2019年01月

2019年01月31日

トイレの備蓄を忘れずに!

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。 先般千葉県が行った「県政に関する世論調査」で、災害に備え飲料水や食料を備蓄している県民が8割を超えたことが分かりました。

地震や豪雨などの度重なる災害で県民の防災意識が高まったことが要因と見られていて、備蓄について聞き取りを始めた2008年度以降で最高となりました。

大変結構なことですが、食料と同じくらい大切な「トイレ」の備蓄をしている人は、まだまだ少ない印象です。

2016年の熊本地震では、トイレの整備が充分でないことから水分補給を我慢し、エコノミー症候群で命を落とした被災者もでてしまいました。地震による直接の被害は免れても、トイレ対策が十分でなかったために死者が出る事態に発展したのです。

災害時のトイレ対策については埼玉県が作成した「防災マニュアルブック」が非常に良くできています。マニュアルでは1人あたり1日5回のトイレ使用を想定し、7日分の携帯トイレを準備することを推奨しています。他にもポリ袋やアルコール消毒液など、用意するべきトイレ用品のリストも掲載されていて、とても分かりやすく説明されていますので、是非チェックしてみてください。
林幹人
WS0277
埼玉県防災マニュアルブック「家庭における災害時のトイレ対策編」


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 雑学・豆知識

2019年01月28日

「昼寝」で集中力アップ!?

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。「職場での居眠りは厳禁」この常識は覆されつつあります。個人差はあるものの、7~8時間は必要といわれる睡眠時間。十分確保できている人のほうが少ないのではないでしょうか。

すると仕事中に強烈な睡魔に襲われ、集中力を著しく欠いてしまうという事態に。特に午後2時から4時頃は、24時間周期・12時間周期で働く2つの体内時計の影響で眠気が強くなるといわれているため、なおさらです。

そこで近年、社員の常態化した睡眠不足を重く受け止め、会社での「仮眠」を推奨する企業が増えてきているそうです。眠気を我慢しての作業効率の低下や心身の不調による経済損失を考えれば、いっそのこと昼寝をしてもらったほうが良いということでしょう。

実際に試験的に導入した企業はいずれも「集中力アップ」「生産性向上」などの成果が確認できているそうで、今後も広がりを見せそうです。

千葉県内でも柏市の「まくら」という会社が昨年10月から「おひるねタイム」を導入し、注目されています。

WS0463
正午から午後4時までの間、好きなタイミングで20分間眠ることができます!

しかもこの20分は昼休みの60分とは別に確保されていて、合計80分休憩ということになりますね。ただし80分ガッツリ寝ることは認められていません。

30分以上眠ると深い睡眠に入り、起きた際「寝ぼけ」が発生するためです。したがって、お昼寝のような短時間の仮眠をとる場合は20分以内が好ましいといわれています。

この会社は社名の通り枕などの寝具・睡眠グッズを企画開発・販売をしているので、おひるねタイムを使ってスタッフ自身が商品を使用することで、眠気の改善だけでなく、新たな販売戦略や商品企画の発案につながると考えているとか。

どうやら効果的な「昼寝」。まだ認められていない職場でも、60分の昼休憩に15分程度仮眠をとることでリフレッシュできます。試してみてはいかがでしょう。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 仕事術

2019年01月24日

家焼き肉にはコレ!イワタニのやきまる

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。家で焼き肉といえば思い浮かぶのは「ホットプレート」ではないでしょうか。十分な火力とお手軽さで、どの家庭にも一台はあるのではないかというくらい、一般的な調理器です。

でも家焼き肉で一番困るのが「煙」でしょう。肉を鉄板に乗せるたびに立ちのぼる煙で、あっという間に部屋中モクモク状態です。換気扇をいくら回したところで追いつくはずもなく、部屋中に染み付いた匂いは2~3日はとれません。

そこで今回は「煙が出ない」と噂のイワタニ「やきまる」を紹介します。

WS0459WS0460
やきまるは、カセットボンベ式の焼き肉専用グリルです。サイズは幅303×奥行278×高149mm、重さは約2.0kg。一般的なカセットコンロをひと回り小さくしたぐらいの、コンパクトなサイズ感となっています。ゆえに焼き面もさほど大きくないので、2~3人が快適に使える感じでしょうか。

実際に使ってみると・・・本当に煙が出ない!ゆらりと湯気が上がる程度で、我が家では全くと言っていいほど無煙状態でした。

メーカーの説明のよると、焼き面を一定以上に高温化しないという熱バランスを実現したことと、脂を鉄板の下の水皿で受ける構造にしたことで、熱源に直接脂がつかないようになっていることで煙の発生を抑えているそうです。
WS0461WS0462

さすがに「ニオイ」はやはりついてしまいますが、夕食後換気扇と空気清浄機を稼働させ、我が家では翌朝には全く気にならないレベルになりました。

カセットガスなので屋外でBBQなども簡単ですし、温度を抑えているからかガスの消費も少なく、一本で3時間37分も使用可能です。

鉄板もテフロン加工で焦げ付きにくく、使用後のお手入れもラクラクです。Amazonで4,950円(2019/1/24現在)とリーズナブルですし、もはや一家に一台の神調理器だと思います。是非試してみてください。感動しますよ!


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ | 雑学・豆知識

2019年01月21日

コーヒーは体に良い?悪い?

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。昔からコーヒーには「体に良い」という意見と「体に悪い」という両方の意見が飛び交っていて、本当のところはどうなんだと思っていました。

コーヒー大好き人間の私としては良くあってほしいのですが、基本的に「嗜好品」として見られることが多く、興奮作用のあるカフェインを含むことから、体に悪いという意見も根強く存在します。

しかし近年の研究でほぼ決着がつきました!

それは・・・

結論「飲みすぎなければ体に良い」!!!

やったー!良かった!毎日5~6杯飲むコーヒー党には嬉しすぎる結論です。・・でも待てよ。「飲みすぎなければ」ってどれくらいなんだ?

という訳で少し調べてみると、4~5杯が適量なようです。10杯は明らかに飲み過ぎ。覚醒作用のあるカフェインは代謝に約9時間を要するので、午後3時以降に多く摂取すると夜の睡眠を妨げる原因になります。

そしてあくまでも体に良いのはブラックで飲んだ場合であって、砂糖やミルクを入れてしまってはいけません。砂糖は虫歯や肥満の原因になるばかりか、様々な病気の引き金になりますので、なるべく控えましょう。ミルクも、コーヒー用のものは乳製品ではなく、油を着色したものですのでダメです。

つまり「ブラックで1日4~5杯、午後3時以降は控える」という飲み方がベストということですね。ただ妊婦さんや幼児はカフェインの刺激が強すぎるので避けたほうが良いでしょう。

では逆にコーヒーの何が体に良いのでしょう。それはクロロゲン酸というポリフェノールが含まれていることが大きいです。これによりダイエット効果、抗酸化作用による美肌効果と肝機能・血流の向上が得られます。

また、コーヒーの香りで癒やし効果や抗うつ効果も期待できますし、タンニンという成分による消臭効果もあるそうで、メリットてんこ盛りですね。

「苦いから」とこれまでほとんど飲まなかった家内も、最近はよく飲むようになり、我が家のコーヒー消費量が急に増えました(笑)皆さんもいかがですか。ブラックコーヒー。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 意見・思い

2019年01月17日

財布に入る印鑑!?

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。世界的には「サイン」が一般的ですが、日本ではまだまだ主流の「印鑑」。皆さんも当然ご自分の印鑑をお持ちだと思います。

宅配便や郵便物の受取時はもちろん、役所や銀行で書類を書くときにもほぼ間違いなく印鑑が必要になります。肌身離さず持ち歩くほどではないにせよ、やはり一本はすぐに手が届くところに持っておきたいものです。

しかし大きなものではありませんが、やはりかさばるのがデメリットです。特に私のように普段なるべく「手ぶら」でいたい人にとっては、印鑑ケースをポケットに入れておくなんて邪魔すぎます。

そう思っていたら、素晴らしいものを見つけてしまいました。
WS0454WS0453
その名もズバリ「スマート印鑑」!ご覧のようにシート状で、財布や名刺入れにラクラク入ります。

WS0455WS0456
使い方は右の写真のように簡単。昔カセットテープなどにレタリングしてた私の世代には、おなじみの作業ですね。

WS0457WS0458
印影もとてもきれいで、ペンなどの曲面にも貼れるというメリットも。

ただしシャチハタが認められないような正式書類の場合は、認められないケースもあるそうで、注意が必要です。それでも財布に入れておけば、イザという時役に立つと思います。

私のように一般的な名字はほぼ製品化されていると思いますので、皆さんもチェックしてみてください。


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ 

2019年01月14日

多古の井戸水が名称募集中!

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。千葉県の多古町は成田空港の東に位置し、全国自主米品評会で食味日本一に選ばれた幻の米「多古米」で有名な町で、私の妻の出身地でもあります。

かつて沼や湖が多く「多湖」と呼ばれていたのが地名となった説もあり、良質な「水」に恵まれてきたことから、多くの有機物をたくさん含んだお米が美味しくなるのです。

そんな多古町は、実は地下水も豊富で美味しいとのことで、このたび町内の深井戸からくみ上げる井戸水をペットボトルに詰めたボトルウォーター(500ml)の製造販売を決めました。

まずは防災備蓄用と販売用にそれぞれ1万本ずつ作るそうで、1月31日までボトルウォーターのネーミングを募集しているとのことです。

コチラの多古町のホームページからダウンロードできる応募用紙に必要事項を記入し、メールか郵送で申し込む形です。

厳正な審査の上、3月下旬を目処に最優秀作品1点を決定するそうで、採用者には記念品が贈呈されます。年齢や在住地は問わず、誰でも応募可能とのことですので、是非応募してみてください!
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月10日

音声入力で仕事効率が劇的にアップ!

林もとひとです。新潟県は、知事の定例記者会見録について、人工知能(AI)を活用して音声を自動的にテキスト化し、職員の負担を軽減する取り組みに着手しました。

まだ試験導入の段階ですが、作業時間を半減する効果があるということで、運用を重ねた上で本格導入の可否を検討することになっています。

新潟県知事の定例会見は原則として、毎週水曜日の午前10時から行われています。時間は40分から60分程度で、これまで計4人の職員が手作業で文字を起こすのに10時間ほど要していました。そのため、会見の実施が午後の場合は、作業を終えるのが深夜に及ぶケースもあったそうです。

そこで昨年の8月下旬から外部に委託して音声認識ソフトを使い、会見内容を自動でテキスト化する取り組みを開始。この結果、担当職員は3人に減り、作業時間は半分の5時間程度に圧縮できたそうです。

ちなみに我が千葉県もコストをかけて外部業者に頼っている現状ですから、新潟県の取り組みが良い参考になるのではないでしょうか。

最近の音声認識技術は本当に驚くほど精度が高く、手元のスマホですらほぼ完璧に音声をテキスト化してくれてしまいます。会議録の作成や講演の文字起こしに苦労されている方は、一度スマホの音声入力を使ってみてください。これまでの労力は何だったんだと驚くでしょう。

こう考えると、これまで人間が時間と労力を使ってこなしてきた仕事が、どんどんAIやコンピュータに任せられるようになるのは火を見るより明らかですね。

人間でしか出来ない仕事をもっと開拓していかないと、「人材が余ってしまう」という状況が、想像以上に早く現実化するかもしれません。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 雑学・豆知識

2019年01月07日

急な雪でも安心!?全天候タイヤ

林もとひとです。暖冬とはいえ、いよいよ冬も本番、寒さも本格的になってきました。冬の心配といえばやはり「降雪」で、特に車を運転する人にとっては大きな問題です。

しかし私の地元成田は年に1~2回雪が積もる程度なので、いつもノーマルタイヤで乗り切ってしまいます。冬用のスタッドレスタイヤなら安心ですが、わざわざタイヤを交換してもらうのも手間ですし、交換した夏用タイヤを保管する場所に困ってしまいます。そして何よりコストがかかる。

一方タイヤに巻きつけてグリップを増す「タイヤチェーン」タイプは、ゴム製やプラシチック製がありますが、装着の手間はかなりのものです。結局どちらも手を出す気になれず、ノーマルタイヤのままなのですが、さすがに対策なしでは危ないので、以前このブログでも紹介した「スプレー式タイヤチェーン」を車に常備しています。

そんな私が最近気になっているのが「全天候(オールシーズン)タイヤ」です。聞き慣れない人も多いと思いますが、海外では標準装備されることもあるほど一般的だそうで、夏用と冬用の両方の特性を持ったタイヤです。

通常の路面はもちろん、雨天時の濡れた路面でも夏用に引けを取らないグリップ力を発揮し、ある程度の雪道なら走行可能という夢のようなタイヤです。

もちろん夏専用タイヤには「低燃費」や「静粛性」といった付加価値がついていたり、冬専用のスタッドレスタイヤならアイスバーンや深い雪でも対応できるなど、専用タイヤにはそれぞれの強みがあります。

つまり全天候タイヤとは、良く言えば「オールマイティー」悪く言えば「中途半端」ということですね。

でも成田や東京のように滅多に降雪しない地域では「一年中タイヤ交換なしでOK」「交換したタイヤの保管場所を心配しなくて良い」「夏用と冬用の両方を購入するより遥かに安上がり」などのメリットが有ります。

愛車のタイヤがそろそろ坊主になってきたので、全天候タイヤを試してみようか思案中です。うーん、どうしよう。すでに使っているという方、感想を聞かせてください!
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ | 意見・思い

2019年01月03日

やってませんか?「決断しない」という決断

林もとひとです。前回紹介した本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え」には非常に多くの反響をいただきました。さすが超ベストセラー、多くの人に影響を与えているんですね。

今回は前回に引き続き、この本の中で「響いた」部分を紹介しようと思います。それは「決断」に関してです。昨年の12月13日号の記事「無駄な決断を減らせ!」で我々は日々無数の決断をしていることと、重大な決断のために些細な決断に使っているエネルギーを節約しようと書きました。

「重大な決断」ってなんでしょう。物心ついて「進学」について決断することでしょうか。進む学校によって確かに人生は変わるかもしれません。そして「就職」。職業によって人生が変わるのは容易に想像できます。それから「結婚」。いつ誰と結婚するのか、あるいはしないのか。みなそれぞれ重大な決断といえるかもしれませんね。

でも本の中でユダヤ人大富豪のゲラー氏がこう言っていたのです。”多くの人間は「今は決断しないでおこう」という重要な決断をすでにしてしまっている”と。

日々の忙しさから、目の前の仕事を片付けながら生活を送ることに精一杯で、自らの人生のことを真剣に考えることから逃げてしまっているというのです。

それが重要であればあるほど、考えることがとても大変なことで、とても面倒なことだと思ってしまう。だから何も考えないようにして決断を先延ばしにしてしまう。でもその人は「人生を無駄に過ごすという決断」をしていることを知らないだけ。

強制的に「健康」「お金」「人間関係」の3つで大きな問題が発生しない限り、人はぬるま湯で生きていこうとする。何かに直面したり、変えていこうと決意したりしないものなのだと。

この部分を読んでハッとしました。私自身「先延ばし」にしていることはないか。「今は決断しない」という重要な決断をしていないか。よく考えてみようと思います。皆さんも是非!
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 映画・本などの感想
記事検索