2017年12月21日

挨拶で「えー」が口癖になっている人へ

林もとひとです。怒涛の忘年会ラッシュもいよいよ終盤戦。皆さんも宴会や懇親会に出席する機会が多いのではないでしょうか。特にホテルなどの大ホールで開催されるような規模の会では必ず「挨拶」がありますよね。

その挨拶の中で「えー」とか「あー」とか「あのー」とか「えーっと」とかやたら使う人いませんか。これは「プレゼン」や「公式のスピーチ」の場ではタブーとして扱われるほど、聞き手にとっては無意味を通り越して”不快”なものなので注意が必要です。

言ってみれば「挨拶のプロ」である私(自分で言うな)も完全に「えー」を言わずに挨拶するのは難しいものです。でもいくつかのポイントを押さえておくと、格段に無駄な「えー」を無くせますので、今回紹介します。

◯まずは練習
基本的になぜ「えー」と言うのかというと「次に言う言葉を考えているから」です。いきなりスピーチをすることになった場合を除けば、自分が人前で話す機会があることは事前に知らされているはず。であれば「鏡の前で練習」でもいいし「自分で動画を撮ってみる」でもいいので、客観的に自分のスピーチを聞き手として見てみることです。次の言葉がスラスラ出てくるまで練習すれば「えー」はなくなります。

◯心の中で「えー」という
言うなと言われると余計気になってしまうもの。いっそのこと言っちゃって下さい。心の中で。その分聞き手からすると「沈黙」「無言」になるわけですが、思ったほど長く感じないので心配無用です。これも試しに動画で自撮りしてみると判りますよ。

◯口語調で話す
慣れない人ほど挨拶を紙に書いて覚えようとします。言葉は紙に書いて文字にすると「文章」になり、普段使っている口語とは少し違ってしまうのです。家族や友人との会話に「えー」とか「あー」とか言わないですよね。難しい単語や表現を使うと文章としては締まりますが、挨拶にするとカタくなりがちです。なるべく平易な表現で話すようにすると「えー」を減らすことができます。

◯ワンフレーズポリティクスで話す
小泉純一郎元総理が多用したことで有名になりましたが、息子の進次郎さんもバンバン使っています。文章で言えば”箇条書き”で、言いたいことを長々と語らずに簡潔に言い切るスタイルにすると、必然的に「えー」が入り込む余地が少なくなります。例えば①成田空港は日本の空の玄関口であり、重要なインフラであるが、内陸空港であることから騒音問題が課題となっていて、機能強化は慎重に行わなければならない②成田空港は日本の空の玄関口です。だから非常に重要なインフラなのです。ただ内陸空港であることから騒音問題が課題となっています。そのため機能強化は慎重に行わなければなりません。①も②も言いたいことは同じなのですが、挨拶にすると②の方が聞きやすいですよね。

いかがですか。結構挨拶慣れした人でも使ってしまっていることが多い「えー」ですが、聞く側からすると一度気になりだしたら「えー」しか言わないように聞こえてしまいます。新年会や結婚式のスピーチなど、これから人前で話す機会がある人は参考にしてみて下さい。
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 仕事術

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索