2019年07月29日

日韓関係悪化の不思議

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。連日報道されているように、日韓関係は過去最悪の状況と言ってもいいでしょう。報道を見る限り、日韓双方が感情的に応酬しているように感じられます。

しかし事実は全く異なります。そもそも日本が韓国へ「輸出規制を発動した」という報道自体が間違っています。世耕大臣はじめ日本側が一貫して説明している通り、輸出を「規制」するのではなく、これまでの「優遇」をやめるというだけなのです。

その理由も「元徴用工訴訟」や「自衛隊機へのレーダー照射問題」あるいは「慰安婦問題」等への報復などではなく、あくまでも「輸出管理上必要だから」なのです。

日本はものづくり大国として非常に高い技術を持っており、世界にはその技術を利用して兵器を作りたい国はたくさんあります。そのため経産省では技術製品を輸出する際、その使われ方まで全てチェックしています。

ですから日本が貿易優遇措置を取る国(ホワイト国)は、その国の管理制度がしっかりしていて、その国から技術流出がなく、目的外に利用されることがないなどの信用できる国でなければなりません。ちなみに現在世界190カ国中わずか27カ国にしか優遇措置をとっていません。

韓国は管理体制に問題が見受けられたため話し合いを続けてきましたが、最近はその話し合いにすら応じてくれない状況だったのです。管理体制の改善が見られないため、インドやインドネシアなどと同じ一般扱いとせざるを得なかったのです。

WTO違反などと指摘したり、逆に日本をホワイト国から除外するという行動を取る前に、なぜ正面から管理体制の見直しを進めないのか。その話し合いにすら応じないのか。全く理解に苦しみます。

報道も上記の事実を明確に示すべきなのに、ただいたずらに「日本の措置に対して韓国ではデモが起こり、日韓関係はどんどん悪化している」と表面上の事象しか報じません。

そもそもこれは日韓関係が良くなるとか悪くなるといった話ではなく、首尾一貫して日本が冷静に「管理体制の見直し」を求めているのですから、韓国側も冷静に「その為にはどうすれば良いか」を議論し、改善をすべきでしょう。

なぜこの話が「日韓関係悪化」にすり替えられてしまうのか、不思議でなりません。
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い 

この記事へのコメント

1. Posted by 石田佳也   2019年08月07日 21:05
日本政府には諸外国にこの件をもっと強く発信して貰いたいですね。
話しをすり替えて事の本質を曖昧にする事で利を得る人達がいるのではないしょうか?
2. Posted by 林もとひと   2019年08月10日 23:10
コメントありがとうございます。政府としては世耕大臣が先頭に立ち、常に主張しているのですが、それをメディアが報道していないという印象をもっています。日本のマスコミが日本のためになることをしてくれないのは、今に始まったことではありませんが・・・。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ