2013年12月30日

急性扁桃炎

林もとひとです。いよいよ2013年も明日の大晦日を残すのみとなりました。皆さんは年越しの準備はお済みですか?私はというと、実は今回のタイトル「急性扁桃炎」という病気で3日間ほど完全にダウンしていました。

27日が御用納めだった方は多いかと思いますが、私も公式行事は27日が最後で、あとはゴルフや旧友との忘年会など、プライベートな日程を残すのみとなっていました。 

ところがその27日の最後の日程を終えてから急激に体調が悪化し、 喉が腫れ上がって呼吸が苦しくなり、夜も眠れないほどの状態に陥ってしまったのです。

一週間ほど前から喉の痛みは感じていましたが、うがい薬やトローチを服用してなんとかごまかしていました。風邪をひく時はだいたい「喉」か「鼻」からで、徐々に「咳」や「熱」に移行するパターンがほとんどなので、なんとか「喉」だけで食い止めようと気をつけていました。

それでも一向に喉の痛みは和らぐどころか、これまでに感じたことがないほど鋭い痛みになっていき、27日に一気に爆発したような感じです。あまりの痛みに唾液を飲み込む事すら怖くて、その夜はティッシュを口に入れて過ごしました。

口を大きく開けるのも辛いほど喉が腫れたことなどありませんでしたし、鏡で見ると口蓋垂(いわゆるノドチンコです)が倍くらいに大きくなっているうえ、今まで見たことがないほど喉の奥が真っ赤になっていました。

このままでは水も飲めなくなると思い、翌朝病院で診察を受けると、「急性扁桃炎」に「急性咽頭炎」も併発していて、 かなり炎症が進んでいるため溜まっている膿を抜かないとダメだと言われました・・。「えーどうやって!?」と心のなかで叫んでいると、目の前に巨大な注射器が!!!

ぎゃー!!こえー!!・・・でもスプレー状の麻酔が効いたのか、炎症によって常に痛かったので針の痛みをあまり感じなかったのか分かりませんが、思ったほど痛くはありませんでした。そのあと2時間ほど抗生物質の点滴を受けて、各種薬を処方されました。

翌29日と今日の合計3日間通院して点滴をしてもらい薬もよく効いたので、おかげさまでほとんど全快に近い状態になりました!

原因は様々で、ストレスや疲れが溜まったり、睡眠不足が積み重なると免疫力が低下して、細菌やウイルスに感染しやすくなるのだそうです。

昔のような「無茶」がきかなくなってきている寂しさも感じますが、そもそも「無茶」をせずともきっちりと仕事をこなせるよう、計画的に物事に取り組んでいくことが、プロフェッショナルなのだと思います。

2013年の最後に大きな教訓を得られました。来年につなげて精進しようと思います。皆さん引き続きよろしくお願いします。
林幹人 


motohito884 at 23:48│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 雑学・豆知識

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索