2018年07月19日

防災アプリを見直しましょう

林もとひとです。広島県や岡山県を中心に甚大な被害をもたらした西日本豪雨災害。被災地では復旧作業が進められていますが、あまりにも大きな被害とこの暑さで、思うように進展していないようです。一日も早い復旧・復興を願うばかりです。

地震や津波、豪雨や洪水など、もはやいつどこで災害に見舞われるか分かりません。常日頃から準備と対策を心がけることは、老若男女問わず徹底しておかねばなりません。

そこで今回のブログでは、災害時等に役立つであろうアプリをいくつか紹介しようと思います。テレビやラジオ以外にも、スマホを使えばピンポイントで自分の現在地周辺の情報を得られますので、必ずインストールしておきましょう。

WS0412WS0413
左:「Yahoo!防災速報」です。地震やゲリラ豪雨など、様々な情報をプッシュ通知してくれるので、いざという時に頼りになります。右:「NHK ニュース・防災」です。ヤフーアプリと似たような使い方が出来ますが、情報ソースがNHKということで、信頼性が高いと感じる人も多いと思います。

WS0414
防災情報 全国避難所ガイド」です。自分の現在地から近い順に避難所を表示し、そこまでの道順を教えてくれます。旅行などの外出中に災害発生した場合などに役立ちます。また、家族同士の安否確認もスムーズに行える機能があります。


WS0415WS0416
左:「radiko(ラジコ)」です。今いるエリアで放送しているラジオ局の番組を聴くことができます。右:「NHKラジオ らじるらじる」です。その名の通りNHKのラジオをスマホで聞けます。

他にもFacebookやLINE、TwitterなどのSNSは、電話が繋がりにくい状況でも文字でコミュニケーションがとれるので、災害時にも非常に頼りになるアプリです。

いかがですか。災害が発生してからではダウンロードもスムーズにできなくなる恐れがあります。今のうちにインストールしておきましょう。
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめアプリ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索