2015年11月26日

「ふるさと切手」をゲットしましょう!

林もとひとです。12月8日に今回のタイトルである『ふるさと切手「地方自治法施行60周年記念シリーズ 千葉県」』が発行されます。

この切手シリーズは地方自治法施行60周年を記念し、順次発行される47都道府県ごとの図柄による記念貨幣と連携して発行されるもので、1シートに千葉県を代表する特徴的な図柄が入った切手5枚がセットされ410円(82円郵便切手5枚)で販売されます。

WS000000
 シートの背景には幕張メッセやQVCマリンフィールドをはじめとする幕張新都心が採用されています。以下5枚の切手を簡単に紹介します。

1.東京湾アクアラインと菜の花
1997年に開通した東京湾を横断する全長15.1kmの道路で、千葉県木更津市と対岸の神奈川県川崎市を約15分で結んでいます。橋梁部とトンネル部とで構成され、接続部には「海ほたる」が設置され、多くの観光客が訪れます。菜の花は千葉県の花。1954年に一般公募で決まりました。 

2.南総里見八犬伝
江戸時代に曲亭馬琴(きょくていばきん)によって書かれた作品で、南房総が物語の舞台となっています。モデルとなった戦国武将里見氏が居城とした館山城跡には、八犬伝に関する資料を集めた八犬伝博物館があります。NHKの大河ドラマに採用されるよう働きかける動きも活発に展開されています。

3.犬吠埼(いぬぼうざき)灯台
銚子市の犬吠埼に立つ灯台で、1874年にレンガ造りで建てられました。2010年には国の登録有形文化財に指定され、日本で最も早く「初日の出」を拝める場所としても確固たる人気を誇っています。

4.成田国際空港
日本の空の玄関口としておなじみの成田空港。年間約3,500万人が利用し、訪日外国人観光客は年々増加しています。千葉県は知らないが成田は知っているという外国人も多く、その知名度は圧倒的です。3本目の滑走路建設に向けた検討も始まるなど、まだまだ成長を続ける超重要インフラです。

5.水郷佐原水生植物園のハナショウブ
香取市にある植物園で、東洋一を誇る400品種・150万本のハナショウブと、品種数日本一となる300品種以上の花ハスを中心に水辺の植物を栽培・展示しています。

切手コレクターならずとも千葉県民なら押さえておきたい今回の記念切手ですが、発行枚数は100万シートですので県民の6人に1人分しかありません。

12月8日(火)から全国の郵便局等の窓口で販売開始となりますので、気になる方は早めにゲットしてください!
林幹人 


motohito884 at 23:30│Comments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ | 地元PR

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 佐藤 繁   2015年12月04日 16:46



地方創生の提案

初めまして、佐藤 繁と申します。
「地方創生」に付いて素人考えをまとめました。長い文章ですが、お時間が有りましたらお読み下さい。
http://www.presen-cobo.com/01/14-1-1-1/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プレゼン工房 佐藤 繁
045-532-8828
224-0037 横浜市都筑区茅ヶ崎南4−12−15−204
info@presen-cobo.com
http://www.presen-cobo.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索