2019年08月

2019年08月22日

最強!お風呂のカビ対策「カビダッシュ」

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。お風呂掃除でやっかいな「黒カビ」。特に洗い場の角やゴムパッキンのカビなどは頑固で、もはや諦めるしかないと思っていませんか。

そこで使ってみてほしいのが、今回紹介する「カビダッシュ特濃ストロングジェル」です。洗浄漂白効果の高い「次亜塩素酸ナトリウム」という成分を日用雑貨品に使える最大値である12%まで高めた商品です。

WS0490
パッケージも強力そうです

これまでの製品は、次亜塩素酸ナトリウムの濃度を高めると容器が変形してしまうため、6%くらいのものが多かったのですが、カビダッシュ特濃ストロングジェルは、蓋に特殊な加工をすることによって変形するのを防ぐことに成功したそうです。

カビといえば有名な「カ◯キラー」を使っている方も多いと思いますが、カ◯キラーには0.5%しか含まれておらず、こちらも有名な「キッチンハ◯ター」も6%です。

使い方は付属のハケで原液を直接塗りつけます。普通のカビなら塗ったそばから落ちていきますし、頑固なカビでも1時間ほど放置してからシャワーで流すとピカピカになります。

さすがにゴムパッキンなどは手強いですが、キッチンペーパーに染み込ませてしつこいカビに貼り付けておくと、液がしっかりカビに浸透して一網打尽です。

パッケージにもあるとおり髪の毛も溶かす威力なので、排水口のつまり解消にも効果てきめんです。風呂場の排水口は手で触るものイヤという人も多いと思いますが、コイツを直接流し込んで放置しシャワーで流すだけで、びっくりする効果が得られます。

とにかくチョー強力なので、使用時にはゴム手袋の着用を忘れないようにしてください。少々高価に感じるかもしれませんが、笑ってしまうほど強力なので試してみてください。


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ | 意見・思い

2019年08月19日

「行けたら行く」って何なのさ!

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。いますよね。イベントや行事などのお誘いを受けたき「行けたら行く」って言う人。何なんですかね?自分では決められない予定ってあるのでしょうか。

多重人格者で、当日になって別人格が現れて「行かない」と急に言い出すのでしょうか。それとも何か犯罪を犯していて、その時には身柄を拘束されているかもしれないとか。

全ての決断は「自分」が行い、その結果は全て「自分」が責任を取る。これが基本だと思います。「行けない」というけれど、それは何か別の予定や事情を優先させた結果、そのお誘いには「行かない」と自分の意志で決定したのです。

そりゃすんなり行けないことだってあります。前後の予定の関係とか、経済的に会費が厳しいとか。でも「行く」と決めたら万難を排して行く。お金を借りてでも行く。それが責任ある社会人というものでしょう。

「行けたら行く」と言われた主催者側はたまりません。当然「出席」を前提に人数に入れておかなければなりませんし、着席であれば席も決めておかねばなりません。でも当日になって「やっぱ行けない」となる可能性もある・・・。料理は当日キャンセルがききませんから、無駄になるかも・・でも来たときに「席がない」ではマズイ・・・。やってられませんね。

自分が主催者側の立場になれば、口が裂けても「行けたら行く」とは言えないはずなのです。たとえそれが人数がザックリでも比較的影響が少ない、BBQやレクリエーションなどであってもです。

「行けたら行く」をやめて「行く!絶対行く!」に切り替えましょう!
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い 

2019年08月15日

浦安市が沖縄にコールセンター設置

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。大規模災害時を想定し、浦安市が沖縄県那覇市に「災害コールセンター」を設置しました。これは県内では初めての取り組みで、他の自治体からも注目が集まっています。

2011年の東日本大震災時には、大規模な液状化被害などに見舞われた浦安市。市の職員は復旧復興作業とともに、日夜電話対応に追われたそうです。

一度に多くの電話が殺到したため電話回線も埋まり、市役所につながらない状況が続いたことから「緊急性の高い電話」を受けられなかった可能性があります。

そこで「同時」に被災しにくい遠隔地である那覇市にコールセンターを設置し、避難所の入所状況や道路の陥没などの被害状況を提供することにしたのです。

復旧時には仮設住宅の申し込み方法やライフラインの復旧情報、災害ゴミの処分方法などの問い合わせに当たることを想定しているとのことです。

実際に被災した経験から導き出された取り組みですから、高い効果が期待できます。しかし当然市民にコールセンターの存在と番号(フリーダイヤル0120-723-242)を周知徹底できなければ意味が薄まるので、これからの浦安市の進め方にも注目したいですね。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 意見・思い

2019年08月12日

スーツのボタン「座るときは外す」が正解!

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。職業柄年間を通じてほぼ毎日スーツを着ている私ですが、先日小林史明代議士(広島7区)に意外と知られていないスーツのマナーを教えていただきました。

それは「座る時はスーツのボタンを全て外す」というマナー。立っている時はボタンはかけておき、座る時には外す。そしてまた立つ時にはさっとボタンをかける。これが正しいマナーなんです。

長い歴史を持つスーツですが、その形は昔も今も大きく変わっていません。そして当初から「美しいシルエットを保つ」ことがスーツのマナーとして定着してきたようです。

ボタンをかけたまま座ると、肩や首回りが引っ張られてしまって多くのシワがよってしまいます。ボタンを外すことでスーツ本来のスマートなシルエットを保つというわけです。

実際に各国の首脳会談などを見ると、ほとんどの場合このマナーが守られています。特にオバマ前大統領は、実にエレガントにボタンのかけ締めを行なっています。座る直前にボタンを外し、会談後握手をするため立ち上がると、右手で握手をしながら左手でサッとボタンをかけています。

なんとなくボタンを外すのは「だらしない」イメージがあるという人も多いかもしれませんが、スーツとはそういう服なのです。私を含め、意外と知らない人も多いようで、就職の面接でボタンを外して座った学生に減点する面接官もいるとのこと。

同様の理由か、テレビのニュースキャスターなども着席時にボタンをかけています。まだまだ日本では誤解されているという証左かもしれませんね。でも少なくとも「国際交流の場」では意識して守りたいマナーです。

また「スーツの一番下のボタンはかけない」も大切なマナーです。理由はやはりシルエットが崩れるためで、そもそもスーツの一番下のボタンは「捨てボタン」といい、飾りのためについているのです。2つボタン3つボタン問わず、当てはまるマナーなので覚えておきましょう。

林幹人



motohito884 at 23:30|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 意見・思い

2019年08月08日

空港には手ぶらで行きましょう!

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。海外への渡航は楽しいものですが、スーツケースなどの大きな荷物を運ばなければならないのがネックですよね。

日本の空の玄関口である成田空港から車で20分ほどのところに住んでいる私は、空港に直接車で送ってもらったり、電車でも2駅ほどですのでそれほど苦になりませんが、利用空港が「羽田」となれば話は別です。

特に国会議員と合同の視察研修となると、国会から物理的に近い羽田空港発着となるケースが多くなります。朝9時に羽田空港集合となると、私の場合1時間半から2時間覚悟しなければならず、しかも平日ならラッシュアワーど真ん中ということになります。

満員電車に大型のスーツケースを運びながら乗るなんて「苦行」以外の何物でもありませんし、通勤の方々にも迷惑がかかります。

そこで活用したいのが「手荷物宅配サービス」です。申し込むと出発前に自宅まで宅配業者が集荷に来てくれますので、引き取ってもらいます。出発当日は荷物と引き換えに受け取った伝票だけ持って、手ぶらで空港に行けばOKです。専用カウンターで伝票と引き換えに荷物を空港で受け取れます。

帰国後も空港から自宅まで送ってもらうことで、本当に身軽に海外渡航できてしまいます。送り先にもよりますが、だいたい往復4000円前後かかってしまうものの、手ぶらの身軽さは大きな魅力です。

また、アメリカン・エキスプレス・カードなどには上記サービスを無料で利用できる特典があるので、年3回以上利用する人ならそれだけでカードの年会費12000円の元が取れてしまいます。

他にも「楽天プレミアムカード」は年会費10000円のカードですが、手荷物宅配サービスを年2回まで無料で使える特典が付帯したり、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」は年会費3000円とリーズナブルながら、手荷物宅配サービスを「帰国便」に限り無料で利用できたりします。

年会費無料のカードが無数にある中で、有料カードにはやはり「それ相応」のサービスが付帯していますので、自分にあったものを持つようにするとお得に利用できますね。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 意見・思い

2019年08月05日

交換日記で婚活!?

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。長野県茅野市が始めた婚活支援事業「結日記(ゆいにっき)」が話題になっているそうです。昨年初めて実施し、すでに5組のカップルが誕生するなどの実績に、全国の自治体から問い合わせが相次いでいるとのこと。

交換日記とはその名の通り「その日の出来事や感想などを綴った日記を、相手と交換しながら互いの理解を深めていく」もので、バリバリのアナログ版恋愛ツールです。

私の世代でギリギリやったことあるくらいで、SNS全盛の最近の若い人は「知ってはいるけど未体験」な人がほとんどでしょう。

しかしだからこそ、ゆっくり時間と手間をかけて手書きの日記で交流を深めることは、SNSで手軽に即座にコミュニケーションを取ることに慣れている世代には新鮮で、インパクトが強いのかもしれません。

茅野市は昨年公募した20歳以上の独身者から、年齢や趣味などを考慮して「市内」と「市外」在住の10組のカップルを選定し、互いのニックネームとプロフィール以外は一切公表せず日記で交流を深めてもらいました。

10日分の日記を送り合い、最終的に互いの思いが一致すれば市の名所「御射鹿池(みしゃかいけ)」で会うことになっています。

実際に参加者からは「仕事を終え疲れて帰宅し、郵便受けに日記帳が入っているとうれしかった」「ぬくもりを感じて気持ちが伝わってきた」などの感想が寄せられていて、なんだか楽しそうです。

スマホで簡単に出会えるこのご時世に、あえて顔も声も分からない相手と10日間手書きの日記で交流するというのは、ロマンチックで素敵ですね。

「市内」と「市外」在住者をマッチングしているのは「最終的にカップル成立し、茅野市に定住してもらえれば最高」という「その先」を見据えた配慮だそう。さすがです。

現在すでに第2回が実施中で、15組が日記のやり取りをしているとのこと。複数の自治体から「同じことをやってみたい」などの問い合わせもあるそうで、結日記が全国に拡大していくかもしれません。
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 意見・思い

2019年08月01日

「ちばアート祭2019」開催!

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。いよいよ来年に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック大会。千葉県ではレスリングやサーフィンなど8種目が開催される予定で、準備も着々と進んでいます。

東京2020は、スポーツの祭典であると同時に文化の祭典でもあり、千葉県の文化的魅力を高め発信する絶好の機会でもあります。

190810-0001
そこで8/14(水)から8/25(日)まで「ちばアート祭2019」を開催します!昨年選定された111件の「ちば文化資産」を会場や作品のテーマとして活用し、その魅力を広く発信するとともに、あらゆる人々が文化の担い手として参加・体験することができるアートイベントです。

※「ちば文化資産」についてはこちらの動画を御覧ください。
プロモーションビデオ(10分フルバージョン)
プロモーションビデオ(30秒ダイジェスト)

期間中は、絵画・写真公募展をはじめ、デジタルアート、プロジェクションマッピング、アートワークショップ、ライブプロジェクションマッピング、アートワークショップ、ライブパフォーマンスなど、様々な表現方法を通じて、「ちば文化資産」の魅力を発信します。

入場・参加は無料です。ぜひ足を運んでみてください!
林幹人


motohito884 at 23:30|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | 地元PR
記事検索
月別アーカイブ