2019年05月09日

全長1400㌔の自転車道整備促進!

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。千葉県銚子市から和歌山県和歌山市まで、太平洋沿い約1400㌔に及ぶ「太平洋岸自転車道」の整備計画が加速してきました!

WS0476
ご覧のように6県をまたぐ長大なサイクリングロードです。

来年に迫った2020東京オリンピック・パラリンピックまでに、迷わずに安全に走行できる環境整備、統一感を持った自転車道の整備、官民連携によるサポート体制の構築、情報発信の強化などの取組みを進めるために「第1回太平洋岸自転車道推進協議会」が昨年11月28日に開催されました。

しかし実はこの自転車道、昭和48年(私が生まれた年!)に打ち出された構想で、すでに45年が経過しているにもかかわらず、進ちょくはいまだ全体の6割程度にとどまっていたんです。

国や各県がバラバラに自転車専用道路のほか、既存の県道に自転車走行帯を設けるなどして整備を進めてきましたが、自動車の道路網整備が優先されることが多かったために、思うように進んでいなかったのです。

そこで国は協議会を立ち上げることで、全体の機運醸成とともに統一的なコンセプトに基づいて整備を進めることとしました。

本年3月14日に開かれた第2回会合では「統一ロゴ」も決定し、いよいよ情報発信強化に力を入れてきました。

WS0477
ロゴは自転車道が通る6県の大学から募集。応募作品5つの中から橫浜美術大学の作品が選ばれました。デザインは日本の伝統的な吉祥紋様である青海波と、太平洋の波をイメージ。自転車道が6県にまたがることを6つの波で表しているそうです。日本語表記と英文字表記で2種類ずつ用意され、道案内の看板や路面に表示される予定です。

国内のサイクリストだけでなく、訪日外国人客を呼び込むきっかけとしても非常に期待が持てる取り組みです。千葉県も起点となる銚子市をはじめ1400㌔中約209㌔を担当します。

世界に誇れるサイクリングロードに向け、私もできる限りの協力をしてまいります。
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | 地元PR

この記事へのコメント

1. Posted by 渡辺英一   2019年05月19日 16:14
先生こんにちは😊1400キロにも及ぶサイクリングロードが出来るんですね。残念ながら山梨県には関係ありませんが、太平洋側沿いのサイクリングロードはきっと海風を受けて気分最高でしょうね!
私のように海のない県に住んでいる者にとっては、魅力的なコースです。私は身体障害者のために自転車に乗ることはできませんが、颯爽とサイクリングロードを走り抜けていく若者たちを見てみたいです。
いつも貴重な情報をいただきありがとうございます😊
2. Posted by 林もとひと   2019年05月19日 20:38
いつもコメントありがとうございます。利用者目線を大切にすると、もっともっと提供できるサービスがありそうですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索