2017年07月31日

もとひと流健康法7(運動編その1:導入編)

林もとひとです。今回で7回目となる健康法シリーズもついに最後のパート、運動編に突入です。最初にも書きましたが、私の健康法は「睡眠」「食事」「運動」がセットになっていて、これらを全て「継続」することが大前提です。

実は「運動」を最後にもってきたのも理由がありまして、上記3項目の中で最も継続が難しいのが「運動」だと思うからです。睡眠も食事もやらないと死んでしまいますが、運動はやらなくても生きていけますのでムリもない話です。しかし逆に言えば「やる」か「やらない」かで一番差が出るのが運動ということになります。

運動と一口に言っても野球やテニスなどの球技や、筋トレなどのトレーニング、ジョギングや散歩などの有酸素運動などさまざまで、全てバランス良く行うことができれば理想的ですが、無理なく継続できる運動としては「筋トレ」と「有酸素運動」をオススメします。

「食べることを我慢せずに体型を維持する」をモットーに、試行錯誤しながら今の形に落ち着きました。次回以降それぞれ私が日々取り組んでいるメニューや、使用している機器なども具体的にご紹介していきますが、その前に読んでおいてもらいたい過去記事があります。

まずはコレ。2015年7月23日号「広がるライザップ効果!?」

約2年前のこの記事の中で「私も最近トレーニングをはじめました」と表明しています。そしてようやく最近になって「あれ?なんかやってる?」とか「ガタイ良くなりました?」とか言われるようになった(つまり成果が明確になった)ので、私の取り組みを紹介しようと思ったのです。

ライザップでは死ぬほど苦しい2ヶ月間で結果を出しますが、私は無理のない範囲でコツコツ続けられる運動で2年間で結果を出したというわけです。

続いてこの記事。昨年9月12日号「腹筋でお腹はヘコまない!?」

内臓脂肪を減らすには有酸素運動が有効で、全身の筋肉量を増やせれば基礎代謝も上がり、有酸素運動の脂肪燃焼効果も比例してアップするという記事です。

私の「筋トレ」と「有酸素運動」は上記の考え方をもとに組み立てられています。男女を問わず中高年の共通の悩みである「メタボ」をなんとか食い止め、健康的な体を手に入れる!「やるぞ!」という強い決意を持って次回以降をお読みください。お楽しみに!
林幹人


motohito884 at 22:32│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 健康法 | 雑学・豆知識

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索