2019年01月17日

財布に入る印鑑!?

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。世界的には「サイン」が一般的ですが、日本ではまだまだ主流の「印鑑」。皆さんも当然ご自分の印鑑をお持ちだと思います。

宅配便や郵便物の受取時はもちろん、役所や銀行で書類を書くときにもほぼ間違いなく印鑑が必要になります。肌身離さず持ち歩くほどではないにせよ、やはり一本はすぐに手が届くところに持っておきたいものです。

しかし大きなものではありませんが、やはりかさばるのがデメリットです。特に私のように普段なるべく「手ぶら」でいたい人にとっては、印鑑ケースをポケットに入れておくなんて邪魔すぎます。

そう思っていたら、素晴らしいものを見つけてしまいました。
WS0454WS0453
その名もズバリ「スマート印鑑」!ご覧のようにシート状で、財布や名刺入れにラクラク入ります。

WS0455WS0456
使い方は右の写真のように簡単。昔カセットテープなどにレタリングしてた私の世代には、おなじみの作業ですね。

WS0457WS0458
印影もとてもきれいで、ペンなどの曲面にも貼れるというメリットも。

ただしシャチハタが認められないような正式書類の場合は、認められないケースもあるそうで、注意が必要です。それでも財布に入れておけば、イザという時役に立つと思います。

私のように一般的な名字はほぼ製品化されていると思いますので、皆さんもチェックしてみてください。


motohito884 at 23:30│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 おすすめグッズ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索