2015年09月24日

一人暮らしの女性が気をつけること

林もとひとです。先月の26日、東京都中野区のマンションで劇団員の女性が絞殺されるという事件が発生しました。自宅マンションの防犯カメラの電源が入っていなかったなど、捜査は難航しているようですが、この事件に限らず「一人暮らしの女性」が被害にあってしまうケースは近年非常に多くなっています。

そこで今回はそういった被害を未然に防ぐために「注意しなければならないこと」を取り上げようと思います。なお、今回のネタ元は株式会社ClearWoods代表「森ゆきまさ」さんが発行しているメルマガです。森さんはなんと「元刑事(それも千葉県警)」という異色の肩書きの持ち主で、その経歴を活かし「ウソや人間心理の見抜き方」という他の追随を許さないセミナーなどを開催し、日本中から依頼が殺到している人です。

森さんの話を聞いてみたい!という人は上記リンクからアクセスしてみてください。

さて、一人暮らしの女性が注意しなければならないことその1は「最寄り駅からの帰宅には十分気をつける」ということです。

駅は人が集まるところなので様々な人間がいます。中には「好みの女性」を探しているような男もいるのです。そして女性を見つけると気づかれないように尾行し、自宅を割り出します。 すると男は近くのコンビニや車の中から自宅付近で張り込むようになり、女性の行動パターンを徹底的に調べるのです。

こうなってしまうと非常に厄介ですから、最寄り駅から自宅に帰るときは特に注意しなければなりません。後ろを振り返ったり、変な男がいたらコンビニで時間を潰すとか、タクシーを使うとか、自宅までついて来られないようにすることが重要です。「ひょっとしたら」と思ったら疑ってかかることです。 

続いて注意しなければならないことその2です。それは「マンションやアパートなどの一階に住んではいけない」ということです。

窓を破ればすぐに侵入でき、犯行後も逃げやすいからです。防犯カメラやオートロック付きマンションでも、庭からベランダを伝って進入するケースもありますから、やはり一階は避けるべきでしょう。

用心するなら5階以上の高層階がベストです。2階や3階だと、外壁や屋根を伝ってスパイダーマンのように侵入を試みる輩もいるそうなので。なるべくなら洗濯物も外から見える位置には干さないほうが無難でしょう。その部屋に女性が住んでいることを知らせる目印になってしまうからです。

以上「一人暮らしの女性が気をつけること」でした。皆さんの身近なところにそのような女性がいたら、是非教えてあげてください。 
林幹人 


motohito884 at 22:40│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 意見・思い

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索