2013年12月05日

「和食」が無形文化財に登録!

ユネスコ(国連教育科学文化機関)が「和食 日本人の伝統的な食文化」を無形文化財に登録することを決めました!これは日本政府の提案を受けてくれた形で、日本からの登録は歌舞伎や能楽などに続き22件目となります。

今回の登録決定によって、東日本大震災以降海外でも広がった日本食への風評被害に歯止めがかかるばかりでなく、外国人観光客の増加や農水産物の輸出拡大にも期待が高まります。

ところで「和食」って何を指すのでしょう?日本政府が提出した提案書によると、和食を「自然を尊重する日本人の精神を体現した食に関する社会的慣習」と位置づけた上で、「1.正月や田植えなど年中行事との密接な関わり」「2.四季や地理的多様性による新鮮な山海の幸」「3.自然をあらわした美しい盛り付け」などを特色に挙げており、「おせち」や「お造り」、「天ぷら」などの伝統的な日本料理を念頭に置いているようです。

「無形文化財」ですからこれでOKなのですが、実際に外国人観光客に人気の日本食を調べてみると、ラーメンやギョウザ、カレーライスなどといった、ルーツを外国に持ち日本で独自の進化を遂げた食べ物が目立ちます。

特にカレーなどは日本通の外国人には有名で、おみやげとして大量にカレールーを買い込んでいく外国人観光客も多いそうです。他にもキットカットやポッキーなどのお菓子も人気で、ドンキホーテやスーパーなどで「箱買い」していく外国人も珍しくないらしいです。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックと、今回の無形文化財登録をきっかけに、世界中から多くの観光客を呼び寄せ、日本の持つ幅広い魅力に触れて欲しいですね!
林幹人 


motohito884 at 16:52│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | 意見・思い

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索