2017年04月03日

成田市が観光体制を強化!

林もとひとです。4月1日付けで成田市は観光プロモーション課、スポーツ振興課、文化国際課の3課で構成される「シティプロモーション部」を新設しました。

ロケ誘致などで大きな役割を果たしてきた観光プロモーション課は、これまでは経済部の下に置かれていましたが、今回シティプロモーション部が新設されたことで、成田の魅力発信とともにスポーツや文化芸術活動などとも連携し、広く観光分野に取り組める体制に強化されました。

日本の空の玄関口である成田空港を擁し、観光を市政の大きな柱と認識している成田市としては、極めて妥当な組織強化だと思いますし、私としても高く評価しているところです。

一方、千葉県はと言うと相変わらず商工労働部の下に「観光企画課」と「観光誘致促進課」が置かれているという体制です。

このことは先の2月議会で一般質問に登壇し、観光立県に向けて「観光庁」や「観光局」を設置するなど、観光に特化した組織強化をすべきと指摘したところですが、県の執行部には受け入れられなかったようです。※その模様はコチラの動画で11分35秒あたりからご覧いただけます。

成田市のシティプロモーション部がいかんなくそのチカラを発揮し、観光客の大幅増加につなげていただきたいと思います。きっと成田市を真似て全国の自治体が追従することになるでしょう。私も地元議員として、全力で応援させていただきます。
林幹人 


motohito884 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 活動報告

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索