2018年01月22日

知ってましたか?iPhoneで緊急SOS!

林もとひとです。今回のネタはiPhone(Apple Watch)ユーザー限定です。iOS11から実装された新機能に「緊急SOS」というものがあるのですが、意外と知られていないようなので今回紹介します。

IMG_0002
作動させると警告音が鳴り、このような画面に。

これは緊急時などにiPhoneのサイドボタン(スリープ、長押しで電源OFF)を5回連打すると警告音が鳴り、その後110番や119番に電話をかけることが出来る機能です。その際には「位置情報」が自動的に発信先に送られるようになっているので、気が動転していて上手く自分の場所を伝えられなくても大丈夫です。

更に家族などの緊急連絡先を登録しておけば、通報後にその連絡先へ自分の位置情報がテキストメッセージで送られます。普段は位置情報を「オフ」にしている人も、一時的に「オン」の状態になるので、特別な設定は不要です。

「緊急SOS」の設定方法は、以下のとおりです。

「設定」→「緊急SOS」→「自動通報」をオン、「カウントダウンで音を出す」をオン

作動させると「マナーモード」にしていても警告音は鳴るので、とっさの時の「防犯アラーム」のような使い方もできますね。ポケットやバッグに入れてあるiPhoneを取り出さずとも、手探りで作動させることができるので設定しておけば安心です。

この機能はApple Watchでもサイドボタン長押しで作動させることができるようです。私は持っていませんので試していませんが。

警告音が鳴ったあと「キャンセル」を押せば、通報電話がかかる前に緊急SOSは解除されますので、実際に作動させるとどのようになるか、一度試しておかれるといいですよ。
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索