2019年10月17日

「避難」について考える

※当ブログをご覧いただきありがとうございます。初めてご覧いただく方は、過去記事「ブログの取説」をまずお読みいただくと、スムーズに閲覧いただけます。

林もとひとです。各地に甚大な被害をもたらした台風19号によって、様々な課題が浮き彫りになりました。今回取り上げる「避難」もその一つです。

前回の15号を念頭に、更に勢力の強い19号に対しては各自治体もメディアも「最大限の警戒」を促し「命を守る行動」を呼びかけました。

その効果もあり、多くの人々が意を決して避難行動をとりましたが、各地で避難所が満員となり入れない人が続出してしまったのです。

これまでは避難勧告や避難指示がでても、実際には避難する人が少ないことが問題視されてきましたが、今回の台風では全く逆のことが起こりました。

過去記事でも紹介したように警戒レベル4で全員避難ですから、本来はその地域に住むすべての住民が避難できる避難所を準備しておくべきです。

しかし特に人口密度の高い東京都心部などでは、すべての対象者を公的施設に避難・収容することは現実的に不可能でしょう。

そこで皆さんに検討してほしいのが「広域避難」です。台風などのようにある程度事前に予測できる災害に対して、遠方に住む身内や知人宅へあらかじめ避難しておくということです。

例えば東京都の江戸川区は、荒川や江戸川など大河川の最下流に位置していて、陸の7割が満ち潮の海面よりも低い「ゼロメートル地帯」になっています。

そのため、大型の台風や大雨で河川が氾濫したり、高潮が発生するなどして排水が間に合わなくなると、区内のほとんどが水没する恐れがあるため広域避難を推奨しています。

WS0494
江戸川区の水害ハザードマップの表紙には「ここにいてはダメです」と、なんともストレートな言葉が記されていて話題になりました。

武蔵小杉の47階建てタワーマンションがライフラインを断たれ大きな話題となっていますが、基本的に自家発電設備や防水対策が施されている高層マンションなどの場合は、上層への「垂直避難」が最も確実であるケースもあります。

ご自分の住環境と安全対策、そして様々な災害を考慮し、総合的に判断できるよう日頃から意識を高めておきましょう。

皆さんもお住まいの自治体HPから、ハザードマップを確認してみてください。成田市内にお住まいの方はコチラから「成田市防災マップ」をご覧いただけます。
林幹人


motohito884 at 23:30│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 意見・思い | 雑学・豆知識

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ