2017年07月27日

もとひと流健康法6(食事編その5:水)

林もとひとです。もとひと流健康法第6弾の今回は食事編を締めくくるその5として、水を取り上げます。人間は成人で身体の約60%が水で構成されているといいます。ちなみに子どもは約70%で赤ちゃんは80%、高齢者で約50から55%と言われています。

つまり人間の体は半分以上水なわけですから、毎日飲む「水」にこだわるのは極めて当然のことです。・・・とはいえ、実は私もつい2年ほど前まではスポーツドリンクやお茶で水分補給していて、水を飲むのは外食時に出された時だけでした。

そもそも水を「おいしい」と思わなかったので、喉が渇いたときにただの水を飲むのはなんだか「もったいない」気がしていたのです。

しかし糖分のとりすぎなども気になるようになって、やはり純粋に水で水分補給すべきだと思うようになり、市販のペットボトルやスーパーでのミネラルウォーター販売、家庭用ウォーターサーバーなどを試しました。

それぞれコスト面や手軽さなど一長一短あり、蛇口に直接セットする浄水器なども試してみたりといろいろ試行錯誤を繰り返しました。

そんな時に私が一方的にメンターと仰ぐ「鳥居祐一」さんに「ガイアの水135」を勧められ、以来コイツを毎日飲んでいます。



私が選んだのは「ポット型」。色はこのオレンジの他にグリーンとピンクがあります。

これまで水を美味しいと思ったことはほとんどありませんでしたが、これを冷蔵庫でよく冷やして飲むとメチャメチャうまいです。しかも食べ過ぎや飲み過ぎで胃がもたれたりムカムカする時も、この水を飲むと「スッ」と治まるのです。


何と豆乳にこの浄水器の水を加えると、ヨーグルトになるらしいです!

なんでも「テラヘルツ鉱石」が体にいいらしいのですが、商品の説明を見ても、ネットでテラヘルツ鉱石を検索してみても、分かったようなわからないような感じです。でも「おいしい」し「体調もいい」ので、素直に続けることにしています。

一般的な浄水器と比べて価格も高めですが、それでもペットボトルの水を買うよりも安上がりですし、なにより効果を実感できているので私的には大ヒットです。オススメです。
林幹人



motohito884 at 22:39│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 健康法 | 雑学・豆知識

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索