2017年02月27日

チョー快適!珪藻土バスマット

林もとひとです。お風呂上がりに足裏の水分を取るマット、いわゆる「バスマット」は皆さん使っていることと思います。でもあれって家族みんなで使っていると、順番が後の人は濡れたマットを使うハメになり、とても不快ですよね。

だからと言って一人ひとりが新しいバスマットを使っていては、洗濯が大変です。そこで今回紹介する「珪藻土(けいそうど)バスマット」の出番です。珪藻土とは太古の植物性プランクトン(珪藻)が、長年にわたり海底や湖底に推積して化石化した天然の鉱物で、目に見えない無数の小さな穴(孔)が空いていて、表面に付いた水分を瞬時に吸収します。

WS0313
この珪藻土を板状に加工したものが珪藻土バスマットです。使ってみるとその吸水性は驚異的で、足を載せた1秒後には既に足の裏がサラサラです。我が家は大人2人と子供1人ですが、ネットなどの口コミを見ても4人家族ぐらいなら吸水性が衰えることもないようです。

しかも吸い取った水分は勝手に乾燥してしまうので、お手入れなども一切不要です。さすがに数ヶ月間使い続けていると表面の穴が目詰まりし吸水性が落ちてくるそうですが、 その場合でも紙やすりをかけてやれば復活するとのこと。

ちなみに我が家のマットは、使い始めてから一度もお手入れをすることもなく5ヶ月ほど経過していますが、全く吸水性に変化はなく快適です。 

 
ウチでは国産の「soil」というマットを使っていますが、7,000円から8,000円と高価なのがたまにキズです。でも一枚1,000円のバスマット5枚をせっせと洗濯してローテーションすることを考えれば、決して高くはないと思います。

廉価な類似品にも高品質で口コミ評価も上々な製品もあるようなので、試してみてもいいかもしれません。思わず笑ってしまうほどの吸水性を、是非体験してみて下さい。


motohito884 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ | 雑学・豆知識

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索