2019年05月23日

快挙!本須賀海水浴場がブルーフラッグ取得

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。山武市にある本須賀(もとすか)海水浴場が、国際環境認証である「ブルーフラッグ」を千葉県内で初めて取得しました!

WS0482
ブルーフラッグのロゴマーク

「ブルーフラッグ」は、デンマークに本部を置く国際NGO環境教育基金=FEEが運営する環境認証で、ビーチやマリーナ、観光船に関して「安心・安全」が認められたものにのみ、取得が認められます。

その条件は非常に厳しく、4つの項目に33の基準を設け、それを満たす必要があります。たとえばライフセービングなどの安全基準や、ビーチの清掃管理や生態系保護、ビーチ利用者への環境教育と情報提供などなど。

私とは県議会同期(平成19年初当選)の松下浩明市長肝いりで、県内で前例のない取り組みに関係者一丸となって向き合った成果ですね。

世界では45カ国4500以上のビーチ・マリーナなどが認証を受けていますが、国内ではまだ3箇所目であり非常に狭き門であったことが分かります。

WS0483
全長66キロに及ぶ九十九里海岸のほぼ中央に位置する「本須賀海水浴場」です。

海水浴場が開設される、今年7月13日から8月25日までの間、取得した2019ブルーフラッグの旗が掲げられるとのこと。多くの海水浴客でにぎわいそうですね!
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 地元PR | お知らせ

この記事へのコメント

1. Posted by 渡辺英一   2019年06月04日 16:12
先生こんにちは😃私の叔父が千葉県茂原市に住んでいるので、昔から九十九里に海水浴に行っていました。よく白子海岸や一ツ松海岸で海水浴していました。
時々太東岬や御宿や大原の方へも行っているので、かなり九十九里浜は詳しいです。しかし九十九里というだけあって、銚子の方まで果てしない海岸なので、山育ちの私にはスケールの大きさに圧倒されていました。本当に懐かしいです。
2. Posted by 石田佳也   2019年06月05日 09:28
お早うございます。
昔、親が本須賀海岸で海の家をやっていました。
当時はかなり賑わっていたのを思い出します。
今回のブルーフラッグ獲得をきっかけに大勢の方が来る様になれば嬉しいですネ。
3. Posted by 林もとひと   2019年06月05日 13:03
いつもコメントありがとうございます。

渡辺さんは千葉とも深い関わりをお持ちですね!これからも引き続き、ごひいきによろしくお願いいたします。
4. Posted by 林もとひと   2019年06月05日 13:05
コメントありがとうございます。

そうなんですね!ブルーフラッグは私も今回の取得で初めて知ったのですが、ネームバリューのアップには追い風だと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索