2018年12月27日

今年の漢字、私は「幸」!!

林もとひとです。2018年の今年の漢字は「災」でしたね。確かに地震や台風など、自然災害の多い年となりましたが、実は2004年も「災」でした。

ご存知のように「今年の漢字」は、財団法人日本漢字能力検定協会が、その年をイメージする漢字一字の公募を日本全国より行い、その中で最も応募数の多かった漢字一字を決めるもので、1995年に始まりました。

その年の世相を表す漢字として、原則としては12月12日の「漢字の日」の午後に京都の清水寺で発表することになっています。過去の漢字との重複もOKで、2018年は2004年以来2度めの「災」となったわけです。※過去の「今年の漢字」一覧はウィキペディアをご参照ください。

ちなみに私の今年の漢字は「幸」です。というか毎年「幸」なんです(笑)12月10日の当ブログで紹介させて頂いた「千葉修司さん」が自身のメルマガでそうおっしゃっていて、私も真似することにしました。

さすが「強運を科学する」を実践する千葉さんです。そりゃ誰だって辛いことや大変なことが巻き起こります。でもそこを掘り下げて「あー辛い」「あー大変だ」「あー苦しい」と言ったところで、何も得るものなんてありません。

目の前の小さな「幸せ」に注目する。それだけで毎日ハッピーで、一年を振り返っても「幸」以外にないと思えるようになる気がします。

そんな千葉さんの強運を科学するメルマガを読みたい方はコチラから登録できます。

皆さんの今年の漢字は何ですか?
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 雑学・豆知識

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索