2018年09月20日

10月1日は「まずい棒」の日!?

林もとひとです。厳しい経営状況で有名な?銚子電鉄。鉄道収入の減少を補うために販売を開始した「ぬれ煎餅」は、大ヒット商品となり銚子電鉄の救世主となりました。

二匹目のどじょうではありませんが、8月から「まずい棒」を発売。これまた販売開始からわずか2日間で初回入荷分1万5千本を完売し、これまでに約18万本が売れているそうです!

IMG_5785
銚子市選出の信田県議よりいただきました。

味はいいけど経営がマズイということで「まずい棒」。見るからにイケてない車掌姿のキャラは「まずえもん(魔図衛門)」で、「まずい」の言葉に反応して魔界からやって来る銚電ファンの異星人という設定らしいです・・・。ギリアウトな気が。

なぜ10月1日がまずい棒の日なのかといいますと、銚電救済の「キューサイ」から9.31となり、9月31日は実際には存在しない日付のため10月1日となったそうです・・・。どうでもいいですか。どうでもいいですね。

銚電さんは語呂合わせが好きなようで、まずい棒が発売されたのも8月3日の18時18分。なぜだと思います?「破産はイヤイヤ」だそうです・・・どうもすみません。

でも存続に向けての執念を感じる銚電の姿勢。応援したいです。1本50円と少々高めですが、話のネタに是非。みなさんも買ってあげて下さい!
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 地元PR | 意見・思い

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索