2015年06月04日

集中力について

林もとひとです。皆さんは「集中力」どれくらい持ちますか?人それぞれ違うと思いますが、私はせいぜい30分といったところです。少し調べてみると脳科学者や心理学者が様々な説を唱えていますが、だいたいまとめると「15分」「30分」「90分」という説が散見されます。

私は30分という実感ですが、確かに子ども向けの番組は15分であることが多いですし、大学の授業などは90分であることが多い。やはりそれなりの根拠があって決められているのだと思います。今日は3時間英語を勉強するぞ!と意気込んでみたものの、1時間もしないうちに本棚からコミックを取り出して読んでしまったり、YouTubeを見てしまったりということはかなり「あるある」でしょう。

ではどうすれば集中力を保つことが出来るのでしょうか。例えばこのブログを書くことだったり、質問原稿を仕上げたり、30分以上の集中力を要することも多いので私もいろいろと工夫して、何とか集中力を保てるようにしています。いくつか紹介したいと思います。

◯休憩を入れる
これは当たり前ですね。でも30分に一度椅子から立ち上がって「あぁ〜〜っ」と伸びをするだけでもかなりリフレッシュできます。トイレに行って顔を洗ったり、コンビニなどでも売られている顔スッキリシートで顔を拭くのもいい方法です。

150610-0001
 愛用中の「GATSBYフェイシャルペーパー」です。コレで顔を拭くと本当にスッキリして、まるで洗顔料で顔を洗った後みたいにさっぱりします。私は画像の「クール」が好みですが「超クール」や「MAXクール」などもありますので、お好みでどうぞ。

◯好きなことをやる
今でこそやらなくなりましたが私はかなりのゲーム好きで、大学時代などは寝る時以外はずっとゲームということもありました。人間、好きなことなら苦にならずに集中できるものです。仕事や勉強でも集中力が落ちてきたら、得意な分野や好きな科目などをやってみると、またパフォーマンスが上がってきます。

◯誘惑を排除する
デスクの手の届く範囲に「趣味」や「遊び」のモノが置いてありませんか?こういうものが近くにあると、集中力が落ちると必ずそこに手が伸びてしまいます。 時には息抜きも必要ですが、集中する必要がある時はこれらのモノは目につかないところにしまってしまいましょう。

◯自分を隔離する
集中力が高まり、いわゆる「ノッている状態」にせっかくなっていても、一本の電話でそれをぶち壊しにされることもあります。高い集中力を要する時は携帯電話やスマホの電源を切ってしまいましょう。特にスマホは、メールやラインなど、集中力を阻害する元凶になることが非常に多いです。パソコンで作業をしている時は、ネット接続を切ってしまうのもいい方法です。

いかがですか。「集中力」は有限であり、仕事や勉強には絶対に必要な「大切なもの」です。その高め方や維持に徹底的にこだわることが、良い結果を出し続けるには不可欠です。私もまだまだ発展途上なので、皆さんも自己流の方法があったら教えて下さい! 
林幹人 


motohito884 at 23:12│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 仕事術 | 雑学・豆知識

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索