざまな取り組みに期待が持てます。

これまで単体でPRしていたのに対し、ストーリー性を持たせて四都市で連携したことで、更なる相乗効果が生まれました。今回の日本遺産認定に限らず、他の自治体と連携する動きは、今後加速するかもしれませんね。
林幹人 


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 地元PR | 意見・思い

2016年04月25日

人のことはいい。自分にできることをやりましょう。

林もとひとです。熊本地震に対する支援の輪が広がっている一方で、それに水を差す動きも出ています。タレントの紗栄子さんが被災地へ500万円の寄付を表明したことが「偽善」「売名行為」などと一部からバッシングを受けたり、芸能人などのツイッターでの発言などに「不謹慎だ」などといったコメントが付いたり、特に有名人の支援活動に対する批判が目立つようです。

他にも高須クリニックの高須克弥院長が、自費で調達した支援物資をチャーターしたヘリコプターで現地に届けたことに批判の声が出たり、現地で実際に被災した井上晴美さんのSNSでの発信に対しても「愚痴りたいのはお前だけじゃない」などと非難されたというのです。

確かに「わざわざ言わなくてもいいでしょ」と思う人もいるでしょうが、それこそ、それを「わざわざ指摘しなくてもいいでしょ」と思うのです。

偽善や売名だろうとなかろうと、支援という「行動」を起こしたことは事実であり、それによって確実に助かる人々も多いはずです。「行動」を起こした人が批判されることで、これから「行動」しようとしていた人が躊躇することもあるでしょう。一体それで誰が得をするのか。 

支援活動を「表明」することが偽善や売名と思う人は、自分が黙って支援すればいいのです。皆それぞれの生活があるので、支援したくても具体的な「行動」を起こせない人もいるでしょう。だからといって、そのもどかしさを「批判」に向けてはいけません。

批判をやめて、自分にできることをやりましょう。 
林幹人 


motohito884 at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 仕事術

2016年04月21日

エコノミークラス症候群を防げ!

林もとひとです。依然余震が続き、被害も更に拡大している熊本地震。避難生活も一週間が経過し、地震による直接の被害ではなく、エコノミークラス症候群による死者も出ています。

エコノミークラス症候群とは、「ロングフライト症候群」「旅行者血栓症」とも呼ばれ、医学的には「深部静脈血栓症」「肺塞栓症」といいます。長時間同じ姿勢でいることで脚の血行が悪くなり、血栓(血の塊)ができてしまうことがあります。すると、立ちあがって動きはじめた瞬間血栓が静脈に流れ出し、心臓を通って肺の動脈に詰まると、酸素を供給できなくなって呼吸困難や全身の血液循環に支障をきたし、最悪の場合死亡することもある危険な病気です。

その呼び名から、飛行機のエコノミークラスに乗っている人がかかる病気と誤解されることも多いのですが、ビジネスクラスはもちろん、電車やバス、自動車でも発症しますし、乗り物にのっていなくても、例えば避難所などで長時間同じ姿勢を続けていれば、どんな状況下でも起こりうるのです。

予防には「運動」と「水分補給」が効果的です。

WS0257
※朝日新聞デジタルより抜粋

要は血液が固まることを防げば良いわけですから、運動(とりわけ足を重点的に)によって血液の循環を促し、水分補給によって血液がドロドロになるのを防ぐのです。

ただ、トイレの整備が充分でない避難所などでは、特に女性はトイレを我慢するために水分の補給を控えるケースが多いとのことで、非常に厳しい状況です。それでも、少しずつでも1時間に100ml(コップに半分くらい)の水をこまめに飲むことを心がけ、選択の余地があるときは体の水分を維持する働きがあるスポーツドリンク系やビタミンCを含むオレンジジュースなどが有効だそうです。

運動と水分補給を合言葉に、エコノミークラス症候群を防ぎましょう!
林幹人 


motohito884 at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 健康法

2016年04月18日

被災者への取材を控えるべき理由

林もとひとです。熊本地震の被害が拡大しています。17日20時45分現在で死者42人、負傷者は熊本県を中心に九州各地で計2000人以上、避難者数は20万人を超えました。

気象庁によると、14日21時26分ころに発生した震度7の地震は「前震」で、16日午前1時25分ころの震度6強(マグニチュード7.3)の地震が「本震」とのことで、18日午前9時12分現在で震度1以上の余震は519回に達し、震度5弱以上のものだけでも既に14回も発生しています。

震度5弱といえば気象庁の10階級の震度階級において、5番目に大きな震度階級をいいます。つまり最大の7、6強、6弱、5強に次ぐ強さで「大半の人が、恐怖を覚え、物につかまりたいと感じる。」と説明されており、1回でも大震災となり得る強さです。

これはすなわち2日間で「大震災」が14回も発生したと言い換えられ、それを体験している被災者の精神的ダメージは計り知れないものがあるはずです。

そこで私が指摘したいのは、連日繰り返し行われている報道陣の「取材」が、被災者の精神的負担を増大させている可能性が高いということです。 

地震発生時どのように感じたか、家の様子はどうだったかなど、その時のことを思い出し、それを言葉に出すということは、その記憶をより強烈に鮮明に脳に刻みこむことになるからです。

人間の記憶は「復習」によって強固なものとなる。これは受験勉強を経験した人ならだれでも実感していることでしょう。何かを覚えるには「反復」が効果的だということは、脳科学的にも精神医学的にも証明されています。

つまりインタビューに応じることで、本来ならば忘れたいはずの「つらい体験」をわざわざ記憶から呼び出し、それを口に出してアウトプットすることで、より強固に記憶してしまうことになるのです。 

プライバシーも確保されず、お風呂にも満足に入れない厳しい状況にある被災者の方々に、これ以上の負担をかけるようなことは厳に慎まねばなりません。 

被災者が「求めているもの」を取材するのなら、マイクやカメラは用いずに伺えばいいはずです。報道陣の皆さんには、各地から続々と寄せられている支援や、無事救出された方の情報、今後の復旧に向けた見通しなど、希望が持てる情報の提供を望みます。
林幹人 


motohito884 at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い 

2016年04月14日

熊本地震

林もとひとです。14日21時26分ころ、熊本県の益城町(ましきまち)を中心に大きな地震がありました。最大震度は7に達し、家屋の倒壊やがけ崩れなど、甚大な被害が出ているようです。

震源が直下であることと、比較的深さも浅い箇所で発生していることから、地震規模(今回は推定値マグニチュード6.5) に比較して地上の揺れが大きいことが特徴です。

夜間とはいえ、まだ比較的起きている方が多い時間帯だったのが不幸中の幸いでしたが、それでも9人の尊い命が奪われてしまいました。

また、1000人以上の方が負傷し、7000人以上の方々が避難所への避難を余儀なくされています。

千葉県としては、危機管理課が中心となって被災地の情報収集に務めるほか、要請に応じて各種応援ができるよう準備を進めています。

震度6前後の大きな余震が続いているようなので、更なる被害の拡大が懸念されます。一時は持ちこたえた建物も、いつ倒壊するか分かりませんので、必ず安全な避難所への避難をお願いします。

また、各報道機関の皆さんは被災者の心情に配慮し、無遠慮な取材攻勢は控えていただくようお願いします。
林幹人 


motohito884 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 活動報告

2016年04月11日

静寂に包まれる!?ノイズキャンセリングヘッドホン

林もとひとです。今回のタイトル「ノイズキャンセリングヘッドホン(以下NCヘッドホン)」をご存知ですか。ひとことで言うと、周囲の騒音をカットしてクリアな音を聞くことが出来るヘッドホンです。

スゴイのはその仕組みと効果の高さです。NCヘッドホンにはマイクが仕込まれていて、それで拾った周囲の騒音を瞬時に分析し、逆位相の音波を発生させることで騒音を相殺するという驚きの技術が採用されています。

したがって音楽を聞かない時でも「デジタル耳せん」として使うことも出来ます。私もBOSE(ボーズ)社のQuietComfort15を愛用していますが、飛行機で初めて使った時は驚いて「えっ」と声が出てしまったほどです。スイッチを入れた瞬間に「静寂に包まれる」と表現したらお分かりいただけるでしょうか。

WS0256
【国内正規流通品】BOSE QuietComfort15 ノイズキャンセリングヘッドホン 322403-0010 [エレクトロニクス]

現在では後継機が出たことでかなり価格が下がっていますので、狙い目かもしれません。


こちらが新型。ノイズキャンセルの能力が更に改善されたとのことですから、これから購入を考えている方は要検討ですね。


出張時などは極力荷物を小さく少なくしたいもの。このコンパクトさで消音効果は抜群らしいので、僕としてはこのイヤホンタイプが気になります。

さて、このスゴイ技術を「騒音対策」に活かせないかと思い、先日BOSE社に電話で問い合わせてみました。結論としては「難しい」ようです。米国本社では技術的な研究がまだなされていないそうですし、ヘッドホンと違って開かれた空間で同じことをするには、様々な課題があるようなのです。 

とはいえ、本格的な研究が進めば内陸空港の宿命である騒音問題が一気に解決する可能性もあります。SONYやaudio-technicaなどの国内勢も優れたNCヘッドホンを開発していますので、期待したいところですね。
林幹人 


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ | 雑学・豆知識

2016年04月07日

アクアラインマラソン2016募集中!

林もとひとです。2年ぶり3回目の開催となる「ちばアクアラインマラソン」への参加募集が始まりました!その名の通りアクアライン上を走ることが出来るマラソン大会で、360°海に囲まれた大パノラマを堪能しながら気持ちよく走れること間違いなしです。

WS0254WS0255
大会は10月23日(日)に開催され、募集期間は4月5日(火)から26日(火)17時までとなっています。

募集定員はフルマラソン12,000人、ハーフマラソン(車いすハーフマラソン含む)5,000人の計17,000人で、申し込みはインターネットで大会公式ホームページからのみとなります。

今大会ではエントリーした方を対象に、千葉県産の農産品や水産加工品などの詰め合わせが当たるキャンペーンを実施するほか、県内宿泊施設をオトクに利用できる宿泊優待キャンペーンも企画されています。

また、大会をサポートしていただくボランティアも1,000人募集しています。コース(沿道)の整理、ランナーへの給水、スタート・フィニ ッシュ会場でのランナーサービス、外国語通訳など、皆さんの協力なくして大会の成功はありません。是非、お力添えをお願いします!
林幹人

 

motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 地元PR | お知らせ

2016年04月04日

県内の防犯情報をスマホで確認!

林もとひとです。以前このブログでも紹介したアプリ「Yahoo! 防災速報」。スマホ内臓の位置情報機能と連動させれば、現在地に基づく情報を自動的に提供してくれるほか、任意で3地域まで指定でき、その地区で発生した豪雨予測や津波警報などを知らせてくれる便利なアプリです。

WS0253
 iOS版Android版ともに無料です。

千葉県警では、4月1日からヤフーに県内の防犯情報を提供することになりました。 これにより、不審者やひったくり、振り込め詐欺などの情報がお手元のスマホで簡単に確認できるようになります。

発生日時や場所とともに「バイクに乗ってきた犯人に後ろからバッグをひったくられました」などの内容が配信されます。

スマホをお持ちでない方は「メール版」に登録すれば、同様のサービスを受けることが出来ます。神奈川県、埼玉県に次いで全国で3例目となるこの取り組み。

早い対応を高く評価しているところですが、多くの人に利用してもらい、防犯対策にしっかりと繋がれば何よりです。皆さんの周囲にも是非教えてあげてください。
林幹人 


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめアプリ | 地元PR
記事検索