2019年04月01日

白ナンバーの軽自動車!?

※3月29日に告示された千葉県議会議員選挙で、4期目の当選を果たすことが出来ました。無投票という形でしたが、有権者からの信任を頂いたことに変わりはなく、なお一層気を引き締めてまいる所存です。引き続きよろしくおねがいします。

林もとひとです。軽自動車といえば「黄色いナンバープレート」ですが、最近白いナンバープレートを装着した軽自動車が増えています。皆さんもお気づきですか?

WS0472
ご覧のように印象がガラリと変わりますね

2017年4月1日、道路運送車両法施行規則等が一部改正されたことで、図柄入りナンバーが導入されました。現在申請可能なものはラグビーワールドカップ記念と東京オリンピック記念の図柄入りナンバープレートです。

そしてこれらのプレートを申請すると、普通車・軽自動車の区別なく同じデザインのプレートが交付されることから、一見白ナンバーの軽自動車となるのです。(よく見るとそれぞれの図柄が入っています)

WS0473
それぞれ右側が「寄付金あり」左側が「寄付金なし」のプレートです。1,000円以上(100円単位)を寄付すると、カラーデザインの図柄入りナンバーを選択することが可能となっています。

寄せられる寄付金は、交通の利便性の向上など、大会開催を支援する事業に充てられるようです。寄付をしない場合でも交付手数料(地域によって7000~9000円前後。詳しくはHPでご確認ください)がかかります。

また、上記2デザイン以外にも「地方版図柄入りナンバープレート(いわゆるご当地ナンバー)」でも同様のことができますが、この場合軽自動車は「黄色い枠」が入りますので、気になる方は注意してください。

受付開始以来かなりの申し込みがあるそうで、その内の約7割が軽自動車なのだそうです。あの「黄色いナンバープレート」が嫌だという人が多いということなのでしょうか。

理由はともかく「2019ラグビーワールドカップ」「2020東京五輪・パラリンピック」「ご当地ナンバー」が普及することは喜ばしいことです。是非みなさんも導入を検討してみてください。
林幹人




motohito884 at 23:30│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑学・豆知識 | 活動報告

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索