2015年07月06日

デキる人はみんなやってる!「2分間ルール」

林もとひとです。以前このブログで「グズグズせずに取りかかれ!」という記事を書きました。目の前のタスクにおじ気づき、ついつい先送りしてしまうのをやめて、今すぐ始めましょうという内容です。

今回はそれに関連し、具体的に実践しやすいノウハウを紹介しようと思います。GTD(Getting Thing Done) という仕事効率アップ法の著者デビッド・アレン氏が提唱する「2分間ルール」です。

やり方は超簡単。「2分で終わることは後回しにせず、今すぐにやる」 ということです。例えばメールの返信。今すぐに返信すれば2分で終わるのに「後でまとめて返信しよう」などと後回しにしてしまうと、またメールアプリを立ち上げてそのメールを読み返さなければならなくなり、結局3分から4分かかってしまいます。

面倒くさいと後回しにした結果、もっと面倒くさいことになってしまっているのです。30分以上かかりそうな仕事はとりかかるのに気合いが必要ですが、2分で終わりそうな仕事は四の五の言わずに今やるのが正解ということです。一つひとつは2分で終わる仕事なのに、わざわざそれをいくつかまとめて30分仕事にしてはいけません。 

この2分間ルールをしっかり実行すると、小さな仕事がたまることなくドンドン流れていき、仕事がたまるストレスから完全に解放されます。

ただし「2分で終わるけど今はまだ手を付けない方がいい」という仕事があるのもまた事実です。じっくりと状況を確認しながら進めるべきだったのに、2分で終わるからと誤った判断をしてしまっては大変です。そんな時は「明確な意志を持って先延ばしする」ことが必要になります。

要は「2分間で終わるか」そしてそれは「今すぐやるべき仕事か」という2段階で判断するようにすればいいでしょう。 

さあ、皆さんも今日から「2分間ルール」始めましょう!
林幹人 


motohito884 at 23:56│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 仕事術 | 雑学・豆知識

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索