2018年04月19日

仕事に追われてテンパっている人へ

林もとひとです。パソコンやスマホなど、仕事を効率的にこなすことができるアイテムが次々に登場し、これまで何時間もかかっていた仕事が数分で終わるようになりました。

それなのに、私たちの仕事は一向に減らないし、仕事が早くなったからといって全く時間に余裕がないと感じている人は多いと思います。私もそうです。

おそらく、どんなに仕事効率を上げたところで、更に対応すべき仕事が増えるだけで、この傾向はずっと変わることはないでしょう。

そこで今回は、仕事に追われて煮詰まって「いっぱいいっぱい」になってしまった時の対処法を紹介します。それは「カードリスト法」というものです。

やるべきことをたくさん抱えてしまった時に、もうどうして良いかわからない、一つも仕事が片付かない、何かをやっている時も他の仕事のことが気になって効率が上がらない。

そんな時、名刺ぐらいのサイズのカードを用意して、そこに今やるべきことを一つ一つ書いてみます。私の場合は以前このブログで紹介した「エイト」という名刺管理アプリを使っているので、データ化したあとは申し訳ないと思いつつ、頂いた名刺は捨てています。なので裏面が白紙の名刺はとっておいて、この「カードリスト法」に再利用しています。

さて、書いた後はそれらのカードをバッと机の上に並べます。これは心理学的にカウンセリングと同等の効果があります。患者のため込んだ精神的な鬱憤をすべて吐き出させてあげる。聞いてあげることで「荷降ろし効果」が得られるのですが、これと同じです。

自分の頭の中に入っていたものが吐き出され、頭が空っぽになった状態になると、非常に精神的に落ち着きが出てきます。また、実際にカードに書き出してみると、思っていたほど自分が抱えている仕事は多くなかったことが分かります。

その中で今すぐしなければいけないこと、期限が決められていること、後でやっても大丈夫なこと、この3種類に分けます。A、B、Cと分けておきます。その中でさらに優先順位を付けます。A-1、A-2、A-3、そして、B-1、B-2・・・と序列化していきます。それが出来たら一目瞭然、A-1からやっていけばいいわけです。

そしてもう他のことを考えなくて済むし、この仕事をする時はこの仕事に没頭すればいい。現時点ではA-1以上に重要な事はないのですから、それ以外は次にやればよいのです。非常に頭がすっきりします。

ただし時にはA-2よりもB-1を優先すべき状況もあるでしょう。その都度確認して進めて下さい。軽い煮詰まり状態を脱却するには有効な手段だと思います。皆さんも試してみて下さい。
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 雑学・豆知識

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索