2015年07月16日

「成田国際空港推進議員連盟」が発足!

林もとひとです。6月定例県議会の最終日7月3日(金)に自民党による「成田国際空港推進議員連盟(県議会)」が発足しました。千葉県の宝である成田国際空港を中心に、首都圏をはじめとする我が国の国際航空需要に応え得るよう機能強化を図るとともに、利用者の利便性向上に向けた施策を強力に推進し、それによって千葉県の更なる発展に寄与することを目的にスタートを切りました。

これまで県では「空港対策特別委員会」という組織で対応してきましたが、政務調査会の下部組織という関係上、参加議員や会議の設定などに様々な制約が存在していました。今回「議員連盟」としたことで広く参加を募ることができ、各種活動も迅速に行うことが可能になりました。

おかげさまで46名もの議員に参加していただき、まさにオール千葉体制が整ってきました。私も設立の準備段階から関与させていただき、人事において幹事長を仰せつかることとなりました。 成田国際空港を選挙区に持つ議員として、しっかりと役割を果たしてまいりたいと思います。

早速今月の29日には当議連による成田国際空港の視察を予定していて、航空需要に応えるべく少しずつですが絶えず進化を続けてきた成田空港の全体像を俯瞰します。

県に先立って2008年の6月に発足した、国会議員による自民党成田国際空港推進議員連盟も積極的な活動を続けており、今月31日の総会には我々県の議連役員も参加させていただく予定です。

2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、大幅に訪日外国人の増加が見込まれる中、日本の空の玄関口として成田国際空港が担う役割はますます重要度が高まります。スピード感を持って着実に進めていかなければなりません。
林幹人 


motohito884 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活動報告 | お知らせ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索