2019年03月14日

ピクトグラム2020

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。いよいよ来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック(以下東京2020)。先日、大会を通じて使用される「ピクトグラム」が発表されました。

ピクトグラムとは「絵文字」「絵単語」などとも呼ばれ、何らかの情報や注意を示すために表示される視覚記号(サイン)の一つです。

その起源は諸説ありますが、今日のように世界的に利用拡大が進むきっかけとなったのは、1964年の東京オリンピックだったと言われています。

当時の日本人は外国語が得意ではなかったため、デザイナーの勝見勝氏らが中心となって、外国からのお客様の案内をピクトグラムの活用で「言葉を使わずに」解決しようと取り組んだのがきっかけだそうで、1980年代から世界中で広く使用されるようになります。

WS0468WS0469

WS0470
今回発表された全33競技50種類のオリンピックスポーツピクトグラム

1964年当時の「情報伝達」という考え方を継承するだけでなく、さらに発展させ、躍動するアスリートの動きを魅力的に引き出す設計で開発されたそうです。なるほど、躍動感がありますね!

日本生まれのピクトグラム。来年の東京2020でも、きっと世界中の人々に愛されるものになるでしょう。千葉県でも8つの競技が開催されます。しっかりと準備を進めなければなりません。
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 

この記事へのコメント

1. Posted by 渡辺英一   2019年03月18日 22:10
先生こんばんは😊オリンピックのピクトグラムは、前回の東京オリンピックの時にかなり進化したんですね。日本の先人たちの努力が、国際的にも貢献できていて素晴らしいと思います。日本人には創造力が培っていることがよく分かりました。いつも勉強になる事柄を掲載していただきありがとうございます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索