2019年03月04日

適度な糖質制限を!

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。「糖質制限」という言葉は誰でも聞いたことがあると思いますが、意外と正しく理解している人は多くない気がします。

糖質とは「甘い物」だけではなく、「炭水化物」に多く含まれています。このことから、糖質制限ダイエット中の人はご飯や麺類などの主食のほか、デザートなどの甘味類も過度に制限する傾向にあります。

しかし人が生きていくには、脳や体を動かすエネルギー源が必要になります。そのエネルギー源は、主に糖質や炭水化物などを分解することでできるブドウ糖です。

ブドウ糖と言えば、脳を働かせるためのエネルギーというイメージが強いかもしれませんが、実は筋肉や臓器のエネルギーとしても使われています。

厚労省のデータでは、脳以外の組織もブドウ糖をエネルギー源として利用することから、その必要量は少なくとも1日100 gと推定されています。つまり、毎日およそ100gの炭水化物=糖質が最低でも必要だということです。

ですから、いくら糖質制限ダイエットだからといっても、炭水化物を一切食べないという食生活では頭の回転が鈍くなるばかりか、健康維持にも影響が出てきてしまいます。

ちなみに私の食生活を例示すると

【朝】プロテインドリンク、ミックスナッツ、ドライ納豆アーモンドフィッシュ
【昼】制限なし(好きなものを食べますが、大盛りにはしません)
【夜】なるべく炭水化物ぬき

・・・こんな感じです。学生時代から朝食は食べたり食べなかったりだったので、社会人になってからもあまり多く食べなくても平気なのと、昼には何でも制限なく食べられるので全く苦にならないのがポイントです。

皆さんも過度な糖質制限には気をつけて、無理せず健康と体型を維持しましょう!
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 健康法 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索